上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



監督:塚本連平
キャスト: 市原隼人 佐々木蔵之助 麻生久美子 石田卓也 加冶将樹 賀来賢人 脇知弘 冨浦智嗣 小柳友
2008 日本

■Story

舞台は1979年の日本、とある田舎の平和な町。ママチャリ(市原隼人)達、仲のいい7人組は気ままな高校生活を送っていた。だが、新しい駐在さん(佐々木蔵之助)の存在が、彼らの平和な生活を脅かす…駐在さんに次々と悪戯をしかけるも、駐在さんはやられたらやり返すという全く大人気のない男。怒りを覚えたママチャリ達は、駐在さんとの全面闘争を決意する…

■Review

DVDにて鑑賞。
うーーーん…ちょっと期待し過ぎた感じです。
爽やかな雰囲気は好きだけど。

原作者の体験を基にした半フィクションだからなのか、あまりに突拍子もないような悪戯はないんですね。駐在さんとの間でもっと壮絶なバトルを想像していだのだけれど、そうでもなく。青春モノは大好きなので、設定やストーリーがベタであっても、何か胸にくるものがあれば全然オッケーなんだけれど…最後まで「なんとなく」な感じが拭えませんでした。すっごく評判がいいんだけどな~。この設定ならもっと面白くできたんじゃ?って気がしちゃうんだよね。

市原隼人は、こういう役が似合ってますね~。
邦画もTVドラマもあまり見ないので、彼の出演作はほとんど知らないものばかりだけれど、TV版『ウォーターボーイズ2』だけは唯一見ていて、結構お気に入りでした。田舎の素朴な高校生役っていうのは、今回の作品と似通ってるかも。

ママチャリ達と小学生並の悪戯合戦をする、駐在さん役の佐々木蔵之助がかわいい。
でも、一番おいしいのは花火職人の竹中直人かなぁ。

映画よりも、むしろTVドラマの方が向いてそうな気もします。
映画では描ききれないエピソードもたくさん入れられるし、時代設定を現代に変えても問題ないし。もし同じキャストでドラマ化したら、見てみたいなぁ。



Nyaggyさん、おひさしぶりです~。
私もこの作品見ました。
悪くはないけど、いまひとつ物足りなさが残りますよね。

>映画よりも、むしろTVドラマの方が向いてそうな気もします。

ホントその通りだと思います!
毎週、バトルごとに一話完結でドラマ化した方が面白そう。
もちろんバトルももっともっと壮絶に過激にして!

市原隼人はそんなに好きじゃないんですが、なぜか出演作は結構見てます(笑)
「虹の女神」という映画はすごくよかったです~。
そういやぁ、これにも蔵之助さん出てたなぁ。
【2008/12/15 22:30】 URL | pandarin #.vjKhiP6[ 編集]
pandarinさん、こんにちはっ。

やっぱり、pandarinさんはご覧になってたんですね~。
私が気になっていて、でも結局見ずじまいだった作品を
たっくさんご覧になっているようなので。
pandarinさんのチョイスが好きです♪

そうですよねっ。
TVドラマで、ちょっといい話も混ぜつつ、一話完結で
悪戯合戦を演出したら面白いと思うんですが。
私も、もっと過激なバトルを熱望です!

『虹の女神』って、確か上野樹里と共演でしたっけ?
あー、これも気になってたやつだ…(笑)
蔵之助さんも出てるなんて、知りませんでした。
お勧めとあらば、今度見てみますね。
【2008/12/16 13:16】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
ま、ほどほど楽しめてヨシ!ってなことで。
オッサンはソコソコ楽しめましたぞな!
うひ~
【2008/12/20 02:42】 URL | El marido de gafas #MRjdEOwU[ 編集]
El marido de gafasさん、こんにちは。
コメントありがとうございます♪

そうですね!
あれこれ言わず、素直に楽しむのが一番だと思います。
私もそれなりには楽しんで見ていたのですが、ちょっとばかり
ノリきれない部分があったので。
よろしければ、またいらして下さい~。
【2008/12/22 13:09】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。