上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

juno


監督:ジェイソン・ライトマン
脚本:ディアブロ・コディ
キャスト: エレン・ペイジ マイケル・セラ ジェニダー・ガーナー ジェイソン・ベイトマン アリソン・ジャネイ J.K.シモンズ オリヴィア・サルビー
2007 アメリカ

■Story

ジュノ(エレン・ペイジ)は高校に通う16才の少女だが、同級生のポーリー(マイケル・セラ)との間に子供ができてしまう。最初は中絶するつもりだったのに、中絶クリニックの居心地の悪さと、中絶反対の同級生の言葉に、子供を産んで養子に出すという決心をする。早速街のフリーペパーで、親友のリア(オリヴィア・サルビー)と一緒に里親探しをするが…

■Review

テーマ的には重いはずなのに、キュートで爽やかな作品。
エレン・ペイジ演じるジュノがかわいくって!

おっきなポリタンクのジュースをガブ飲みするジュノ。
その理由は後から明かされるけど、いかにもアメリカのティーンっぽく見える。
"All I Want Is You"に乗せて始まるポップなオープニングが私好みで、ワクワクしちゃう。

16歳の少女が妊娠というテーマだと、(特に日本では)もっとドロドロした作品になりがちだと思うんだけど、敢えてコミカルにポップに仕上げてますよね。妊娠したこと、子供を産んで里子に出す決断…ジュノが思い悩まないなんて事は無かったと思うんだけど、その辺りは割とアッサリ描かれています。

メキシコじゃ10代の母親だって珍しくない。たぶん、アメリカでも。
日本でも最近は、女子高生が親に隠れて子供を産んだ…なんてニュースを時折耳にするけれど、環境はかなり異なるんじゃないかな。少なくとも、里子に出すっていう選択肢は日本では一般的ではないし。

ハンバーガー電話(おもちゃっぽくてかわいい!)を片手に、中絶の申し込みをするジュノ。
でも、クリニックの居心地の悪さと、中絶反対の同級生の「もう爪だって生えてるのよ」という言葉に、そのまま出産して里子に出すという決心をします。子供っぽくはあるけれど、彼女なりに考えて、「赤ちゃんを心から愛してくれる最高の家庭」を見つけようとする姿勢が好ましいの。

ジュノは典型的なアメリカのティーンっぽいけど、シニカルで、パンクとホラーが大好きで、同級生からは「ちょっと変わったヤツ」って思われてる。そんな彼女が、妊娠や里親との交流を通じて、少しずつ人生の苦い面を知りつつ成長していく過程が、うまく描かれていると思います。私はすっかりジュノに魅せられてしまった。ジュノを演じるエレン・ペイジが良いですー。くるくると変わる表情が魅力的!

しかも、ジュノを取り巻く家族たちも、また素敵なんだもの。
ステップマザーが放射線技師に噛み付くとこなんて、スカっとしちゃった。

あのラストのまとめ方も好きだな~。
ポーリーに関しては「当事者なんだから、いくらなんでも頼りなさ過ぎでしょ」ってずっと思ってたんだけれど、それでも最後に、病院のベッドでジュノの寄り添ったり、ギターでセッションする二人の姿を見たら、思わず応援したくなっちゃうよ。

☆公式サイトはコチラ



こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

この作品、凄く良かった~
感動じゃないけど、ほんと、楽しかったし胸が暖かくなるし、
久々に、見て良かったって思えた作品でした。

ジュノのしたことは絶対肯定できないけど、だからといって
中絶するのが良いことでもないし。
彼女はあんな風に見えて凄く学んだと思うし。
ラストはほんと、ホワ~ンとして良かったよね・・・・
きっとこの先あの妊娠、出産のこと、あの彼と反省しながら
乗り越えて、支え合って生きて行くんだろうなって思えました。
しかしこの映画の影響もあってアメリカでは10代の妊娠が
ファッションのようになりつつあるらしく・・・・それは残念だけど・・・・

