上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ターミナル DTSスペシャル・エディション<2枚組>

監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:サーシャ・ガバジ ジェフ・ナサンソン
キャスト:トム・ハンクス キャサリン・ゼタ・ジョーンズ スタンリー・トゥッチ チー・マクブライド ディエゴ・ルナ バリー・シャバカ・ヘンリー クマール・バラーナ ゾーイ・サルダナ
2004 アメリカ

■Story

アメリカへ入国する寸前に、祖国でクーデターが起こり国が消滅。そのために、アメリカへ入国することもできず、祖国へ引き返すこともできなくなったビクター・ナボルスキー(トム・ハンクス)は、仕方なく空港の中で生活し始めることになる。そこで、ビクターは空港内でお金を稼ぐ方法を覚え、様々な人たちと知りあっていく・・・

■Review

WOWOWにて鑑賞。トリビアのネタを見たいがために…!
でも、肝心の場面は気づかずにスルーしてしまいました。かなり序盤の方ですよね?そりゃ納得いかんのぅ…。

あまり期待はしておらず気楽に見たので、思ってたよりは面白かったのですが、正直それ以上の面白さはなくて、そこそこでした。

トム・ハンクスは確かに上手いんですが、この役にはあんまりハマってないなぁと感じました。「あぁ、英語を話せない人を上手く演じてるな」という風に思ってしまって、そう思ってる時点でどうも設定自体が嘘くさく感じられちゃうんですよね。いっそのこと、もっとファンタジーっぽくしてしまうか、無名のノンネイティブの役者さんだったらよかったかも、と思うのですが。

ディエゴ・ルナ演じるエンリケ(ヒゲが似合わない~!)と、入国審査官の女性とのエピソードも、最後はとって付けたような印象。この映画、元々のアイデアは実話をベースにしているらしんですが、どこまでが実話なんだろう?

一番びっくりしたのは、あの空港が全てセットだということ!てっきり本物の空港で撮影したんだと思ってました・・・。空港内の店舗は実際のショップがかなり協力してくれて、本物の従業員が出演している所もあるそうです。こういう事を平然とやってのけちゃうのは、ハリウッドのすごいところですね。

キャサリン・ゼタ・ジョーンズが超キュートです!!

☆公式サイトはコチラ

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。