上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fast Food Nation

監督:リチャード・リンクレイター
脚本:リチャード・リンクレイター エリック・シュローサー
キャスト: グレッグ・キニア イーサン・ホーク パトリシア・アークエッド カタリーナ・サンディ・モレノ アヴリル・ラヴィーン クリス・クリストファーソン ポール・ダノ アシュレイ・ジョンソン ウィルマー・ヴァルデラマ
2006 アメリカ

■Story

ハンバーガーチェーン・ミッキーズのマーケティング部長ドン(グレッグ・キニア)は、自社の牛肉パテから糞便性大腸菌が検出された問題で、コロラド州の精肉工場へ視察へ向かう。案内された工場は最新の設備を備え、一見何の問題もないように見えるが…。一方、メキシコから密入国したシルビア(カタリーナ・サンディ・モレノ)の夫ラウル(ウィルマー・ヴァルデラマ)はミッキーズと契約する精肉工場で働き始める。

■Review

予想に反して、かなりシビアな作品でした。
もうちょっと軽いタッチかと思っていたのだけど…。でも、とても面白かった。

ドキュメンタリーではないんですが、描写がリアルなんですよね。
アメリカ社会の一面を、ファーストフード産業に関わる色んな人の視点から描いていて、色んなことをあれこれと考えながら見ていました。

メキシコ人の不法入国の場面なんて、私は実際の話は聞いたことがないけれど、本当にあんな感じなんじゃないかな、と思える。バンの後ろにスシ詰め状態で運ばれる人たち。人間を乗せているというより、荷物のデリバリーみたい。そして行き着く先は、劣悪な労働環境の精肉工場。利益優先の経営者にとっては使い捨てのような扱いであっても、そこで手にするお金で家族を養ったり、少しでも楽な暮らしをすることができるのだから、彼らにとっては切実だ。

気軽に口にするファーストフードが必ずしも安全ではないということも、メキシコ人ら外国人労働者達を酷使することで安価な商品が提供されていることも、頭では分かっているつもりだった。でも、そういう社会の仕組みをこうやって改めて映像で見せられると、やっぱりこたえてしまう。そして、それが当たり前になっていることが恐い。

終盤の屠殺の映像が、かなり強烈です…。
肉を食べている以上、どこかでその作業をしているのは分かってはいるんだけどね。
もっと多くの映画館で上映して、たくさんの人に見て欲しいな、と思える作品。

一方、なかなかの豪華キャストなので、それだけでも楽しめるかもです。
世界一タフなあの男の出演には、ビックリ。

パトリシア・アークエッドは、年は取ったけどやっぱり魅力的だわ~。
その娘役のアシュレイ・ジョンソンは初見なんだけど、めちゃくちゃ可愛いくって好みだし、『アマロ神父の罪』や『カクタス・ジャック』の、アナ・クラウディア・タランコンの出演も嬉しい。

ポール・ダノは予想通り、かなりのチョイ役でした(笑)
やる気のないバーガー店の店員役が、似合ってるな~。あのボサボサ頭も。
私は彼が何しててもかわいくって仕方ないんだけど、次回作がロマコメ(しかも主演)で大丈夫なんだろうか…ということに一抹の不安が。だってどう考えても、ビジュアル的には客を呼べなさそうだよー。ちゃんと日本でも公開してくれることを祈るばかり。

☆公式サイトはコチラ



Nyaggyさん、こんにちは。

スワロ、この作品見たさに渋谷まで遠征しました~。
結構な混雑でしたよ。
でも、『いのちの食べ方』がいまだロングランしている割に
本作は今ひとつヒットしませんでしたね。

アメリカって「自由の国」といわれる割には
内側は本当に混沌としていますよね。
民族問題は本当、シビアです。
今、こうやっているうちにもメキシコを脱出しようとしている人がいるのですよね・・・
彼らにとっての自由や憧れが、アメリカにとっての底辺であるということも
「自由の国」アメリカって何なんだろう・・・と考えてしまいます。

【2008/06/01 16:23】 URL | swallow tail #-[ 編集]
スワロさん、こんにちは。
随分前にご覧になってたんですね~。
名古屋では、ようやくの公開でした。

『いのちの食べ方』評判いいですね。
題材が似通ってるだけに、どちらを見るか迷ったんですが、
私の場合は、ポール・ダノが出てるという理由でこちらを(笑)

アメリカではヒスパニック系の人口がどんどん増えて、
一つの勢力になっているし、社会も変わってきているでしょうね。
アジア系も黒人も、多くの民族を抱えるアメリカという国は、
本当に複雑だと思います。この辺のことって、島国に住む日本人
には実感としては分かりづらい部分なんですが…。
【2008/06/02 13:21】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
ポール・ダノのやる気なさげなところがまたよかったですよね。
キャストも魅力的だったし、内容も手ごたえありでした。
移民たちがこんな風に使い捨てられるなんてゆるせーん。
【2008/06/13 01:49】 URL | かえる #-[ 編集]
かえるさん、こんにちは。
ややっ、コメントありがとうございます♪
ポール・ダノは、ああいう役がほんっと似合います(笑)
特にヒスパニック系の移民たちを扱った題材だと、いつも
見ていて胸が痛んでしまうんですが…。
あ~いうことが普通に起こってるんだろうな、と思える
リアルさで、なかなか面白かったです。
【2008/06/13 13:16】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。