ところでお祝いコメントありがとうございました♪
いつも遊びに来て下さって、感謝してます(^^)
これからもどうぞ、よろしくお願いしますね(^▽^)
【2008/06/23 14:33】 URL | non #FXbBe/Mw[ 編集]
nonさん、こんばんは。
現実的に考えてしまうと、色々と思う所はあるのですが、
見終わった後で、前向きな気持になれますよね。
最後の二人のセッションは、かわいかった~。

正面から出産を取り扱った作品もいいけれど、こちらは
過度に説教くさくなくて、ポップな作りが好みでした。

>しかしこの映画の影響もあってアメリカでは10代の妊娠が
>ファッションのようになりつつあるらしく
えぇっ~~
って、それが本当だったら、ちょっと怖い話ではあるんですが…。
マネて欲しいのは、そういうところじゃないんだけどなぁ。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします♪

【2008/06/23 22:11】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
こんばんは♪
十代で妊娠しちゃうなんてどんだけいい加減な子かと思っていたら、ジュノはやっぱりそれなりに考えるし悩むし最良の方法を考えるちゃんとした子でした。
そこのところはとっても好感度大!
両親も理解があって素晴らしい!
映画は敢えてコミカルにポップに描いていたのでしょうね。
これを短絡的に捉えて気楽に妊娠する子がいたら困りモノですけれど。
【2008/06/23 22:19】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんにちは♪
そうなんですよね~。
発端はアララ~だったけれど、その後で、ジュノはジュノなりに
ちゃんと悩んだり考えて行動している所が良いですよね。

ステップマザーとジュノの関係が素敵です。
娘を愛して止まないパパも、かわいい。
もっとも、現実的にはあそこまでアッサリ何もかも受け止める、
というのは、親としては難しいと思いますけど。
映画作品としては、大好きですー。
【2008/06/24 12:40】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggy さん、こんばんは。
ラブリーな映画でしたねー。
ポップなガーリームービーのような始まりで、温かな家族もの、人生賛歌にもなっているのが素晴らしいなぁと。
笑いが主だと思って見にいったら、その前向きさにめちゃめちゃ感動させられてしまいました。
押しつけがましくない軽やかさがすんごいイイです。
バーガーフォン、かわいかったですよね。
劇場に同じのがおいてありました。v-269
【2008/06/24 23:06】 URL | かえる #-[ 編集]
かえるさん、こんにちは。
単なるガーリームービーじゃなくって、ちゃんとツボを押さえてますよね。
押し付けがましく無いところも、また素敵ですー。
ひたすら爽やかな印象でした。

ジュノがとことん前向きな所には、感心させられました。
そういう所は見習わなくっちゃ、だわ。

バーガーフォン、劇場にあったんですね!
あのおもちゃっぽさが、何ともいい感じです。
携帯でああいうのがあったら、面白いのになぁ(でも使いにくそう)。

【2008/06/25 13:12】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


監督:ジェイソン・ライトマン 脚本:ディアブロ・コディ CAST:エレン・ペイジ、マイケル・セラ 他 16歳のジュノ(エレン・ペイ... Sweet*Days**【2008/06/23 13:55】
試写会にて「JUNO / ジュノ」 アカデミー賞主要4部門にノミネート。脚本家ディアブロ・コーディが初脚本でオスカーを受賞した作品。 おはなし:パンクとホラーが好きな女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)は、親友ブリーカー(マイケル・セラ)との興味本位にセックスを ミチの雑記帳【2008/06/23 22:15】
明るく前向きなのって、素晴らしい。ジュノは、ソー・キュート! 70年代パンクロックを愛する16歳のジュノは、バンド仲間のブリーカーと興味本位でセックスし、妊娠してしまう。大評判の本作。ジェイソン・ライトマン監督の『サンキュー・スモーキング』も大好きだった... かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2008/06/24 22:54】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。