上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4pianist

監督・脚本:クリス・クラウス
キャスト: ハンナー・ヘルツシュブルング モニカ・ブライブトロイ スヴェン・ピッピッヒ
2006 ドイツ 

■Story

ピアノ教師として刑務所を訪れたクリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は、類稀なピアノの才能をもったジェニー(ハンナー・ヘルツシュブルング)と出会う。過去の辛いできごとから最初は心を閉ざしていたジェニーも、次第にクリューガーに信頼を寄せるようになっていく。だが、ある事件がきっかけで、ジェニーはピアノに触れることを禁止されてしまう。そんな中コンクールの決勝が迫ってきて…

■Review

そもそも私は、天才ピアニストというものに弱いのです。
『シャイン』、『海の上のピアニスト』、『戦場のピアニスト』…ぜんぶ好きな作品だけれど、そのどれとも違う激しさをもった作品でした。ピアノの才能に溢れ、若くて不敵なジェニーは、まるで嵐のような人。

そのジェニーに対峙する年老いたピアノ教師が、クリューガー。
鑑賞前は、クリューガーがジェニーを導いて、次第に二人が心を開いて行く話かな、なんて勝手に思っていたのですが…異なる性質を持つ二つの魂は、交わるようでなかなか交わらないのですね。

ジェニーが動なら、年老いたピアノ教師であるクリューガーは静。
礼儀を重んじ、音楽以外は興味がないとうそぶく。厳格で偏屈な彼女と、思うがままに生きているジェニーは、水と油のようなもの。ジェニーは、クリューガーに絶対的に服従することを条件に、ピアノの指導をしてもらうことになります。時には笑いあったり、お互いに少しずつ歩みよっているように見えて、なかなか分かり合うことができない。

一見厳格なピアノ教師に見えるクリューガーも、実は胸の中に誰にも言えない秘密をかかえていたのでした。憎しみの対象である養父と、クリューガーが通じているとジェニーが感づいた時、土壇場でクリューガーは自らの秘密をジェニーに差し出します。クリューガーにとっては、自分の弱みを見せることでジェニーに歩み寄ろうとしたのだろうけれど、それを鼻で笑うかのような態度をとるジェニー。彼女の奔放さや不適な態度を魅力的だと感じる一方で、過去の辛い出来事が原因で、他人と芯から交わることができなくなってしまった姿は、見ていてかなり痛々しかったです。

最後の4分間の演奏は、素晴らしかった!
結局最後まで、自分自身を貫いて演奏したジェニー。
全身を使った渾身の演奏そのものも素晴らしかったけれど、その後に彼女がとった行動に、何よりも胸を打たれました。あの一瞬、ジェニーとクリューガーの魂がようやく寄り添うことができたのかもしれない。だとしたら、それはとても素敵なことだ。

ジェニー役のハンナーも良かったけれど、クリューガーを演じたモニカ・ブライブトロイが素晴らしかったです。ひっつめ髪に眼鏡という風貌も好き。クリューガーは脆い部分も併せ持つ人間として描かれているけれど、「人間にはそれぞれなすべき使命がある」とピシャリと言い放つ姿が好きでした。

画的には、手錠のままピアノを弾くジェニーの姿が一番強烈だったかな。
刑務所のグレイ色の景色の中にポツンと置かれたグランドピアノは、とても綺麗。
異質な空間の中で寂しそうにも見えるけれど、孤高の美しさを放っている。

☆公式サイトはコチラ



お久しぶり! 私も観たよ。試写会で観ました。
私も2人は心を開いていくのかと思ってたけど、
そういう話じゃなかったね。
そして私は、ジェニーはそう簡単にピアノは弾かないのかと
思ってたんだけど、演奏を聴くだけで指が勝手に動いてて
そこが意外だった。ピアノがトラウマになって、ちょっとは
精神的に弾けなくなってるのかなと勝手に想像してた。
【2007/12/30 23:21】 URL | えりりん #-[ 編集]
えりりん、お久しぶり♪
タイトルや設定から想像するのとちょっと違った方向の話だったけれど、
ハラハラしながら見れて、かえって良かったかも。
ジェニーの心の傷は相当深いんだろうけれど、ピアノに対する
情熱は失われてないんだよね~。
コンクールには出たくない、でもピアノには触れていたい。
その描写がとても良かったな。

【2007/12/31 21:13】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggyさん、こんばんは♪
TBありがとうございました。
おお、そういえば私も天才ピアニスト物に弱いかも~。
上に挙げられている作品は全部大好きだもの。
全般的に音楽をモチーフにした映画には弱いんですけどね(笑)
ジェニーって本当に感情移入しにくいタイプなんだけど、ところどころに子供っぽい可愛いところも見られて面白いキャラでした。
ピアノへの情熱が戻って本当に良かったな~。
【2008/02/15 19:23】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんばんは。
そうですよね~。
音楽モノにはときめいてしまいますよねっ。
癇癪持ちで、表情もコロコロ変わるジェニーは、近くにいたら
付き合うのが大変そうだけれど(笑)、なんとも魅力的でした。
ピアノのへの情熱に、見ているこちら側も、心を揺さぶられて
しまいますね~。
【2008/02/18 18:45】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


映画館にて「4分間のピアニスト」 2007年ドイツアカデミー賞作品賞受賞作。 おはなし:80歳になるクリューガー(モニカ・ブライブトロイ)は60年以上女子刑務所でピアノを教えている。刑務所内でジェニー(ハンナー・ヘルツシュプルング)という逸材と出会い、彼女の才 ミチの雑記帳【2008/02/15 19:19】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。