上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エイプリルの七面鳥

監督・脚本: ピータ・ヘッジズ
キャスト:ケイティ・ホームズ パトリシア・クラークソン デレク・ルーク アリソン・ピル ジョン・ギャラガー・ジュニア アリス・ドルモンド オリバー・ブラッド
2003 アメリカ 

■Story

感謝祭の朝、NYのアパートで恋人と暮らすエイプリル(ケイティ・ホームズ)は、早朝から恋人のボビー(デレク・ルーク)に起こされる。今日はエイプリルの家族が、彼女に会いにやってくる日。母親(パトリシア・クラークソン)と仲が悪くて長年家に帰っていなかったエイプリルだが、ガンで余命いくばくもない母親のために、彼女の大好きな七面鳥のローストを作ろうと奮闘する。でも、肝心のオーブンに火がつかない!オーブンを貸してくれる人を探すため、アパート中のドアをたたくエイプリルだが…

■Review

ほとんど予備知識無く観たため、タイトルから連想されるストーリーと違った感じで話が進んでいき、どんな結末になるんだろう?と自然にのめり込んでいきました。最期はホロリとくる、観終わった後に不思議な爽やかさの残るお話です。いい意味で裏切られましたね。

エイプリルの母親であるジョーイのキャラクターが、とてもいい!
感情的で気まぐれなんだけど、常にユーモアがあって、内には痛みや悩みを秘めているジョーイ。そんな複雑な人物を演じる、パトリシア・クラークソンの演技が絶妙です。
娘のエイプリルに対しても結構酷い事をポンポン言うんだけど、どこか憎めない。

エイプリルは要領が悪くてちょとおバカな所があるけれど、実は健気で可愛いですよね。七面鳥を焼くためのオーブンを貸してくれる人を必死に探す姿は、素直に応援したくなります。
この母娘って、ちょっと似たところがあるんじゃないのかな。どちらも気が強くて、お互いに反発しあってるみたい。

妹のベスもキャラが立ってますね。どちらかと言えばちょっとうっとおしい優等生タイプの子で、私は姉さんとは違うのよ、と良い子の自分を主張する。でも、あまりにもそれが分かりやすいので、逆に可愛かったです。この妹役を演じるアリソン・ピル、どこかで見た顔だと思っていたら…『ディア・ウェンディ』で文房具屋の娘を演じていた子なんですね。この顔にこの表情、好きだなぁ。

アパートの住人達を含めて、その他の登場人物も皆個性があっていいです(^^♪
最初の方は特にコメディ色が強くて、しかもクセのあるキャラばかりなので、父親と恋人のボビーがものすごくまともな人間に思えました(笑)ボビーは思いやりがあっていい奴だし、父親も奥さんを愛してる事がヒシヒシ伝わってきます。途中で車から降りて、やっぱり行かない、と言い出したジョーイを説得する場面はジ~ンときますね。

最期はハッピーエンドなんだけど、割とアッサリしてる所が気に入ってます。
全体的に、セリフで全部説明しようとしないで、表情や仕草で表現しようとしてる所が◎

☆公式サイトはコチラ

















管理者にだけ表示を許可する


笑って泣いてまた笑って。 本日の映画は『エイプリルの七面鳥』。ジャケ写とタイトルが醸し出すイマイチ感から正直あまり期待せずに鑑賞してみたのですが、意外や意外、なかなか面白い作品でビックリしました。久々の掘り出し物ですね。余計な演出が一切無く80分とコンパク 毎日が映画日和【2006/08/08 08:23】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。