上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

lars

監督:クレイグ・ギレスピー
キャスト: ライアン・ゴズリング エミリー・モーティマー ポール・シュナイダー ケリ・ガーナー パトリシア・クラークソン
2007 アメリカ 

■Story

小さな田舎町に住むラース(ライアン・ゴズリング)は、誰よりも優しくて純粋だけれど、極端にシャイ。彼女もいない彼のことを、兄夫婦は心配していたが、ある日ラースが突然彼女を連れて来ると言う。彼らは喜んで彼女を迎え入れるが、ラースが連れてきたのは、ネットで購入したリアルドールのビアンカだった…

■Review

雪景色でも、心はじんわり暖かく。
これって、オリジナル脚本なんですよね…なんて素敵なの!
シビア過ぎず、甘過ぎずでいいなぁ。

ぬいぐるみに心肺マッサージをしてあげちゃうくらい優しくて、ユーモアのあるラースはとても素敵な人だ。けれど、人一倍感情に敏感な彼は、周りの人達と距離を置いてしまう。人に触れられるのが「痛い」だなんてツライよね。食事をおいしいと感じたり、綺麗な景色を見て感動したり…それと同じくらい、他人に触れることは自然なことだって思うのに。だから、ビアンカはちゃんと必要とされて現れたんだな、って。

ラースを見守る兄と義姉、医師や町の人達が本当に素敵なのですよー。
彼とビアンカを奇異の目で見て遠ざけたり、逆に壊れ物のように扱ったりせず、ごく普通に接してくれる。それって、現実的には結構難しいことだと思うんですよね。最初はただの人形でしかなかったビアンカが、町の人達と交流している様子を見てる内に、魅力的な女の子に見えてきちゃう。

それにしても、イザという時はやっぱり女の方が強いのか。
兄ガスは別として、女性の方が柔軟で積極的ですよね。ビアンカにバイトをさせたり、ボランティアに参加させたり。挙句、ビアンカを一人前の女性として扱うよう、ラースを叱ったりもする。逆に、もしビアンカが男だったら、男連中がバーやスポーツ観戦に連れ出したりするのかもと想像するけれど…やっぱり、こっちの方がしっくりくるもの。ビアンカが病気になった時、ご婦人方がラースの家で刺繍をしながら、「心配ないよ」って言うシーンがとても好き。

主演から脇役まで、キャストもみーんな良かったです。
ライアン・ゴズリングは初見ですが、いいですね~。髪型を変えたら、もっと男前?
カリン役のエミリー・モーティマーも、マーゴ役のケリ・ガーナーも、すっごくチャーミング。
パトリシア・クラークソンはさすがの存在感で、いつ見てもカッコイイです。

あの終わり方も、すごく好き。
いつか手をつないで一緒に散歩できたら、いい。

☆公式サイトはコチラ



Nyaggyさん、こんにちは♪
TB、コメントありがとうございました☆

私もこういう作品、大好きなんですよね。
人ってみんな人には言えないトラウマって何かしらあって・・・
ラースの姿は一見滑稽だけど、でもその真実を探ると
哀しくなりますよね。
そんな彼がビアンカを愛し、自分と向き合い、
そして自然と自立していく姿には感動しました。

役者さんも良かったですよね~
ライアン・ゴズリングはこれからも目が離せないです。
【2009/01/13 16:20】 URL | non #FXbBe/Mw[ 編集]
nonさん、こんにちは♪

ラースがそこまで傷ついてしまった理由は、はっきりとは
分からなかったけど、回りの人に見守られ、
ビアンカの助けを借りながら立ち上がっていく姿には
胸を打たれますよね。
見てよかったなぁ、と素直に思える作品です。

ライアン・ゴズリング、皆さん高評価ですね!
『16歳の合衆国』が見てみたいです。
【2009/01/14 13:16】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


監督:クレイグ・ギレスピー  CAST:ライアン・ゴズリング、エミリー・モーティマー 他 27歳のラース(ライアン・ゴスリング)は... Sweet*Days**【2009/01/12 08:45】
試写会にて鑑賞。 雪深い田舎町に暮らすラースは穏やかで真面目な好青年だが、長年彼女がいないために兄夫婦や町の人々は心配顔。そんなある日、ラースはインターネットで手に入れた等身大のリアルドールを「彼女」と言って皆に紹介する。 27歳の青年がビアンカち... のんきな惑星【2009/01/14 18:16】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。