上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

elegy

監督:イサベル・コイシェ
脚本:ニコラス・メイヤー
キャスト:ペネロペ・クルス ベン・キングズレー パトリシア・クラークソン ピーター・サースガード デニス・ホッパー デボラ・ハリー
2007 アメリカ

■Story

大学で教鞭をとるデヴィッド(ベン・キングズレー)は、自身の著作が評判を呼び、TV出演もこなす著名人。結婚を若い頃の過ちと笑い、多くの女性と出会う自由な生活を楽しんでいた。ある日そんな彼の前に、コンスエラ(ペネロペ・クルス)という美しい女性が現れる。たちまち彼女の虜になった彼は、次第に自分の心境に変化が訪れていくのを感じて・・・

■Review

ようやく見れました…!すごくすごく、良かった。
美しく切ないピアノの旋律が、心にじっくり染みわたる。頭じゃなくて、肌から、細胞から直接入ってくるこの感じ。イサベル・コイシェの作り出す空気が好き。

コイシェ監督でもペネロペでもなかったら、特に惹かれることはなかったかもしれない。
若く美しい女学生と年老いた大学教授が恋に落ちるという設定は珍しくないけれど、キャストの素晴らしい演技と、コイシェ監督のセンス溢れた演出と、情緒的な音楽によって、とても完成度の高い作品に仕上がっていると思います。台詞がないシーンで、その場に流れる濃密な空気がなんとも言えず好みなの。この感覚は、アルモドバル作品とも似てるなぁ。

ベン・キングズレーは、インテリでセクシュアルな魅力も持ったデヴィッド役にピッタリ。
ただ、最初はそれほどデヴィッドのことを好きになれず。こと女性関係に関しては、本当に子供みたい。でも、彼が若くて美しいコンスエラを本気で愛し始め、見えない相手に嫉妬し、彼女の未来に怯えるのを見ている内に、だんだんと愛おしさがわいてくるの。息子との関係も、良かったな。

基本的には単純なストーリーですが、デヴィッドとジョージがカフェで語りあう場面だけは、時間軸に沿っていません。話が進むにつれてその意味合いも分かってくるんだけど、このシーンはすごく好き。デニス・ホッパーがまた泣かせてくれちゃう。パトリシア・クラークソンといい、脇役が豪華なのが嬉しい~。

そして何と言っても、ペネロペ!この作品は、コンスエラの魅力なしには成立しないもの。
キューバ移民の上流階級の家庭で、周りからの愛情たっぷりに育ったコンスエラは、ペネロペの為に作ったキャラじゃないかと思うくらいピッタリ。何度か髪型が変わるけど、個人的には一番最初のパッツン前髪のAラインが一番好きだな。彼女にはクラシカルな髪型がよく似合う。相変わらずスペイン語訛りな英語も、何もかもが魅力的に見えてしまう。デヴィッドが撮った写真が、また素敵なんだよね。

海岸で恋人達が幸せそうに戯れていたり、コンスエラの告白だったり。いくつも頭に焼きついて離れないシーンがあって、それと共にピアノの旋律が深く肌にしみこんでいく。ただ幸せなだけのお話ではないないけれど、ちゃんと未来への展望もあって、思いのほかお気に入りの作品となりました。

☆公式サイトはコチラ



Nyaggyさん、どうも~。
恋愛映画はそんなに見るほうではないんですが、これは予告を見てから気になってました。
Nyaggyさんと同様、監督とペネロペにも惹かれて!
音楽も素敵なんですね。
恋愛映画って音楽もとても重要ですよね。

ペネロペ、私も好き~。
こないだのアカデミー賞授賞式でのレースいっぱいのドレスも素敵でしたよね。
あれ、ヴィンテージなんですか。ウェディングドレスっぽくて豪華だったなぁ。
あの時の彼女の前髪も可愛かったですね。

そういえば、最近よく見かけるCMにペネロペが出てるのがあるんですが
いつも途中からで、はじめからじっくり見れたためしがありません…。
カフェかどこかでペネロペが働いてる…という設定っぽいんですけど。
BGMにロシア民謡の「黒い瞳」が流れてて、音楽に誘われてTVに目を向けたらペネロペが出てました。
Nyaggyさんは見かけたことありますか?
【2009/03/20 18:07】 URL | pandarin #.vjKhiP6[ 編集]
pandarinさん、こんばんは♪

おぉっ!それはぜひぜひご覧になってください~。
音楽は重要ですねー。ほとんどピアノの旋律だけなんですが、
映像にピッタリ合っていて素敵ですよ。

ペネロペは、どちらかと言えば以前は、かわいいイメージが
先行していたんですが、『ボルベール』を観てから
私の中で株があがっています。
アカデミー授賞式のドレスも、ほんっと似合ってましたね。
確かにあの時の髪型もかわいかったです!
余計に顔がちっちゃく見えるー。

CMって、缶コーヒーのじゃないですか?
商品名は忘れちゃったけど、何度か見ましたよー。
そうそう、多分カフェで働いてるウェイトレスの設定で。
そういえば、昔はLUXとかのCMにも出てましたねぇ。
【2009/03/21 19:35】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
こんにちは♪
ちょっぴりご無沙汰しております。

この映画、音楽がとっても良かった~。
ピアノの旋律が効果的に使われていましたね。
自分が教養人が好きなので、デヴィッドみたいに絵画の話とかされてピアノをぽろろんと弾かれた日にゃ、相手とどんなに年齢差があっても恋に堕ちてしまいそう~。

コイシェ監督作品は3本見てますけど、どれも好きだわ♪
【2009/04/06 08:51】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんにちは♪
すっかり春らしくなってきましたね~。
今日なんてぽかぽか陽気で気持ちいい♪

やっぱり、音楽良かったですよね~。
うるさ過ぎる訳でもなく、ちょうど良かったです。

>自分が教養人が好きなので、
あ~…分かります!
私も、大学教授とかには弱いです(笑)
特に自分が若い頃は、同世代の男の子より、学校の先生
とかに魅力を感じましたねぇ。

コイシェ監督には、女性監督として応援したい気持ちもあるし
単純に作品が好きなので、これからも注目したいです。
【2009/04/06 12:41】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


映画館にて「エレジー」 フィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を『死ぬまでにしたい10のこと』のイザベル・コイシェ監督が映画化。 おはなし:大学教授のデヴィッド(ベン・キングズレー)は美しい教え子・コンスエラ(ペネロペ・クルス)に一目惚れし、ゼ... ミチの雑記帳【2009/04/06 08:48】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。