上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連日、ハイチのニュースが気になります。
ずいぶん前、三重県の四日市美術館でひっそりと開催されていたハイチの絵画展。
そこで初めて目にしたハイチの絵画は幻想的で、自由で、すこぶる魅力的でした。

この絵のタイトルは「ラブ・ツリー」
haiti2.jpg

「妖精のいる風景」
haiti1.jpg

「狼の子を連れて散歩するライオンのカップル」
haiti3.jpg

手元の図録からお気に入りをスキャンしてみたものの、ぼやけてしまった…。
本物の絵画は、もっとずっと鮮やかで、生命力に溢れてて、それはもう美しいの。

図録の日付を見たら、平成7年。
15年前と言えば、ちょうど日本で阪神大震災が起きた年だ。
この先ハイチが復興していくには、もっとたくさんの歳月がかかるかもしれない。倒壊した家や学校などを修復するだけじゃなくて、それ以外にも問題が山積みなのだから。それでも、あまり遠くない未来に、被災国とか最貧国なんて哀しい言葉じゃなくて、美しいアートの生まれる国として語られることが多くなればいいな、と思う。



お久しぶり~。

こんな絵画展やってたんだね。
なかなか良い絵だ。
四日市美術館は結構面白い展示をするよね。

私は大学時代にハイチの写真展に行ったんだけど、
なぜかその時の写真展のことはよく思い出すから、
ハイチのニュースがとっても気になってるよ。
【2010/01/26 21:04】 URL | えりりん #-[ 編集]
>えりりん♪

ごぶさた!
四日市美術館はその時しか行ったことないんだけど、
他にも面白いのやってるんだね。
ちょーっと遠いけど、時々チェックしてみよう。

この絵たち、かわいいでしょ?
他にも、素敵なのがたくさん。
今まで日本で行った絵画展の中では、個人的に
ベストに入るくらい印象的だったよ。
(でも美術館はガラガラだった・・・もったいない~)
写真展っていうのが、えりりんらしい。

少しでも早く復興してくれるのを祈るばかり。
ただ、災害に便乗した犯罪や搾取が、あまり起きないと
いいのだけれど…。
【2010/01/27 12:39】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。