上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lchange

監督:中田秀夫
脚本:小林弘利
キャスト: 松山ケンイチ 工藤夕貴 福田麻由子 鶴見辰吾 高島政伸 南原清隆 平泉成 福田響志 
2008 日本

■Review

うーーーーーーーーーーーーん・・・・・・・・・・・・・・。
確かに、電車やママチャリに乗っちゃうような珍しいLが見れたのは面白かったけど。

期待と不安の混じったデスノートのスピンオフ。
残念ながら、不安の方が的中でした。

事前に全く情報を入れないようにして臨んだんですが、あんまり関係なかったかも。
ウイルス兵器は予想の範囲内だったし、何しろストーリーはとても単純。

ツッコミどころはそれこそ山ほどあるんですが、Lが頭脳しか取りえがない人間みたいに描かれてるのが納得いかないですよね、やっぱり。彼は文武両道のハズなんだけれど。
かといって、大した頭脳戦が描かれているという訳でもなく…。仮にも世界一の名探偵という設定のLに張り合えるくらいの魅力が敵になかった点が、一番の敗因のように思います。これがデスノートの世界とは全く別物だと捉えても、一つの作品として魅力を感じられなかったんですよね。

全体的にこの作品でのLの描かれ方はあまり好きじゃないんですが、相変わらずスイーツばっかり食べてるところも、原作では絶対にあり得ない、子守をしたり、電車に乗ったり~…っていうLはかわいくて面白かった(笑)ので、その辺りは画的に楽しめました~。

でも、普通に面白かった、という声も見かけるので、単に好みの問題かもしれません。
もし松山ケンイチ目当てなら、個人的には『人のセックスを笑うな』の方を断然オススメしますが。



>3/25にコメントくださった方
はじめまして~。コメントありがとうございます♪
自転車に乗るL…原作からは絶対に想像できなくて
笑えましたよねっ。
原作と映画は別物と思って居はいるものの、どうしても
描かれ方に不満な部分も出てしまうので…。
でも、こいうお茶目な部分は、素直に楽しめました~。
【2008/03/26 12:51】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。