上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rafumaninof

監督:パーベル・ルンギン
脚本:ミハエル・ドゥナエフ ルシンダ・コクソン ハーベル・フィン
キャスト: エブゲニー・ツィガノフ ビクトリア・トルストガノバ ビクトリヤ・イサコバ ミリアム・セホン アレクセイ・コルトネフ アレクセイ・ペトレンコ イーゴリ・チェルニェビチ
2007 ロシア

■Story

1920年代のニューヨーク、カーネギー・ホール。その夜、ロシアから亡命したラフマニノフ(エブゲニー・ツィガノフ)のNY初のコンサートが開かれていた。そこで大成功を収めた彼は、全米中を巡るコンサートツアーに乗り出す。だが、長いツアーの中で故郷ロシアへの望郷の念と、新しい曲が作れないことへの焦りが彼を苦しめていく…

■Review

ラフマニノフの音楽をちゃんとそれと認識して聴いたのは、『シャイン』が初めてだったと思う。
私は普段からクラシックをきちんと聴く習慣は持ち合わせてないし、詳しい知識もないけれど、それ以来ラフマニノフという名前はちょっと特別な存在だった。

全編ロシア語なんですが、トーンが耳に心地良くって好き。
妻がセルゲイ、と呼びかけるときの声とかね。

肝心のお話の方は、結局のところよく分からないまま終わってしまった感があります。
あまり多くの説明はなく画面から想像するような作りで、しかも時代が交錯しながら進むので、少々混乱してしまった。ラフマニノフの生涯について知っている人から見たら、そうでもないのかもしれないけれど…。そんな中で最後に、(まんま伝記ものとして見る気は無かったとは言え…)「史実とは一部異なる映画的演出があります」~みたいなテロップがわざわざ出たので思わず、んん??となってしまったよ。「不滅の名曲の誕生秘話が、今明かされる」っていうキャッチコピーは、イマイチずれてるような気がするけどなぁ。

部分的に好きな場面もあるけれど、全体としてはやや消化不良な感じ。
亡命した後でも、彼の音楽のルーツは故郷ロシアの大地にあったというのはすごく伝わってきたんだけれどね。冒頭のカーネギーホールでのエピソードもとても素敵なんだけど、あれは史実なのかな?

そうは言っても、作品を彩る音楽は、やはり美しい~。
主演のエブゲニー・ツィガノフをはじめ、キャスト陣も良かったです。
後から調べたんだけれど、ラフマニノフ本人にどことなく面影が似てますね。

『シャイン』のサントラは死ぬほど聴いたけど、ちゃんとしたラフマニノフのCDが欲しくなりました。たくさんありすぎてよく分からないので、どれがいいのか目下検討中。

☆公式サイトはコチラ



こんにちは♪
ラフマニノフの曲って良いですよね~
って、見に行ったんだけど、内容としてはイマイチでした・・・
ちょっと勿体ない気がしたなぁ。
でも、主演の人は、ラフマニノフ本人に似てたし演技も良かったですね(^^)
【2008/05/14 14:29】 URL | non #FXbBe/Mw[ 編集]
nonさん、こんにちは。
内容的には微妙…でしたよね。
せっかくのいいテーマなのに、もったいないですよね~。
もうちょっとこう、盛り上げてくれれば…。

主演のエブゲニー・ツィガノフも、周りの女優陣も良かったと思います。
妻役が一番地味だったけれど、それがハマってたし。
革命軍の女闘士マリアンヌ役の人も、カッコよかったです。
【2008/05/15 13:00】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggyさん、こんにちはー。

スワロもラフマニノフが大好きなんですけど・・・
これは正直いただけませんでした(苦笑)
Nyaggyさん同様、消化不良です!!

カーネギーホールのエピソードはどうなんでしょうね。
スワロも事実かどうかが気になっていろいろ調べているのですが
それが史実なのかどうかはいまだわかりません。
冒頭の大事なシーンなのであれが創作だったらちょっとショックです。
【2008/05/15 17:52】 URL | swallow tail #-[ 編集]
スワロさん、こんにちはっ。
「のだめ」効果でラフマニノフ自体が注目を浴びているので、
それで観にいったという人も多いでしょうね~。
でも、世間的にもあまり評価がよろしくなく…。

カーネギーホールのエピソード、スワロさんも調べられたんですね。
私もちょっと調べてみたのですが、やっぱり分かりませんでした。
あそこはラフマニノフの人となりを上手く表しているシーンなので、
もし創作だったら…私もショックです~。

【2008/05/16 13:02】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


監督:パーヴェル・ルンギン  CAST:エヴゲニー・ツィガノフ、ヴィクトリア・トルストガノヴァ  他 1920年代、アメリカ。ロシア... Sweet*Days**【2008/05/14 14:29】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。