上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

piratesrock.jpg

監督・脚本:リチャード・カーティス
キャスト:フィリップ・シーモア・ホフマン ビル・ナイ リス・エヴァンス ケネス・ブラナー ニック・フロスト トム・スターリッジ クリス・オダウド キャサリン・パーキンソン リス・ダービー ウィル・アダムスデール トム・ウィズダム トム・ブルック アイク・ハミルトン ラルフ・ブラウン タルラ・ライリー
2009 イギリス

■Story

1966年、イギリスのポップミュージックが一大ブームを迎える中、BBCラジオはポップミュージックの放送時間を一日45分だけに制限していた。そんな中、一日中ポップやロックを流し続ける海賊ラジオ局が存在し、国民の人気を集めていた。高校を退学させられたカールは、名付け親クエンティンのいる海賊ラジオ局の船に預けられるが…

■Review

うん、楽しかった!
ロックと愛にかける、オジサン達の青春。
ビル・ナイってばカッコイイなぁ~。

フィリップ・シーモア・ホフマン演じる、通称"伯爵"は案外普通の人で、JBみたいに弾けた感じじゃなかったけれど、それもまた良し。ヒゲ面もチャーミングだし、何より声がセクシーなのよね。いかにも繊細そうな若者・カールもいい感じだし、何故か大モテのデイヴとか、ロッカーなギャヴィン(ナポレオンジャケットが似合う!)とか、個性的なDJ達がそれぞれ魅力的。中でも、ビル・ナイ演じるオーナーのクエンティンが猛烈にカッコイイ~!スーツ着て歩いてるだけで、サマになるんだよねぇ。

結婚式がラジオ中継されちゃうなんて素敵~と思ったけど、一転して切ないオチが。お人好しのサイモンを利用したエレノアの行為って結構エグイと思うんだけど、熱狂的なファンの中にはそういう人もいそうだなぁと思ったり。彼のために親身になってあげるクルー達が優しいなぁ。失恋したカールをクッキーで慰めるところも、微笑ましかった。

途中で音楽に合わせてダンスが入るショットがいくつかあって、これがミュージカルだったらそれもまた楽しそう~って思ったのだけれど。こういう動きのある場面が、もっとたくさんあっても良かったかも。でもその代わりというか、ラジオを聴きながら踊ったり楽しんでる人達のショットがいくつも挿入されて、ワクワク感を盛り上げてくれる。

ストーリーは突出した部分がないかもだけど、キャラクターが皆生き生きしてるのがいい。大臣はとことん嫌な奴なのに、マンガの適役っぽくて憎めないし(笑)最後の展開はお約束だけど、それでも楽しめちゃう。もちろん、音楽や衣装も素晴らしい~。60年代の衣装がどれも可愛くて、観終わってから、久しぶりに古着屋さんに行きたくなっちゃった。

☆公式サイトはコチラ

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。