上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cadelacrecord.jpg

監督・脚本:ダーネル・マーティン
キャスト:エイドリアン・ブロディ ジェフリー・ライト ビヨンセ・ノウルズ ガブリエル・ユニオン コロンバス・ショート モス・デフ  
2008 アメリカ

■Story

1947年のシカゴ。小さなバーのオーナーであるレナード・チェス(エイドリアン・ブロディ)は、レコードビジネスのブームに乗ろうと、天才ギタリストのマディ・ウォーターズ(ジェフリー・ライト)とハーモニカ奏者リトル・ウォルター(コロンバス・ショート)を雇う。白人でありながら人種的な偏見を持たなかったチェスは、彼らの才能に惚れ込み、積極的にレコードを売り出すことで成功を収めていく…

■Review

副題、長すぎ…!
最近たまたま続けて音楽モノを鑑賞したけれど、これが一番好きかも。
って思うのは、やっぱり楽曲が好みだからかな。
ブルース、最高です!

チェス・レコードの設立からレナード・チェスの死まで、その時代に活躍したミュージシャン達を描いたお話。マディ・ウォーターズが中心人物として描かれてはいるけど、特定の人物について深く知るためのスタイルではなく、黒人音楽が白人のそれとは区別されていた時代、シカゴ・ブルースが築かれた時代の雰囲気を、音楽と共に堪能するという感じ。黒人ということで差別されたり、当然のように栄光と挫折はセットになっているのだけれど、先日の『エル・カンタンテ』みたいに見ていてしんどいという事はなくて、人生の苦しみや哀しみ、不条理さの中から生まれた彼らの魂の音楽に、ただ心が震えるばかり。

実際の彼らのことをほとんど知らなかったので、先入観なく作品に入り込めたのも良かったのかも。予告編でも流れてたけど、ストーンズのバンド名がマディ・ウォーターズの曲にちなんで付けられたもの、ってだけでもスゴイ。しかも、彼らのデビュー曲はチャック・ベリーのカバー曲なんですね。これを聞いただけでも、ここからロックが生まれていったんだな~って気がする。

それにしても、ジェフリー・ライトの演じるマディ・ウォーターズの渋いこと!!
話題的にはビヨンセが目玉だと思うけど、ジェフリーの渋さにノックアウトでした。レナード・チェスを演じたエイドリアン・ブロディもハマっていて、今まで見た彼の役では一番セクシーかもしれない。彼って全然イケメンじゃないけど、妙に気になる顔なんだよね。最初、レナードの役はマット・ディロンに…という話があったみたいだけど、エイドリアンで良かったなーと思う。

☆公式サイトはコチラ

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。