上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崖の上のポニョ [DVD]


監督・脚本:宮崎駿
2008 日本

■Story

崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、ある日、家出したさかなの子・ポニョに出会う。ジャムの瓶から抜け出せなくなっていた所を宗介に助けられたポニョは、宗介の事が好きになってしまう。魔法使いの父親・フジモトによって海に連れ戻されたポニョは、再び宗介に会うために人間の世界を目指すが…

■Review

ようやく観ました。
意外に楽しかった!!です。

お話自体はすごくシンプルなんだけど、ポニョ達の生きる世界の表現がいいな~。
魔法が使える女の子ポニョ(魚だったりカエルになったり)や、母なる海そのものであるポニョの母、元人間の魔法使いフジモトだって「ちょっと不思議な存在」くらいの感じで、普通の港町にさほど違和感なく溶け込んでるところが素敵だなぁと。あ、トトロとかもそうか。アンデルセンの人魚姫は悲しいところが好きですが、こんなにまっすぐで、幸福感に満ちた人魚姫もいいんじゃないか、って思う。

一番感動したのは、あの、ぐわーっとした波の動き!
言葉にするのは難しいけれど、本当に生き物みたい…!!
全体的には絵本のような優しいタッチなのに、あの表現は斬新だなぁ。監督が自由な発想で好きに作ってる感じがして、ワクワクしちゃった。水に沈んだ町も、古代魚がゆったり泳いでいたりして、ロマンが感じられる所が好き。

ポニョも宗介もまっすぐでかわいいんだけど、個人的にはフジモトがお気に入り。
娘には嫌われちゃってるけど、この人ってなんか憎めない。海の女神であるグランマンマーレとラヴな所もかわいいし。ていうか、愛する某吉井さんにソックリなので(というのが公開当時ファンの間で話題になり、本人も認めるところ)、余計に愛おしさが増しちゃうんだな(…って、どうでもいい話)。

ポニョがあんまりおいしそうにするので、私もホットミルクを飲みながらの鑑賞でした。
宮崎作品って、ご飯を食べるシーンが格別においしそうに見えるんだよね。

☆公式サイトはコチラ



私もこないだ見た~。
最初のほうのちっちゃいポニョがバケツの中でぽかっと浮いてるところが、うちの子の寝てる姿と重なって見えた。ちょうどうちの子、ピンクのパジャマ着てるし(親ばかかな)。
【2009/09/26 14:28】 URL | チチャ #mQop/nM.[ 編集]
>チチャさんへ
お。見た?
母親ならではの感想だねぇ。
ポニョって、まるっきり小さな子供だもんね~。
人間の姿になってからも見た目より幼くって、赤ちゃんに近いかも。

ヒメちゃんも、女の子だからね!
日々すくすく成長してるみたいだけど、ポニョみたいに元気に
まっすぐ育って欲しいね~。
【2009/09/27 19:36】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。