上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フーリガン

監督:レクシー・アレクサンダー
キャスト:イライジャ・ウッド チャーリー・ハナム クレア・フォーラニ レオ・グレゴリー マーク・ウォーレン
2005 アメリカ、イギリス

■Story

ルームメイトにはめられて、ハーバード大学を退学になったマット(イライジャ・ウッド)は、結婚した姉を頼ってロンドンに行くが、そこで義理の弟ピート(チャーリー・ハナム)に出会う。ピートは、ウエストハム・ユナイテッドのフーリガン・ファームのリーダーだった。今までケンカもしたことのなかったマットは最初はその過激さに戸惑うが、次第にピート達の仲間として連帯感に目覚め、危険な暴力の世界に惹かれていく・・・

■Review

W杯チェコ予選敗退のショックから、未だに抜けきらないNyaggyです(T_T)
ああ~、また代表でネドヴェドの勇姿が見たい!!次のユーロもなんとか出てくれないかなぁ・・・。

今年はサッカー関連映画が花盛りなんでしょうか?FIFA公認の映画である『Goal!』とは全く方向性が違いますが、『フーリガン』を鑑賞してきました。こちらは、W杯の開催国であるドイツでは、上映禁止になっているそう。

フーリガンを題材にしているとは言っても、フーリガンとは何か?とかその歴史とかを扱った話ではなく、若者達の友情がメインの青春もの。お互いに対立するファーム(フーリガンのチーム)間では、試合中に限らずしばしば抗争を行ったり、怪我を負うこともしょっちゅうだけど、彼らはギャングではありません。リーダーのピートは歴史と体育の教員だし、皆ちゃんと定職についている人ばかり(最初はそうは見えなかったけど)。

どうしてそんな彼らが、暴力的なフーリガンになっているのか?
そもそも、各ファーム間では歴史的に対立が続いているということが多く、小さな時から親や兄弟、周りの人達に刷り込まれて育っていることが一因みたいです。憎しみと恨みが受け継がれ、積み重なって、報復合戦を繰り返してしまう。この映画の中では、若者達の連帯感や友情とともに、暴力で得られることの虚しさも描いています。

※以下、重要なネタバレを含みますので、未見の方はご注意を!
(ご覧になりたい方は、ドラッグ反転してください)

物語の後半で明かされますが、ピートの兄スティーヴが、伝説の「少佐」というのは、なんか納得。だって、最初に画面に出てきた時から、全然素人くさくないんだもの。顔とか雰囲気とか、タダ者じゃないぞってオーラを出しまくり~。

でも、スティーヴが最後には本当に一人になってしまう結末は悲しいなぁ。愛する妻と子供も(仕方ないとはいえ)彼の元を離れてしまうし、弟は報復合戦の末に帰らぬ人になってしまうなんて。過去に自分がしてきたことに対する、ひどいしっぺ返しを受けた形だけど、彼自身は懸命に平和な生活を営もうと努力していただけに、胸が痛い。


イライジャは、立て続けに色んな作品に出演してますね。今回はハーバード大を退学になった秀才で、ケンカもしたことないお坊ちゃまなアメリカ人の役。確かにイライジャは育ちが良さそうだし、ケンカなんてしたこと無さそう。途中から彼もファーム同士の闘争に参加していくんですが、最後までなんだか微妙な違和感が・・・LOTRのフロドのイメージが邪魔してるのかもだけど、あの美しい顔立ちには青アザや血のりが似合わないんだよね~。でも、これからも色んな役にトライして欲しいと思う。

今作ではそのイライジャよりも存在感のあった、ピート役のチャーリー・ハナムがすご~く魅力的でした。体格がよくて顔立ちも端正だけど、笑顔がとにかく素敵なんだもの。この映画自体が、新しい『トレイン・スポッティング』的な宣伝の仕方をされてたので、彼も第二のレントン=ユアン・マクレガーか?なんて一部では言われてるみたいだけど・・・どうだろう??ユアンにならなくても、彼はこれから人気が出そうだけど。

ストーリー上で重要な役割を果たすボヴァー役の、レオ・グレゴリーも味のある演技で良かったです。もうすぐ公開の『トリスタンとイゾルデ』にも出演してるとか。(でも公式サイトにはまだ名前がなかったので、何の役なんだか…)

びっくりしたのは、監督の初めての長編映画で、しかも女性だということ。
暴力シーンの描写が見事なんですが、彼女自身が武術専門のスタントウーマンとして働いていた経験があるというから、それも納得?2002年のアカデミー賞短編実写映画賞にノミネートされたこともあるようで、これから先も楽しみな監督さんです。

☆公式サイトはコチラ

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。