上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

acrosstheuniverse

監督・原案:ジュリー・テイモア
キャスト: エヴァン・レイチェル・ウッド ジム・スタージェス ジョー・アンダーソン ディナ・ヒュークス マーティン・ルーサー・マッコイ T.V.カーピオ
2007 アメリカ

■Story

イギリス・リバプールの造船所で働くジュード(ジム・スタージェス)は、会ったことのない父親を探しにアメリカに渡る決意をする。プリンストン大学で働いている父親を探す折、たまたま大学の構内で知り合ったマックス(ジョー・アンダーソン)と意気投合し、感謝際に彼の家のディナーに招かれることに。そこでマックスの妹であるルーシー(エヴァン・レイチェル・ウッド)と知り合い、ジュードはたちまち恋に落ちる…

■Review

上映中、何度鳥肌が立っただろう。
こんなに衝撃を受けたミュージカル映画は、初めてかも…So Wonderful !!

楽曲と映像が紡ぎだす世界に、溺れてしまうような感覚。
幻想的で、刺激的で。オリジナリティの溢れた演出にワクワクし、シンプルだけど心に染みる歌詞に胸を打たれます。今更だけど、ビートルズは偉大だ。

ジム・スタージェスが浜辺で"Girl"を歌い出すオープニングから、既に心を掴まれてしまう。
彼の声が、すっごく魅力的!オーディション前のテープを聞いた段階で、監督の中では主役は彼にほぼ決定していたらしいけれど、それも納得。他のキャストも皆ハマってて、歌も上手いです。特にマックス役のジョー・アンダーソンがお気に入り~。

ビートルズの楽曲が先に絶対的なものとして存在していて、その楽曲たちに合わせてお話が進んでいくような感じです。 歌詞がそのまま台詞として通用してるし、普通に話してる台詞とのかけあいも全然違和感がありません。歌と台詞のつながりに自然な感じを出すために、スタジオ録音(別撮り)ではなくて、ライブ録音にこだわったそう。

ダンスだけでなく、CGやアニメも取り入れながら、様々な形で楽曲を魅せてくれるジュリー・テイモア監督のセンスには脱帽!こう言うと語弊があるかもしれないけど、とてつもなく長い、ビートルズのプロモーション・ビデオを観てるみたい。ただし、とびきりアーティスティックでスタイリッシュで、ワクワクしちゃうような。

中でも一番好きなのが、マックスが入隊する場面での "I Want You"!
アンクル・サムの台詞にひっかけたり、自由の女神を担いだりする発想力がスゴイなぁ。
その後のダンスシーンへの流れもお見事。

サイケデリックなサーカスも、イチゴ爆弾も、病院のシーンも全部お気に入り。
『フリーダ』つながりなのか、サルマ・ハエックが看護師役で出てたのが嬉しい~。

"Hey Jude"から"All You Need Is Love"へとつながるラストシーンは、十分予想できる展開なのに、感涙もの。不思議と歌詞が心に染みます。そうだ、愛だよ愛。"All You Need Is Love" って今まではさほど好きな曲でもなかったけど、一転してお気に入りに。

私は特にビートルズのファンではないけれど、それでも十分楽しめました~。でも、例えば登場人物の名前が全部楽曲や歌詞にちなんでることとか(私はジュードしか分からなかった)、たくさん散りばめられている小ネタは、詳しい人ならニヤリとできるかも。

私にとってジュリー・テイモアは『フリーダ』の監督という位置づけだったのだけど、むしろ舞台「ライオンキング」の演出家として有名だったのね。「ライオンキング」は音楽が好みじゃないので個人的にはイマイチだったけど、(私が見たのは劇団四季版ですが)舞台演出は凝ってて好きだったなぁ。『フリーダ』は、お気に入りの作品。また見たくなっちゃった。

ちなみに、アメリカの公式サイトからPCの壁紙がダウンロードできます。
ずっと『ショートバス』にしてたんだけど、久しぶりに変えました。いびつなイチゴが、いい感じ。

☆日本版公式サイトはコチラ
☆アメリカ版公式サイトはコチラ




こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

とても感動されたようですね~☆
この作品の映像や音楽に酔えれば、ガッツリ楽しめる作品ですね(^^)
私も冒頭の「Girl」から引き込まれました。
あの曲自体大好きだし、ジム・スタージェスの声も良い。
彼、なかなか良いですね~

今更ながらにほんとにビートルズの素晴らしさを痛感しました。
【2008/09/08 16:24】 URL | non #FXbBe/Mw[ 編集]
Nyaggy さん、こんばんは。v-274
ジュリー・テイモアの才能にしびれましたー。
そして、ジョー・アンダーソン、よかったですよねー♪
私はサルマ・ハエックに気付かなかった愚か者ですがー。
(だって、眉毛がつながってないからw)
そうか、ライブ録音にもこだわっていたんですねー。
だから、あんなに自然なのかー。
ミュージカルは大好きゆえに、見る目も厳しくなりがちな私ですが、これは本当に大満足でしたー!

