上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

colera

監督:マイク・ニューウェル
脚本:ロナルド・ハーウッド
キャスト:ハビエル・バルデム ジョバンナ・メッツォジョルノ ベンジャミン・ブラッド
2007 アメリカ

■Story

夫を亡くし、悲しみに暮れる年老いた女性・フェルミナ(ジョバンナ・メッツォジョルノ)の元に、葬儀の夜一人の男が訪れた。それはかつて、若い頃に愛を誓い合った男性・フロレンティーノ(ハビエル・バルデム)だった。彼は彼女に、出会ったときからの変わらない愛を誓い、この時をずっと待っていたと告げる…

■Review

あまり期待はしていなかったんですが。
お話はこんなものかな…という感じだけれど、南米大陸の美しい景色とラテン音楽に彩られた雰囲気は、なかなか良かったです~。

イメージに無かったのだけど、コロンビアは熱帯の国なんだよね。
北部はカリブ海にも面してるので、映画の中でもちょくちょく海が出てくるし、植物もどこかトロピカルな感じ。ラテンアメリカ映画だと、乾いた大地と青い空のイメージの方が強かったので、なんだか新鮮でした。エンドクレジットでチェックするの忘れちゃったけど、実際はどこで撮影したんだろう?

ロミオとジュリエット的な始まりなのに、途中の経過が少々異質。
50年以上も心はひたすらフェルミナを想いつつ、600人以上の女性と関係を持つフロレンティーノ。しかも、それを全てノートに記しているなんて…どう考えても普通じゃないんだけど、「どうしてそんなにモテるんだ?」という同僚のもっともな質問に「私は愛を求めている空っぽの抜け殻で、無害だから。」と答えたのは、なんとなく分かるような気がしちゃう。

50年という気の長くなるような歳月の中で、恋愛の始まりから別れ、その後の別々の人生から再会までが綴られていくのですが、それら全てをじっくり味わうには、137分という枠は短いかも。しかも、青年時代のキャストが、フロレンティーノは別の俳優なのに、フェルミナはそのまま本人がずっと演じているから、ちぐはぐな感じ。フェルミナも別の俳優を当てた方が良かったんじゃないかなぁ…。

ハビエル・バルデムは、普通に上手いですね!特に老人になってからが。
ただ彼に関しては想像の範囲内といった感じだったのですが、ヒロインの従姉妹役のカタリーナ・サンディ・モレノが良かったです~。元々かなりの童顔なのに、とても色っぽく感じたのは、表情の作り方が上手いからですかね。ヒロインと並んで画面に映ってると、ついつい彼女の方に惹かれてしまいます。

フロレンティーノの彼女の一人・オリンピア役でアナ・クラウディア・タランコンが出てますが、やっぱり美人だなぁ。彼女は色んなラテン系作品に出てるので、(狙ってる訳じゃないけど)目にする機会が多いです。それにしても、主要キャストはほとんどが英語圏出身じゃないはずなのに、どうして台詞をスペイン語にしなかったのかっ。ムキー!

音楽は全般良かったんですが、特に、シャキーラの"Pienso en ti"のシンプルな歌詞が、心に染みます。"La despedida"もイイ。さすがは、コロンビアが世界に誇る歌姫だわ。英語のアルバムもたくさん出してるけど、やっぱりスペイン語で歌ってるほうが好き。

☆公式サイトはコチラ



Nyaggyさん、こんばんは。
これって、そんなに評判がよい感じではなく、何ら期待をしていなかったんですが、やっぱりラテンないいなぁと思いのほか楽しめてしまいました。
現代だとコロンビアが舞台の映画は犯罪絡みになってしまうわけですが、歴史ものなら、大河ロマーンが成り立つのねと感無量。
チョイ役の女性たちもやけに魅力的でしたし、音楽もよかった。
次のハビエルはゴヤにてー。
東京国際映画祭でも、ラテンな映画はしかと観たいですー♪
【2008/10/01 22:58】 URL | かえる #-[ 編集]
かえるさん、こんにちは♪
ラテンの空気感が良かったですよね~。
現代のコロンビアだと、確かに犯罪がらみになってしまいそう。
偉大な文豪や歌姫など、素晴らしい芸術を生み出している国なので
負のイメージが付きまとうのはもったいないですね。
現代コロンビアでも、アート的な作品を見たいみたいなぁ。

私も次回のハビエル@ゴヤが楽しみです!
またまた英語なのはちょっと残念ですが~…。
そういえば、もうすぐ東京国際映画祭ですね!
ちょうど気持ちいい季節で、気分的にもいいですね~。
レビュー楽しみにしてます♪
【2008/10/02 12:42】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。