上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

claraschman.jpg

監督:ヘルマ・サンダース=ブラームス
キャスト:マルティナ・ゲデック パスカル・グレゴリー マリック・ジディ
2008 ドイツ フランス ハンガリー

■Story

コンサートを終え、拍手喝采を浴びるシューマン夫妻。そこへ声をかけた一人の若い男がヨハネス・ブラームスだった。港の薄暗い居酒屋でブラームスの演奏を聞きいたクララは、彼の才能を見抜く。後日、シューマン夫妻の新居を訪ねたブラームスは、彼らの家に居候することになり…

■Review

シューマンとブラームス、二人の巨匠の名曲を堪能。
監督は、ブラームス家の末裔なんですって。

ロベルト・シューマンの妻クララを演じるのは、『善き人のためのソナタ』のマルティナ・ゲデック。
自由奔放で子供のように無邪気かと思えば、病んでいくロベルトを献身的に支え、4人の子供を育てあげた芯の強い人。史実がどうとかは知らないのだけれど、この作品の中では生気溢れる魅力的な女性として描かれていて、ロベルトとヨハネス、二人の天才に愛されたというのも頷ける。しかも、自身も音楽家だっていうところがまた素敵。周囲の反対を押し切って、男性ばかりのオケを前にタクトをふる姿は大層カッコよかった。

ただ、ピアノの演奏シーンはちょっと違和感が。プロが演奏している手をアップにするのではなくて、マルティナ自身が演じていて、さぞかし大変だったろうな~とは思うのだけれど、吹き替えの演奏と微妙にズレてたような…。他にも、編集がブツ切りっぽく感じる所があって、話の流れがちょっと分かりにくいシーンもいくつか。

病を患っているロベルトに関しては、音楽家らしい繊細で神経質な雰囲気が良いのだけれど、その一方で、自由を愛しクララを純粋に慕うヨハネスが、すっごくキュート!そんな二人の天才が、初めて互いに心を通わせるシーンがお気に入り。ヨハネスのピアノ演奏にあわせて、無意識の内に手が動いたといった感じのロベルト。言葉を必要としない、二人の静かな演奏シーンが印象的でした。

クラシックは(好きだけど)疎い私が、一番耳馴染みがあったのは「ハンガリー舞曲」。
最後のブラームスのピアノ協奏曲も良かった~。
久しぶりに、生オケを聴きに行きたい気分になりました。

☆公式サイトはコチラ

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。