【2008/09/08 22:42】 URL | かえる #-[ 編集]
nonさん、こんにちは♪
冒頭のGilrの歌いだし、イイですよね~!
そこで、もう既に鳥肌が・・・。
この作品で、ビートルズの偉大さを再認識した次第ですが、
楽曲も演出もキャストも、どれが欠けてもこの
素晴らしい作品はできなかったんじゃないか、と思います。
ファンでも、そうでない人も楽しめる作品っていうのはいいですねっ。
【2008/09/09 12:29】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
かえるさん、こんにちは♪
サルマの眉毛は、普通でしたね(笑)
私の中でも、フリーダの印象がかなり強いんですが。
かえるさんもお気に入りのジョー・アンダーソンは、
歌声もさることながら、あのキャラクターがいいですよね~。
やんちゃ坊主っぽくって、ジュードと好対照。
ミュージカルをたくさんご覧になっている、かえるさんも
大満足とのことで、嬉しいです♪
私も、本当にお気に入りの一本となりました。
【2008/09/09 12:35】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggy さん、こんばんは!
こちらへはすっかりご無沙汰してしまいましたが、
やっとおじゃまできてうれしいですっ♪ 

最近は映画館へ行く機会がめっきり減ってしまい、
地元のミニシアターのHPを見ては、ああ、もう上映してるんだぁ~と
指をくわえてみていたのですっ。なんと、この作品もその一本!
昭和の女全開のわたしも、さすがにビートルズ現役時代ではありませんが(笑)、
「いちご白書」のような作品かなと勝手に想像していたのですよ。
だけど全然違うみたいですね。レビューを拝見して、とても興味がわきました!時間がとれたら、ぜひ見てみたいなぁ。

これからもよろしくお願いいたします。
【2008/09/10 23:38】 URL | Carolita #-[ 編集]
Caroli-taさん、こんにちは~っ。
遊びにきてくださって、うれしいです♪

地元のミニシアターではビートルズ現役時代と思われる
年配の方が多くいらっしゃいましたよ~。
でも、年配の方には、中盤のあまりにアート的な表現は
受け入れられるのか気になるところです。。。
「いちご白書」は未見ですが、ストーリー自体は
ヴェトナム戦争時代を背景にしたボーイ・ミーツ・ガール
ものなので、シンプルでとっつきやすいと思います。

まだまだお忙しいのでしょうか?
お時間がとれたら、ぜひぜひご覧になってくださいね~。
こちらこそ、これからもよろしくお願いします。
【2008/09/11 12:44】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
こんにちは♪
ビートルズ世代ではなくても使われている楽曲のほとんどを知っていたし、「この曲がココで使われてる!」っていう驚きや楽しみがありました。
ベトナム戦争のシーンはどれもシュールで、『タイタス』を思い出したりしていたんです。
私は『フリーダ』を見ていないのですが、Nyaggyさんはお気に入りなんですね?

ビートルズ以外の人が歌って、しかも様々なアレンジがされていて、どの曲もとっても良かったなぁ。
【2008/09/25 23:06】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんにちは~♪
そうですよね~。
ビートルズに詳しい人も、そうでない人も、感じ方は違っても
誰もが楽しめるミュージカルですよね。

私は『タイタス』未見なんです。
アンソニー・ホプキンスが主演なんですね。
しかも、古代ローマが舞台とあって、私好みっぽい!
ぜひチェックしておきますね~。

『フリーダ』もオススメですよ♪
これを見た後、すごーくメキシコに行きたくなりました(笑)
サルマ・ハエックは熱演だし、監督の演出のセンスが冴えてます。
【2008/09/26 12:33】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


監督:ジュリー・テイモア CAST:ジム・スタージェス、エヴァン・レイチェルウッド 他 1960年代、リバプールから父親を捜しにア... Sweet*Days**【2008/09/08 15:07】
ユニバーサルに響く。 1960年代。リバプールからアメリカへ、ジュードが父親を捜しにやってきた。ミュージカルが大好きだー。でも、好きなジャンルだからこそ、評価が手厳しくなってしまうこともある。去年の『ヘアスプレー』なんかは、充分に楽しめたものの絶賛はでき... かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2008/09/08 21:54】
映画館にて「アクロス・ザ・ユニバース」 全編にわたってビートルズの名曲を使用した異色ミュージカル。 おはなし:イギリスのリバプールに暮らすジュード(ジム・スタージェス)は、まだ見ぬ父を捜しにアメリカへ。父の働くプリンストン大学へ出向いた彼は、そこで学生... ミチの雑記帳【2008/09/25 23:02】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。