上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シムソンズ 通常版

監督: 佐藤祐市
脚本: 大野敏哉
キャスト: 加藤ローサ 藤井美菜 高橋真唯 星井七瀬 大泉洋 田中圭
2006 日本

■Story

北海道の常呂町に住む、平凡な女子高生和子(加藤ローサ)は将来の夢もなく刺激のない毎日を過ごしていた。そんなある日、カーリングの選手で和子の憧れの人でもある真人(田中圭)の地元での凱旋試合が開かれ、競技場の外で偶然真人に出会った和子は、真人の誘いでカーリングの女子チームを作ることになるのだが…

■Review

基本的に、青春物は大好き。
『フラガール』も『ウォーターボーイズ』も、とっても面白かった。
でも、何故か?この映画には最後までノレませんでした。
世間的には、かなり評判いいみたいなんですけどね…。

スポンサーサイト

queen


監督: スティーブン・フリアーズ
脚本: ピーター・モーガン
キャスト: ヘレン・ミレン マイケル・シーン ジェイムズ・クロムウェル シルヴィア・シムズ アレックス・ジェニングス ヘレン・マックロリー ロジャー・アラム ティム・マクマラン
2006 イギリス フランス イタリア

■Story

1997年8月31日、ダイアナ元皇太子妃がパパラッチとのカーチェイスの末に、自動車事故で急逝した。民間人となったダイアナに対して、王室はあくまで私人として扱う姿勢だったが、国民に絶大的な人気を誇ったダイアナの死を無視する事は、国民を無視することにつながってしまう。次第に王室に対する国民の不満が高まっていき…

■Review

初日に観にいったところ、かなりの盛況でした。
何気にご年配の方が多かったような。

ダイアナ妃が亡くなった事故当時の王室関係者の様子を、おそらくはいくらかの事実とかなりの推測を交えながら、エリザベス女王の視点を中心に描かれた作品です。まだエリザベス女王やブレア首相が現役でいる時代にこんな映画が作られるなんて、それだけですごい。


映画感想 Index を作りました。
気長に更新していきます。


パニック・フライト スペシャル・エディション

監督: ウェス・クレイヴン
脚本: カール・エルスワース
キャスト: レイチェル・マクアダムス、キリアン・マーフィ、ブライアン・コックス
2005 アメリカ

■Story

一流ホテルのマネージャーとして働くリサ(レイチェル・マクアダムス)は、勤務地のマイアミに戻るためのフライトを待つ間、一人の青年(キリアン・マーフィ)と知り合う。が、気のいい青年だと思っていた彼は、実は国家要人暗殺を狙う、テロリストだった。彼はリサに、言うとおりにしないと父親を殺すと脅迫する…

■Review

何気なくTVを付けたら、最近お気に入りのキリアン・マーフィの顔が見えて、そのままなんとな~く最後まで見入ってしまいました。

タイトルから「ハイジャックものか、墜落パニックもの?」と想像したんですが、違いました。キリアン・マーフィ扮するテロリストと、ヒロインとのかけひきがメインなんですね。でも、前半は飛行機内での攻防で確かにスリルがあるけれど、後半はほとんど強引なアクションものなんだもの~(苦笑)。なので、飛行機を降りた辺りから、正直ちょっとテンション下がりました…。


イン・ハー・シューズ

監督: カーティス・ハンソン
脚本: スザンナ・グラント
キャスト:キャメロン・ディアス トニ・コレット シャーリー・マクレーン マーク・フォイアスタイン
2005 アメリカ

■Story

30歳を目前にしたマギー(キャメロン・ディアス)はゴージャスなルックスが売り物だけれど、仕事は何をやっても長続きせず、自分の居場所が見つけられないでいる。一番の親友である姉のローズ(トニ・コレット)とも、ある出来事をきっかけに対立するハメになってしまう。行き場所を失ったマギーは、まだ会ったことのない祖母を訪ねてフロリダに向かうのだが…

■Review

なかなか評判のよかった作品なので、楽しみにしていました。
設定自体は割とありがちなのかもしれないし、ちょっとばかりご都合主義?と思う部分もあるけれど、目線が暖かくていいですね。

キャメロン・ディアスって、やっぱりかわいい!
作品中ではトニ・コレットとは年の離れた姉妹という設定だけれど、実は同い年の二人…。
アップになると「キャメロンも年とったなぁ」と思うけれど、笑った時の表情なんてもう、抜群に魅力的。


ミリオンズ スペシャル・エディション

監督:ダニー・ボイル
脚本: フランク・コットレル・ボイス
キャスト:アレックス・エテル ルイス・マクギボン ジェームズ・ネスビット デイジー・ドノヴァン クリストファー・フルフォード
2006 イギリス

■Story

母親を亡くし、父や兄と一緒に新しい町に引っ越してきたダミアン(アレックス・エテル)。ある日、家の近所のダンボールの秘密基地でダミアンが遊んでいると、空から突然お金が降ってきた!兄のアンソニー(ルイス・マクギボン)は大人に話してはダメだと言い、欲しいものを買いまくるが、弟のダミアンは神様からの贈り物だといい、貧しい人にあげたいと願う。

■Review

あぁ~、もう4月ですね。
仕事が忙しかったり、来客が続いたりで、なかなか更新できず…。
すっきりとしない気候のせいで、イマイチ気分も浮上しなかったのですが、ようやく本格的に春らしくなってきたことだし、スッキリ気分を入れ替えたいところです。

『トレイン・スポッティング』『普通じゃない』に続き、ダニー・ボイル作品は3作目。
監督曰く「自分の子供達に堂々と見せられる作品を作りたい」…ということだったらしいのですが、だからと言って、普通のハートウォーミングなお話ではないんですよね。確かに、ドラッグもウイルスも出てこないけど、やっぱりこの監督のセンスって独特だわ。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。