上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ultramiracle.jpg

監督・脚本:横浜聡子
キャスト:松山ケンイチ 麻生久美子 ノゾエ征爾 ARATA 藤田弓子 原田芳雄 渡辺美佐子
2009 日本

■Story

青森で農業をしながら暮らす、子供のような青年・陽人(松山ケンイチ)は、東京から彼の住む町の幼稚園にやってきた、町子先生(麻生久美子)に一目ぼれしてしまう。町子先生は陽人のことを全く相手にしないが、くじけずに全力でぶつかっていく陽人の身に、ある変化が起こり…

■Review

最後の場面が、まだ頭の中でぐーるぐーる回ってる。
予想を次々に裏切られ、体を表裏逆にひっくり返されたような、妙な気分。

確かにウルトラミラクルだけど、これ、ラブストーリーかなあ?
とにかく、パワーがすごいです。

陽人は、野菜と一緒なんだとノンキに思ってた。畑に埋まって、太陽光だけじゃなく農薬を浴びた彼は、ある「進化」をするのだけれど、そのまますくすくと、ただ上を目指して成長できる訳じゃなかったんだ。それは、麻薬のようなものだったんだね。次第に生気を失っていく陽人の心臓が止まった時よりも、町子先生の亡き夫・かなめへの手紙の中で語られる彼のモノローグに、とっても切なくなってしまった。陽人とかなめの奇妙な繋がりがいいの。田んぼの脇で陽人が、首無しのかなめと話す姿はひどくシュールなんだけど、ファンタジーっぽくて好き。

意外ではあっても、途中までは間違いなく私好みの展開だったんですが、最期にガツンとやられてしまいました。ホルマリン漬けの脳みそでハンカチ落としするっていう発想は、全然思いつかなかったよ。そして、最後の熊!映像が無ければそれほど生々しく感じないかもしれないけど、あのやわらかそうな感じがなんとも言えず…。最後の方だけ見たら、ホラーみたいじゃない?その手の映像が苦手な私としては、正直、ラストで軽くひいてしまったものの、脚本も兼ねてる横浜聡子監督がどういう人なのか、気になって仕方がない。あのラストは、監督が絶対に譲れなかったシーンなんですって。

全編津軽弁なんですが、字幕が全くないのは潔い。最初は聞き取りづらいけど、だんだん慣れてきます。監督も松ケンも、青森出身なんですよね。心臓が止まっても生きていたり、首無し人間がでてきたり、ファンタジーか?っていう方向に話がシフトしていっても、田園風景の中で津軽弁で話が進んでいくから、どこか地に足がついている感じもする。

そういえば、この前の「食わず嫌い」でちょうど松ケンと麻生久美子が出てたんですが、松ケンがちょっと訛ってて、でもフツーの子って感じでかわいかった!彼は演技してる時と、全然違いますね。麻生さんは、意外に面白い人でした。最近、大活躍だなぁ。松ケンも、この後は『カムイ外伝』が待ってますね~。こちらも楽しみだ。

☆公式サイトはコチラ



なんちゅーか、ね、ウルトラミラクル、でしょ・・・

こちらのユーロスペースというところで、7月に
『横浜聡子まつり』があるようです。

【2009/06/16 19:29】 URL | めがね #-[ 編集]
めがねくん、こんにちは!
何も知らずに見て、最初はマッタリ系の映画かな?と
思っていたら、そうではなく…あのラストは全然
予想できなかったよー。びっくり…!!でした。

ユーロスペース、すごいね。
横浜監督のデビュー作、『ジャーマン+雨』も
かなり個性的っぽい感じ。興味はあるなぁ。
【2009/06/17 12:34】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggyさん、こんばんは-。
なんだかミョーならぶすとーりーでしたねぇ。
解釈に悩むところもあったけど、個性派な味わいがよかったなって思います。
クマが出てきたのがとりあえず嬉しかったし。w
ARATAの出演も楽しみの一つだったのに、首から上がなかったのは寂しかった・・・。
【2009/06/22 21:36】 URL | かえる #-[ 編集]
かえるさん、こんにちは。
そうなんですよね。
何だかミョー…で、よく分からない部分もあるんですが、
あの勢いとか、エネルギッシュさとか、時間が経つほど
気になってくるんですよね。

そうそう。
ARATAは重要な役だけど、あれだと分かりませんよね(笑)
私はキャスティングを知らずに見ていて、後で知って
え、そうだったの?って感じでした。
クマは可愛かったです。
何だかんだ言って、もう一回見てみたいような気も…。
【2009/06/23 12:54】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


農業。脳/業。 陽人は、『ポンヌフの恋人』、『汚れた血』のドニ・ラヴァンのイメージなんだって。なるほど。 青森で農業にたずさわって暮らす25歳の陽人は、東京からやって来た保育士の町子に恋をする。キャベツ畑に埋まっている松ケンの姿がへんてこラブリーでイン かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2009/06/22 21:36】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。