上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション

監督:ロン・ハワード
キャスト:トム・ハンクス オドレイ・トトゥ イアン・マッケラン ジャン・レノ アルフレッド・モリーナ ポール・ベタニー
2006 アメリカ

■Story

閉館後のルーブル美術館で、館長のソニエールが死体で発見される。死体はダ・ヴィンチの有名なウィトルウィス的人体図の格好を模した形で横たわっており、その近くには暗号が残されていた。講演のためにパリを訪れていたロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、司法警察のファーシュ(ジャン・レノ)に呼び出され、暗号解読の協力を依頼されながらも、実は彼自身が容疑者として疑いをかけられいた。そこへ、暗号解読官のソフィー・ヌブー(オドレィ・トトゥ)がやってきてラングドンを助けてくれるが、次第に大きな謎と事件に巻き込まれていく・・・

■Review

公開日の20日にシネコンのレイトショーで鑑賞。
この手の話題作は、勢いに乗って観に行かないとずるずる引き延ばしちゃいそうなので、はりきって初日に行ってきました~!

私は原作を読んだことがあるので、その前提での感想になりますが、結構楽しめました。話の流れやオチは分かっているので、映像と音楽でどう魅せてくれるかがポイントだったのですが、なかなか良かったんじゃないかと思います。

予想できたことですが、特に序盤の謎解きの部分が流れ作業的な感じだったのがちょっと残念。でも、元々かなりの量がある原作を2時間半にまとめているので、その辺は仕方ないのかな、と思いますが。原作を読んでいない人にとっては、やはり分かりづらいかもしれません。
後半部分は比較的じっくりと描かれていて、映像と音楽を上手く使って盛り上げていたんじゃないかと思います。ラストもいい感じです。

キャスティングでちょっと心配だったオドレィ・トトゥですが、意外に(?)良かったです。年齢的にはちょっと若いような気もするけど、別に違和感はなかったですね。『アメリ』の時とは全く違う、しっとりとした大人の女性を演じていて、チャーミングですよ。

トム・ハンクス、ジャン・レノは無難に上手く、イアン・マッケランは、相変わらずカッコいいです。なんたって、本物の Sir だし。

アルフレッド・モリーナは個人的に好きな俳優さんなんですが、映画の中では彼の演じるアリンガローサ司教は、どうもキャラが薄い感じでした。ポール・ベタニー演じるシラスが存在感抜群なので、そのせいもあるかもしれませんが。

全体的にキャラが描ききれていない感じはやっぱりぬぐえないですね…。本来ならソフィーももっと謎解きで活躍してたはずなのに。でも、唯一シラスに関しては切なさが出ていて良かったと思います。ポール・ベタニーは熱演ですねぇ。

原作・映画とも何かと批判や議論の的になっていますが、あくまでフィクションと捉えれば、エンターテイメント作品としてははなかなか楽しめると思います。

☆公式サイトはコチラ



原作読んでも美術館のイメージ湧かないしな~
と思っていたんで、原作、映画、
両方見てみようと思ってます!
【2006/05/25 21:41】 URL | KING MONKEY #-[ 編集]
色んなレビューを見てると、映画は賛否両論みたいですね~(否の方が多いか??)。とにかく話題作には間違いないですが。
映画のキャストが分かってる状態で小説を読むと、そのイメージで読めそうですね。
【2006/05/25 22:24】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggyさん、初おじゃましますっ♪
なるほど~っ、ロン・ハワード監督らしく手堅く仕上げたという印象だったのでしょうか?
あれだけの情報量を2時間半にまとめるのは、ホントに至難の業だったのでしょうね~。
音楽やテンポの良い映像で見せてくれるだけでも、
本とは違った臨場感が味わえそうですねっ。
Nyaggyさんのレビューを読んで、映画は映画で楽しめそうだと、安心しましたっ♪
行列キライだから、熱が冷めた頃コッソリ行ってきますねっ。
あっ、スキン素敵です。モノクロのフィルムみたい!
これからも楽しい記事、期待していますっ♪
【2006/05/26 20:57】 URL | Carolita #-[ 編集]
追伸  書き忘れちゃいましたが、こちらこそさっそくリンク貼らせて頂いちゃいました!これからもヨロシクお願いします。 
【2006/05/26 20:59】 URL | Carolita #-[ 編集]
Carolitaさん、こんばんは!
コメント&リンク、とっても嬉しいです♪
なんか自分で見返しても甘め?にレビューしてるかな~という気はするんですが、この作品に関しては単独の映画としてではなくて、『ダ・ヴィンチ・コード』という一連のイベントだと思って見ているので、こんな感じになりました。騒ぎが収まった頃を見計らって、ぜひ観にいってくださいね。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
【2006/05/26 22:22】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggyさんこんばんは。
私の方にもコメントいただきましてどうもありがとうございました。
ダ・ヴィンチ・コードは原作読まれて行ったんですね!
私も4~5月にかけて読んでいたのでキャストも知っていて
本の中の登場人物も全部それぞれの俳優が浮かんでいました。
だから映画を観ていても違和感なくすんなり入れましたよ。
とにかく暗号の謎解き部分が少なくてそこだけは残念だったんですけど
よこあそこまでまとめて2時間半で仕上げたなぁと感心している部分が多いです。
【2006/05/26 23:26】 URL | ジュン #6ZS2/17k[ 編集]
ジュンさん、こんばんは!
私は小説を読んだのがかな~り前なので、映画のキャストが発表された時はトム・ハンクス?オドレイ・トトゥ?…なんか微妙~…と思いましたが、実際に観たら結構ハマってました。シラスは、小説読んでた時の想像よりも、かなり美しかったです!
【2006/05/27 02:33】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。