上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

figarojapon

フィガロヴォヤージュの今秋号は、メキシコ特集!
もう1ヶ月以上前に発売されてたのに、最近雑誌のチェックをしてなかったので、見逃してました…!ページ数の割にはお高め(980円)だけど、一般向けの雑誌でまるごとメキシコ特集は貴重なので、迷わず購入

ファッション系雑誌らしく、文化や旅ガイドというよりも、お洒落&高級なカフェやショップ、ホテルの紹介がメイン。今行きたいパリのお店特集~みたいなノリを、そのままメキシコに持ってきた感じです。カンクンでなくて、プラヤ・デル・カルメンとかが載ってるあたりは、さすがフィガロと言うべきか。ただ、ホテルもレストランも全部すごーく素敵なんだけれど、値段が全然庶民向けじゃないので、活用できる機会はなさそう。

とりあえず、何気ない街角の小さなスナップ写真を見てるだけでも、個人的には結構楽しいです。珍しくグアダラハラ(昔ちょっと住んでた)が紹介されてるっ と思って興奮したけど、結局メインはトナラとトラケパケ(民芸品で有名な近郊の街)の方で、グアダラハラの記事は市場(サン・フアン・デ・ディオス)を紹介した1Pだけ。でもでも、ものすごく懐かしいよ、この風景!今だったら、メルカドバッグを山ほど買いたい。そして、オアハケーニョ(オアハカのチーズ)を飽きるまで食べたいーっ。

メキシコを知るための映画として、『ボーダータウン 報道されない殺人者』、『赤い薔薇ソースの伝説』、『フリーダ』、『天国の口、終わりの楽園』が紹介されてます。後ろの3つはどれもお気に入りの作品で、オススメ。

ビタミンカラーの写真だけでも素敵なので、本屋で見かけたらぜひパラパラめくってみてください~。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。