上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eastern

監督:デヴィッド・クローネンバーグ
脚本:ステーヴ・ナイト
キャスト: ヴィゴ・モーテンセン ナオミ・ワッツ ヴァンサン・カッセル アーミン・ミューラー=スタール イエジー・スコリモフスキー シニード・キューザック
2007 イギリス カナダ

■Story

舞台はロンドン。助産師のアンナ(ナオミ・ワッツ)が勤める病院に、ロシア人の少女が運ばれてきた。彼女は出産後、息をひきとってしまうが、遺品の中にあった日記を手がかりに、アンナは少女の身内を探そうとする。日記にはさんであった一枚の名刺を頼りに、あるロシアレストランに赴いたアンナは、ロシアンマフィアの運転手、ニコライ(ヴィゴ・モーテンセン)に出会う…

■Review

ヴィゴとクローネンバーグ監督のタッグによる、2作目です。

どちらも暴力がテーマで、主演俳優が同じだというのに、前作の『ヒストリー・オブ・バイオレンス』とはまったく違う雰囲気を感じたのが不思議。もちろん、共通した風味はあるけれど、画面から伝わってくる雰囲気は別物なんだよね。乾燥したアメリカの大地と、曇天のロンドンという、それぞれの舞台となる土地が持つイメージが対照的だからなのか。

ニコライの正体と目的が分からない内は、あれこれ想像したりもするけれど、ストーリー自体はそれほど複雑ではありません。この作品に魅力を与えているのは、サスペンス的な要素よりもむしろ、俳優陣の演技と、クローンバーグ監督の演出でしょう。だからこそ、古典的なようでいて、どこかで見たことがあるマフィアものとは違う、一種独特の雰囲気を纏ってるんだろうと思う。

俳優陣は誰も彼もピッタリとハマってしましたね。
後で知ったんだけれど、マフィアのボスが『シャイン』のパパだったなんて。
一見柔和そうな物腰が、かえって不気味。『ヒストリー…』でのウィリアム・ハートも、一見柔和そうなタイプのボスだったし。いかにも威圧的じゃない方が、やっぱり怖い。

今回も、ヴィゴは素敵でした~。
ほんとは、オールバックは好きじゃないんだけど…でも、ロシア語訛りの英語がすっごくセクシーなの。いやむしろ、ただ煙草をくわえて立っているだけでも色気があるんですが。相変わらず、微妙な表情がとても上手いなー。サウナでの衝撃的な乱闘シーンの後、彼の正体が明らかになるんですが、もっと因縁めいた理由を想像していたので、ちょっと意外でした。ウクライナの娼婦のことといい、最初に死体を川に流した場所といい、ストーリー的にはそれですんなり納得できたんだけど。ただ個人的には、正体が分かるまでの方が危うい雰囲気で好きだなぁ。

それと、ヴァンサン・カッセルが大変良かったです!
弱者には滅法強気だけれど、父親には絶対服従。良くも悪くも組織という枠の中で育ってきたキリルを、あんなに魅力たっぷりに演じられるなんて。彼の中には、残虐性と純粋さが共存してる。「王子」というニックネームがお似合いなお坊ちゃまなのに、愛おしささえ感じてしまった。彼が出てるんなら、今までスルーしてた『オーシャンズ12』も見てみようかな、という気になっちゃう。

タイトルになっている「イースタン・プロミス」は、イギリスでの東欧組織による人身売買契約のことを指すんだそうです。他にも、マフィアの刺青にそれぞれ意味があることとか、ロシア人の名前についてとか、知らない事がたくさんあって興味深かった。(公式サイトに説明があります)

ラストシーンは、見る人によって色んな捉え方ができそう。
誰がどうなったという事実としての結末は、それほど重要視されていないんでしょうね。見てるときは一瞬あれ?って思ったけれど、その余韻がいつまでも残っていて、あれこれと考えをめぐらせてしまう。

☆公式サイトはコチラ



ヴィゴー。
私もヴィゴの前髪たらした感じが好きで、オールバックは好きじゃないと思っていたんけど、これを見たらおでこ全開もまたいいじゃんって思いましたー。(笑)
ヴァンサンも味のある俳優ですよねー。
私は正体なんてものがあると思わずに見ていたので、その事実に一瞬の安らぎとさらなる不安を感じ、楽しめちゃいました。
にしても、こんな危険を冒して、彼は何を目的にしているんでしょうー。
【2008/06/24 23:12】 URL | かえる #-[ 編集]
Nyaggyさん、おはようございます。

>それと、ヴァンサン・カッセルが大変良かったです!
スワロ、自分のblogではヴィゴにしか触れていなかったkでど
もちろんカッセルもすごく良かったと思います。
彼、情緒不安定な役を見事にこなしていましたね。
ニコライに女性との肉体関係を迫るシーン・・・
あのシーンを見ている彼の表情は
悔しさと悲しさの入り混じった複雑な表情でした。

>ただ煙草をくわえて立っているだけでも色気があるんですが。
それ、正解!!
彼はリーゼントにスーツ姿で立っているだけでOK!なやくだったんですよ!!
【2008/06/25 06:10】 URL | swallow tail #BkkPsjC.[ 編集]
かえるさん、こんにちは♪
あの髪型、途中からは気にならなくなりました(笑)
(でもやっぱり、バッサバサの方が好きだったり…)

結局の所、ヴィゴは何してても素敵だなぁと。
きっとこの作品でまたファンが増えましたね~。

かえるさんオススメの『リード・マイ・リップス』は予告編だけ
見たことあるんですが、あれにもヴァンサン出てたんですね!
実は、ちょっと前までフランス映画はどうも敬遠してたんですが、
最近はその抵抗感が無くなってきたので、これからは
心置きなく(?)チェックしますね。
【2008/06/25 13:19】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
スワロさん、こんにちは~♪
キリルがニコライに女性関係を迫るあのシーン、
ヴァンサンの複雑な表情が良かったですねー。
あとは何といっても、ワインセラーのシーンが好きです。
ニコライとキリルの絡みには、ドキドキします(笑)

この作品はもう、ヴィゴあってのものですよね。
ヴィゴのセクシーっぷりは、年を重ねるごとに進化しているような…。
10年後はどうなっちゃうんでしょう(笑)?
これからも、彼の出演作には注目です。
【2008/06/25 13:24】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


ビターな大人の世界。これが人間の肉体だ。 クリスマスの近い12月のロンドン、助産師のアンナは出産して亡くなった少女のロシア語の日記を手がかりに彼女の身元を探そうとする。さわやかな騎士の姿を全世界に印象づけたヴィゴ・モーテンセンが、裏社会で生きるロシアン... かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2008/06/24 22:56】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。