上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rudoycursi2.jpg

監督:カルロス・キュアロン
キャスト:ガエル・ガルシア・ベルナル ディエゴ・ルナ ギジェルモ・フランチェラ ドロレス・エレディア アドリアナ・パス
2008 メキシコ

■Story

メキシコの方田舎のバナナ農園で働く二人の兄弟。兄のベト(ディエゴ・ルナ)には妻子がいるが、ギャンブル狂で大のサッカー好き。弟のタト(ガエル・ガルシア・ベルナル)は優秀なストライカーだが、本当は音楽で成功することを夢見ている。ある日、草サッカーの試合をしている彼らの所に、バトゥータというスカウトマンが現れ…

■Review

楽しかった~!
Asi es la vida. これでいいのだ。

サッカー選手として成功したその先の展開は読めちゃうし、あと二転三転あるとよかったなぁと思うけど、あのノーテンキさが愛おしいの。何気ない景色や会話がリアルなあたり、やっぱりメキシコ人スタッフ&キャストで作るメキシコ映画はいいな~、って再認識。ルドにギャンブルを勧めた男の成金ぽい胡散臭さとか、クルシの彼女のいっそ気持ちいいくらいの軽薄さなんて、いかにもありがち。ルドがメキシコシティのバスターミナルに降りたった時のダサさ加減も、妙にツボ。

それにしても、ガエルもディエゴもいい年だっていうのに、未だにやんちゃしててもあんまり違和感ないなぁ。二人の共演は、天国の口…以来なんだよね。おバカなガエル君の歌がかわい過ぎる。あのPV、もしやituneで落とせないかと思って見てたら、(やっぱりPVは無かったけど)podcastで二人のインタビューを発見。相変わらず仲良さそう。

今回の作品は、ギジェルモ・デル・トロ、アルフォンソ・キュアロン、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの御馴染みスリーアミーゴスが立ち上げた制作会社Cha-Cha-Chaの第1弾作品。アルフォンスの弟であるカルロス監督は、今回が本格的な初監督作だそうなので、今後に期待といったところ。エンドクレジットには、ちゃんとCanana Film(ガエルとディエゴの製作会社)の名前もあったよー。こういった彼らの後押しで、世界的にはまだ無名なメキシコの監督や俳優の作品が、日本でもたくさん見られるようになると嬉しいな。

☆公式サイトはコチラ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。