上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

</td><td valign=


監督・振り付け・製作総指揮:アダム・シャンクマン
脚本:レスリー・ディクソン
キャスト:ニッキー・ブロンスキー ジョン・トラヴォルタ ミシェル・ファイファー クリストファー・ウォーケン アマンダ・バインズ ジェームズ・マースデン ブリタニー・スノウ ザック・エフロン 
2007 アメリカ

■Story

トレーシー(ニッキー・ブロンスキー)は、歌とダンスが大好きな高校生。大人気のTV番組「コニー・コリンズ・ショー」に出て、憧れのリンク(ザック・エフロン)と一緒に踊るのが夢だが、問題がは彼女がビッグサイズだということ。そんなある日、番組の新レギュラーを決めるためのオーディションが開催されることになり、母親(ジョン・トラヴォルタ)が止めるのもふりきって、はりきって出かけていったトレーシーだが…

■Review

そろそろ上映が終わってしまいそうなので、駆け込みで観て参りましたっ。
ちょっと前にも劇場まで出かけたものの「最前列しかありません」と言われて諦めたんですが…今思えば、がんばって見ても良かったかも。この映画なら首が痛いのも忘れて、きっと最後まで楽しめたに違いないわ~。

オープニングの曲とニッキー・ブロンスキーの最高にキュートな笑顔で、ハートをわしずかみ!そこからエンディングまでずっと、テンポ良くグイグイひっぱってくれます。難しい理屈は抜きにしてハイになれる、超前向きなエンターテイメント。

人種差別問題を題材にしてお話が進むけれど、それほど掘り下げた感じでなく、金髪白人の意地悪親子とトレーシー&黒人友達らの2極対決といった感じ。でも、皆さんおっしゃられてますが、こういう設定にしたことで、ミシェル・ファイファーの悪女キャラっぷりが光ってます。憎らしいというよりは、むしろチャーミングに感じてしまうけれど。

トラヴォルタの扮装を最初に見たときはかなりビックリしたものですが…動いている姿は、意外と違和感なかったですね。うんうん、ちゃんとニッキーと親子に見えるなぁ。こんな可愛いトラヴォルタは『パルプ・フィクション』以来かも?ビッグサイズでも、心はしっかり乙女なんだもの。ニッキーに連れられてビッグサイズ・ショップへ出かけるシーンがかわいかった~。

個人的に一番ツボだったのは、クリストファー・ウォーケン。
ヤバイくらいにカッコいい!何なんでしょう~、あの色気は。主にお笑い担当という感じのおちゃめなキャラだったけれど、それでもホレボレしちゃう。トラヴォルタとのダンスなんて、最高に贅沢なシーンですよね。

クイーン・ラティファの存在感は言うまでもありませんが、娘役のテイラー・パークスは出番はそれほど多くないものの、その個性的なルックスで初登場時から目が釘付け。ミス・ヘアスプレー賞、私も俄然彼女に投票しちゃいます!

この作品、小さな脇役にいたるまでちゃんとキャラが立ってるところがすごいです。
トレーシーの親友・ペニー役のアマンダ・バインズも超キュートだし、ビッグサイズ・ショップのオーナーだっていい味出してる。

数々の魅力的なキャラと楽曲、そして丁寧に作りこまれた60年代のアメリカの雰囲気で、存分に楽しませてくれる作品。きっと何回見ても楽しめちゃいます。

☆公式サイトはコチラ



Nyaggyさん、こんばんは。
駆け込み観賞ですね~ギリギリですね~(笑)

でも、すごくHappyな作品だったでしょ??
オープニングの曲(「グッド・モーニング・ボルチモア」)はスワロも大好きです。
のっけからすごくテンションあがりますよね。
映画の作風を表す一曲だと思いますし。

あとはトレーシーがリンクを思い浮かべながら歌う
「アイ・キャン・ヒア・ザ・ベル」もコミカルで好きかな。
【2007/12/16 00:32】 URL | swallow tail #-[ 編集]
スワロさん、こんにちはっ♪
そうなんです~、ほんっっとギリギリ。
でも、間に合ってよかった!
観なかったら、激しく後悔していたに違いないですよ。
最高に楽しくてハイになれる映画ですよね~。

おお!私もオープニングの曲が一番好きです。
「アイ・キャン・ヒア・ザ・ベル」も好き。
トレーシーの陶酔っぷりと、横で見てるペニーがかわいかった!
まぁ、結局どの曲も全部よかったんですけどね~。
できれば、もう一度劇場で見たい心境です。
【2007/12/17 13:17】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggyさん、こんばんは~っ♪ わぁ~間に合ってよかったですね!
そうそう、脇役にいたるまでちゃんとキャラが立っていて、
それそれにちゃんとドラマがあるんですよね~。

トラヴォルタ、わたし、はじめてポスター見た時には、
どの人だか分からなかったんですよ(笑)
あんなに体に巻いてるのに、あのキレのある腰はなんなんだっ!!
さすがです。。。

ハリウッド映画って、昔はこんな風に理屈抜きで楽しめる作品が
多かった気がします。21世紀は、世界的に暗いニュースが多いですものね・・・。この“明るさ”は、本当に貴重だと思います。

【2007/12/17 23:00】 URL | Carolita #-[ 編集]
Caroli-taさん、こんにちは。
ようやくですよ~。
でも、もっと前に観ておけば、もう一回観る余裕があったかも?

トラヴォルタのあのメイク、すごいですよね。
何キロぐらいあるんだろ~。
それとやっぱり、Caroさんオススメ『グリース』が観たいです!

Caroさんがおっしゃられるように、最近はこの手の良い意味での
ハリウッドらしい映画が少なくなってるような気がしますね。
こんな楽しい気分にさせてくれる作品に出会えて、良かったです。
【2007/12/18 13:03】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


原題:HAIRSPRAY 製作年度:2007年 製作国:アメリカ 上映時間:116分 監督:アダム・シャンクマン 製作指揮:アダム・シャンクマン/マーク・ジェイマン/スコット・ウィットマン 原... スワロが映画を見た【2007/12/16 00:24】
いやぁ~、映画館の暗闇で、ハマって、ハジケて、ハチキレて きました!! そんなわたしは、かなーり怪しいひとだったはず(汗) オールディーズ の洪水が、怒涛のように押し寄せて... Caroli-ta Cafe【2007/12/17 23:03】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。