上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

awayfromher

監督・脚本:サラ・ポーリー
キャスト: ジュリー・クリスティ ゴードン・ビンセント オリンピア・デュカキス クリステン・トムソン マイケル・マーフィ ウェンディ・クルーソン
2006 カナダ

■Story

結婚して44年目を迎えるグラント(ゴードン・ビンセント)とフィオーナ(ジュリー・クリスティ)の夫婦は、満ち足りた生活を送っていた。だが、ある時から妻の様子に異変が生じ始める。アルツハイマー型認知症と診断されたフィオーナは、悩んだ末に施設に入ることを決意するが…

■Review

美しいけれど、ひたすらに切ない。

若手の注目女優サラ・ポーリーの初長編監督作であり、主演のジュリー・クリスティがGG賞など各賞を受賞したことでも話題の作品。そもそも、まだ20代のサラ・ポーリーが、この難しいテーマをチョイスした事にも驚いてしまう。

スポンサーサイト

8月はいかにも夏休み向けな作品ばかりかと思ったけど、意外に気になるものが多いです。
既に夏バテ気味なので、問題はどれだけ劇場に足を運べるか、なんですが。


</a

監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子
2006 日本

■Story

普通の女子高生だった紺野真琴は、ある事故をきっかけにタイムリープの能力を得る。最初は戸惑っていた真琴も、次第にその能力の便利さに気づき、気軽に能力を使い始めていく。何もかもが上手く行っているように思えたのだが、少しずつ歯車が狂い始めて…

■Review

先日民放で放送されたのを、たまたま鑑賞しました。
評判がいいのは知っていたけれど、すごーく面白かったです。

普通の高校生のレンアイものだったら、私はこんなに興味を惹かれなかっただろうと思う。
SFでは定番ネタのタイムリープっていう設定と、主人公が女子高校生であることを活かして、一風変わった青春モノとして上手く仕上がっています。


毎年恒例の、名古屋シネフェスです。
色々と気になるものはあったんだけれど、日程の都合もあり、ショート・ショートのアカデミー・プログラムを鑑賞。今回上映されたのはアカデミー・プログラムの4本+「ストップ!温暖化部門」から2本。

☆アカデミー・プログラム

『Duke of Groove』 或るパーティの夜
『Cashback』 キャッシュバック
『Omnibus』 まちがい列車
『My Mother Dreams the Satan’s Disciples in New York』 母とサタンたちの出会い-ニューヨークで見た夢

☆ストップ!温暖化部門

『ニタンカサンソ』
『GLOBAL WARming』 雪だるま環境戦争

※気になった作品について、少しだけ感想↓


niwakara

監督:マイケル・ポーリッシュ
脚本:マーク・ポーッリッシュ マイケル・ポーリッシュ
キャスト: ビリー・ボブ・ソーントン ヴァージニア・マドセン ブルース・ダーン ティム・ブレイク・ネルソン マックス・シエリオット
2007 アメリカ

■Story

かつてはNASAで宇宙飛行士を目指していたファーマー(ビリー・ボブ・ソーントン)だが、父親の急死により、実家の農場を継ぐことに。だが彼は宇宙へ行くという夢を諦めず、農場の納屋で自作のロケットを作り、いつの日か宇宙へ行くことを夢見る。そんな彼を理解し、支える家族達。しかし、個人のロケット打ち上げは法に反している。ある日、彼のことを聞きつけたFBIがやってきて…

■Review

宇宙服を着て馬に乗っている画なんて、初めて見た!
ここだけ見るとファンタジーっぽくて、このオープニングはとても好き。

自作でロケットを作って宇宙に行くだなんて、すっごく私好みのテーマでワクワクしてたんだけど…なんだか、全体としては微妙なのでした。


 /></a></td><td valign=

監督・脚本:荻上直子
キャスト: もたいまさこ 米田良 大川翔太 村松諒 宮尾真之介 石田法嗣 岡本奈月 森下能幸 たくませいこ 三浦誠己 浅野和之 桜井センリ
2003 日本

■Story

その町の男子小学生は、皆同じ髪型をしている。吉野ガリと呼ばれるその髪型の伝統を守っているのは、町で唯一のバーバー吉野のおばちゃん(もたいまさこ)。息子である慶太(米田良)やその級友も、皆がそれを当たり前に受け止めていたが、ある日東京からやってきた転校生の存在によって、平和だった町に異変がおき始める…

■Review

珍しくDVDにて鑑賞。
というか、ユーロ2008とバーゲンと体調不良でしばらく劇場に足を運べてません。うおぉ。

「かもめ食堂」の荻上直子監督の長編・劇場デビュー作です。
どこか懐かしい男子の世界にワクワク。


indiana4

監督:スティーヴン・スピルバーグ
制作:ジョージ・ルーカス
キャスト: ハリソン・フォード シャイア・ラブーフ ケイト・ブランシェット カレン・アレン
2008 アメリカ

■Story

考古学者でありながら、世界各地で冒険を繰り広げてきたインディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)。アマゾンの伝説の都市から盗まれたというクリスタル・スカルを、元の場所に戻した者は神秘のパワーを得ることができるという。その伝説を信じるソ連のスパルコ大佐(ケイト・ブランシェット)は、インディにスカルの捜索を要求する。

■Review

昔大好きだった、このシリーズ。
劇場で、字幕版で見るのは初めてです。

以前の話や設定はほとんどキレイサッパリ忘れていたのだけれど、耳慣れた音楽に乗ってハリソン・フォードが例の格好で登場した途端、違和感はすっかりなくなってしまいます。年をとっても、インディはカッコイイ。



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。