上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

konyaressha

監督・脚本:ガイ・リッチー
キャスト: ジェイソン・ステイサム レイ・リオッタ アンドレ・ベンジャミン ヴィンセント・パストーレ マーク・ストロング
2005 イギリス フランス

■Review

か~な~り難解でした。
最後まで引っ張り続けて…結局、何がなんだか分からないまま終わってしまいました。
すっごく面白いんだけど、どうもすっきりしないなー。

※ネタバレを含みますので、未見の方はご注意ください↓

二人組みの存在は?
サム・ゴールドの存在は?
現在グリーンが本当にいる場所は?

劇中では複雑に人間関係が絡み合い、事実と思われるていたものが次々とひっくり返されていって…というのが積み重なって、次第に混乱してしまいます。ガイ・リッチー作品だし!と思って、気合を入れて見てたんだけど。言葉を拾っていけばある程度の推測はできるものの、それが的を得ているのかどうか、サッパリ分からないんですよね。

最後に全部がつながってスッキリ!…なラストを期待してたんだけど、そうはならず。
私が理解できていないだけなのかもしれないけれど、それにしても観る側に判断をゆだねている割合が、大きすぎるような。他の方のレビューも拝見してたんですが、未だにしっくりきてません~。あぁ、いっそパンフ買えばよかったかなぁ。

とはいえ、中盤までは文句無く面白いです。
カメラワークや音楽も好みだし、あの色使いは素晴らしい~。
マカの青とジョンの赤は対極ですよね。そしてグリーンは、独房の白。

一番の見せ所と思われる、13階で止まったエレベーターの中の出来事と、その後のマカとグリーンの対決の流れなんてすっごく面白くって、鳥肌がたちそうでした。"Fear Me"っていうマカの台詞が印象的!ちょっと風変わりな殺し屋ソーターや、時々とぼけた所がある二人組みのキャラも良かったのに。うーん、惜しい。

☆公式サイトはコチラ



Nyaggyさん、こんばんは。

Nyaggyさんも見てしまったのですね・・・
フライヤーを見る限りでは結構期待しちゃいますよね。
ガイ・リッチーだし。

でも、難解すぎましたよね。
公式サイトを見るといろいろなものから着想を得ていたことがわかります。
たとえばジェイクとアヴィとザックは聖書か神話か何かそういうものがベースにあると監督は言っていました。
後はラストのほうでジェイクの乗ったエレベーターが止まるのが13階だったりと。

思うに、そういう示唆的なものを詰め込みすぎたのじゃないかしら?
とにかく、難しすぎです(苦笑)
【2008/06/13 20:10】 URL | swallow tail #BkkPsjC.[ 編集]
スワロさん、こんばんは~。
見てしまった…という言い方に集約されてますね(笑)
フライヤーを見る限り、いかにも面白そう!って期待しちゃいますよね。
単純につまらない、というのでもないんですけどねぇ…。

そうか、聖書的な要素があるんですね。
エレベーターが13階なのは何か意味があるんだろうな、とは
思ったんですけど。でも、日本人だからその辺りが分からない、
っていうだけじゃないですよね。
監督のやりたいことを詰め込みすぎ~、って感じでした。
【2008/06/16 21:02】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。