上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mrlonley

監督・脚本:ハーモニー・コリン
キャスト: ディエゴ・ルナ サマンサ・モートン ドニ・ラヴァン
2007 イギリス フランス

■Story

パリの路上でマイケル・ジャクソンのパフォーマンスをして生活する青年(ディエゴ・ルナ)は、ある日マリリン・モンロー(サマンサ・モートン)に出会う。マリリンは、スコットランドの古城に一緒に行こうとマイケルを誘う。そこは世界中の有名人達が集う夢の場所だった…

■Review

「マイケル・ジャクソンとして生きる僕が、マリリン・モンローとして生きる君に恋をした」
もうね、このキャッチコピーだけで心躍っちゃう。

ラブリーなんだけどすごく切ない、奇妙な味わいのある作品。
ディエゴがとにかくかわいくって、セクシーなのですよ。

オープニングでミニバイクにまたがったマイケルと、そのバックに流れる往年の名曲「ミスター・ロンリー」がすご~く良い。久しぶりに聞いたけれど、こんなにいい曲だったとは。

パリの街角でマリリンに出会ったマイケルは、彼女に誘われてスコットランドにある古城に向かう。そこは、マリリン曰く、有名人達が集まる「夢の場所」。チャップリンにシャーリー・テンプル、ジェームス・ディーン、リンカーン、ヨハネ・パウロ2世…果ては赤ずきんちゃんまで。

彼らはただのモノマ芸人ではなくて、常日頃からその人物になりきっているのです。農作業をするときも、食事をするときも、それこそずーっと。そして、お互いに本名ではなく、扮している人物の名前で呼び合う。それは、どこか現実離れした夢のような風景に思えるけれど、そこには嫉妬や怯え、孤独、そして死というものが確実に存在しているんだよね。

時折挿入される、パナマのシスター達の話がまた面白い!
最初のシスターのダイビングはどこかとぼけた感じだったのに、ラストには思わずハッとさせられます。ひどく寓話的なエピソードで、こういうのは好きだな~。シスター達が手に手を取り合ったダイビングシーンだけでも、一見の価値ありです。

シャイで、ひたすらに優しくて不器用なマイケルを演じたディエゴ・ルナが良いです。
実はビジュアル的にはディエゴはあまり好みではないんだけど、今回のナイーヴなマイケル役がことのほか似合ってて、しかもすっごくセクシー!マリリンと寝室で語らう場面が、いいんだよね。「この世界のスピードは僕には速すぎる。忘れてしまわないように、その日あった事を(レコーダーに)吹き込むんだ」と語る彼が、愛しくて仕方がなくなってしまう。無邪気で優しいマリリンを演じた、サマンサ・モートンもすごく似合ってました。

最後に、マイケルであることをやめて一人の青年に戻ったディエゴ。
パリの群集の中で孤独を抱えながら彷徨うディエゴが愛しくて、ちょっと哀しかったな。
一人になってしまったけれど、でもちゃんとどこかで誰かと繋がっているんだと感じていて欲しい。後になって思い出すほど、じわじわと愛しさが沸いてくるお話です。

☆公式サイトはコチラ



こんばんは☆
まだ観ていないのですが、記事を読んでいるだけでも映画にときめいてしまいました。
DVDが出たら絶対観ます!!
今この文章を打っている後ろで、TVでマイケル・ジャクソンのことを特集しています(笑)
サマンサ・モートン、つい先日『ギター弾きの恋』を観ました。
昔(サイレント映画)の頃の女優さんのような可愛らしさがすごく良かったです。
そんな彼女がマリリンなんですね。ますます観るのが楽しみです!!
【2008/04/12 23:13】 URL | じんの 紗々 #4TUF.cSM[ 編集]
じんの紗々さん、こんばんは。
なんだかお恥ずかしい限りですっ。。。
一風変わった作品なので、好き嫌いがあるかな~とは思いますが、
個人的には無性に愛しくて仕方ないです。

サマンサ・モートン、いいですよね。
今回のマリリン役は、純真な少女みたいで愛らしかったですよ。
ぜひぜひご覧になってみてくださいね♪


【2008/04/13 19:29】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggy さん、こんばんは。
これはもうお気に入りの一作です。
ディエゴったら、寂しげで可愛かったですよねー。
名曲「ミスター・ロンリー」の歌詞をちゃんと読んだのは初めてでしたが、こんなに悲しい歌だったとはー。
もうもうこの歌で序盤から心はつかまれましたよねー。
モートンはやっぱりこういう普通じゃない役の方がハマるし。
そして、シスターDIVEはわたし的映画史上に残る名場面って感じです♪
【2008/04/18 01:37】 URL | かえる #-[ 編集]
かえるさん、こんにちは♪
ディエゴもサマンサ・モートンも良かったですよね。
日焼けのくだりとか、かわいそうなのにすごくキュートでした。

あのオープンニング大好きです!
私も歌詞をちゃんと認識したのは初めてですが、青い空の下、おさるを
連れてバイクにのるマイケルの画と不思議にハマってました~。

>シスターDIVEはわたし的映画史上に残る名場面って感じです♪
おぉっ。そうなんですね~。
確かにあまり他で見ないシーン…ですよね。
こういう所に見えるハーモニー・コリンの感性が好きです。
【2008/04/18 13:09】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


へんてこラブリー。 マイケル・ジャクソンになりきって生きるインパーソネーターのマイケルが、マリリン・モンローに出会う。ハーモニー・コリンって、ずいぶん可愛いっぽい名前なのに、彼のこれまでの作品は、その名とは裏腹に、観る者の心に不協和音を響かせるような... かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2008/04/18 01:17】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。