上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

bokuranomirai

監督・脚本:ミシェル・ゴンドリー
キャスト:ジャック・ブラック モス・デフ ダニー・グローヴァー ミア・ファロー メロニー・ディアス マーカス・カール・フランクリン シガニー・ウィーバー
2008 アメリカ

■Story

トラブルメーカーのジェリー(ジャック・ブラック)と、近所のレンタルビデオ店の店員マイク(モス・デフ)は仲のいい友達。ある日店長(ダニー・グローヴァー)に留守を任されたマイクは張り切って店番をするが、またもやジェリーが騒動を起こしてしまう。電磁波を浴びたジェリーのせいで、店の中のビデオの中身が消えてしまったのだ!困った二人は、消えたビデオの代わりに、自分達でリメイク作品を撮ることにするが…

■Review

バカバカしくって、とびっきりキュートであったかい。
映画を心から愛する人達が、同じく映画を愛する全ての人達に向けたお話。

一番大事なのは、想像力と映画への愛ってことかな。
アイデア次第で、いくらでも面白い作品が作れるんだよねー。リメイク作品を作るために次々と生み出される手法に、思わず感心しちゃう。ゴーストバスターズなんて、懐かしい!ロボコップの衣装は、なかなかの出来。ライオンキングだって面白いし、メン・イン・ブラックはナイスアイデアだわ。他の作品も全部観たかったな~。『恋愛睡眠のすすめ』でも魅せてくれたように、こういった演出は、ゴンドリー監督にはお手のもの。

ハンディカメラの映像で、出演者はたったの数人だけ。全てが手作り感あふれたチープなもので、とてもリメイクなんて誤魔化せるレベルじゃないんだけど、それを見た町の人達はその"Sweded"(リメイクを意味する造語)作品の魅力に虜になってしまう。実際、すぐに行列まで出来ちゃうほど話題になるってのは出来すぎな感じで、その辺りはファンタジーなんだけど、「ハリウッドのお決まりの作品じゃない、オリジナリティに溢れた作品が観たいんだ!」ってJBが力説する台詞には、思わず、うんうん、って頷いちゃう。

建物の取り壊しや、町の住人が一丸となってオリジナル作品を作り上げていく終盤の展開は、文字にするとすごーくベタなんだけれど、それ以上に心に染みるの。作品のキャラクターだけでなく、それを作っているスタッフやキャスト達も皆が映画を愛して、楽しみながらこの作品を作り上げているんだろうな~というのが伝わってきます。『ニュー・シネマパラダイス』にも通じるような感覚。

JBは、思ったよりもおとなしめでした。
マイク役のモス・デフが良かった!お人よしで義理堅くって何ともチャーミング。
ダニー・クローヴァーはお茶目で渋く、ミア・ファローなんて60過ぎとは思えないくらいキュート。
周りの人達も、役者というより本物の町の住人みたいな感じでみーんな良かった。

凝ったストーリーや仕掛けはないけれど、笑って泣けて、心温まる作品。
お気に入りです♪

☆公式サイトはコチラ



Nyaggy さん、こんばんは。
まさかこのデジタルな世界、現代アメリカを舞台に『ニュー・シネマパラダイス』が紡がれるなんて感無量でしたよねー。
ジャック・ブラックは思ったよりおとなしめでよかったし。(笑)
どっちかといえば、JBを見ているよりも、ガエルくんを見ている方が幸せになれる私たち、なんですが、本作にあふれる思いには幸せな気分になっちゃいましたよねぇ。
映画はよいなー。
【2008/11/08 02:01】 URL | かえる #-[ 編集]
かえるさん、こんにちは♪
そうなんですよねー。
いつものJBより大人しめに感じました。
JBは大好きなんですが、あまり悪目立ちしてないっていうか。

こういった映画愛にあふれた作品は、とてつもなくシアワセな
気持になってしまいますねぇ。
リメイク映画での妄想も楽しいです~(笑)
【2008/11/08 15:00】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


映画への愛に共鳴。でも、ミシェルはフランス人なのにー。 街角の古いレンタルビデオ店で働くマイクは、旅に出た店長のフレッチャーから店を任される。しかし、友人ジェリーのせいで、店内のビデオの中身が消去されてしまう事態が発生。ミシェル・ゴンドリーといえば、... かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2008/11/08 02:02】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。