上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝からショックなニュースが。。。
デニス・ホッパー氏のご冥福をお祈りいたします。
『トゥルー・ロマンス』の父親役が、半端無く恰好良かったです。

ところで、先日のカンヌ。
ハビエル・バルデムが男優賞をとりましたね~
イニャリトゥ監督作で、ハビエルが主演で、しかもバルセロナが舞台だなんて…っ!!
早く観たい、観たいよーー!
マチュー・アマルリックが監督賞を受賞したのも、すごい!!
これも、日本で一般公開してくれるといいな。

6月は、個人的には目玉の作品がないかも。
もっとも、本命はW杯なので、いずれにしてもあまり劇場には行けなさそう。


<公開日は名古屋基準>

※6/4~
マイ・ブラザー
『ある愛の風景』をジム・シェリダンがリメイク。
むしろ元ネタの方が観たかったのだけど、こちらも面白そう。


※6/5~
ブライト・スター いちばん美しい恋の詩
邦題が微妙だけど、英国詩人ジョン・キーツの物語とあって、言葉や映像の美しさに期待。
『ピアノ・レッスン』のジェーン・カンピオン監督作。


※6/12~
アウトレイジ
ヤクザ映画自体は得意じゃないんだけど、北野作品は割と好き。
加瀬君も出てるし、できれば観たいなぁ。

クレイジー・ハート
7月予定


気になるラテンアメリカ作品『闇の列車、光の旅』は、名古屋は7月から。
ヴィゴの『ザ・ロード』は8月ですか…待ち遠しい~。

<6.11訂正>
もっかい調べたら『クレイジーハート』は名古屋は7月下旬からでした。
6月は大人しくサッカー観てるかな。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。