上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

soredemokoisuru.jpg

監督:ウディ・アレン
キャスト:スカーレット・ヨハンソン ペネロペ・クルス ハビエル・バルデム パトリシア・クラークソン ケヴィン・ダン レベッカ・ホール クリス・メッシーナ
2008 スペイン アメリカ

■Story

親友同士のヴィッキーとクリスティーナは、アメリカから離れスペイン・バルセロナでひと夏を過ごす事に。ヴィッキーは慎重派で婚約者がおり、クリスティーナは自由奔放と、全く性格の違う二人。ある晩、二人がレストランで食事をしているところに、スペイン人画家フアンが彼女達に声をかけ、オビエドへの小旅行へと誘う。誘いに乗り気なクリスティーナと、断固反対するヴィッキーだったが…

■Review

うーん。残念ながらハマれず。
でも、ペネロペがかわいいから、いいか~。

昔、ウディ・アレンの『ハンナとその姉妹』を見て、全然ピンとこなくて途中で投げ出してから、彼の作品は避けて通ってきてしまった。なので、これが超久々のアレン作品なんだけれど、やっぱりピンと来ず…。単に、私の好みじゃないってことかな。何十年後かに観たら、また印象が変わるのかもしれないけど。

バルセロナの街の景色が思ったほど映らなくて、ちょっと残念。たまに映し出されるのは、名の知れたガウディ建築や旧市街など有名な観光名所ばかり。初めてスペインにやってきたアメリカ人女性が主役なんだから、これはこれでいいんだけどね。ただ、この作品を見た後に、バルセロナに行きたい!という気分にはならないんだよな~。

でも、キャストは良かったです。
ハビエルは最近不気味な役が多かったけど、伊達男の面目躍如?ちょーっと情けない男だけど。スカーレット・ヨハンソンは、普通に可愛いです。登場人物の中では、クリスティーナの心情が一番理解できるような気がする。ハビエルと彼の元妻マリア・エレナと3人で暮らす所は、面白かったな。で、そのマリア・エレナを演じたペネロペが、強烈です。メインキャラの中では一番出演シーンが少ないのに、すっごい存在感。スペイン語で口汚く罵っていても、魅力的に見えちゃうんだよねぇ。チョイ役だけどパトリシア・クラークソンも出てたし、キャスティングは絶妙でした。

☆公式サイトはコチラ



この映画は飛行機の中で見たよ。吹き替えがイマイチだったせいもあるけど、私もなんだかあまりハマれなかった。ファンみたいな男が私は嫌いだからかもしれないわ~。
じゃあまた遊びに来るね。
【2009/07/18 12:45】 URL | チチャ #mQop/nM.[ 編集]
チチャさん
コメントありがとう~。
吹き替えって、日本語吹き替え?
フアンが典型的なラテン男みたいな描き方されてたけど
(しかもハビエルは似合ってたけど)、スペイン人が皆あんなに
ストレートに口説くってことは、さすがにないよね??
あまり考えず、気楽に見る分にはいいのかなぁ、という感じ。


【2009/07/21 12:49】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。