上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

elsecretodelosojos.jpg

監督・脚本:フアン・ホセ・カンパネラ
キャスト:リカルド・ダリン ソレダ・ビジャミル パブロ・ラゴ ハビエル・ゴディーノ ギジェルモ・フランチェラ 
2009 スペイン アルゼンチン

■Story

刑事裁判所を定年退職したベンハミン(リカルド・ダリン)は、25年前に担当した未解決の殺人事件について、小説を書くことを思い立つ。当時のことを思い出しながら、元上司のイレーネ(ソレダ・ビジャミル)を訪ねるが…

■Review

珍しく、アルゼンチン映画が続いてます。
ミステリーなんだけど、推理そのものよりも人間ドラマが味わい深く。

本質的には重厚な作品だと思うのだけれど、いかにもラテ~ンなPiropo(男性が女性に対してかける褒め?言葉。実際は品がないのも多いけど)とか、Temo → Te Amo になっちゃうあたりとか、個人的には思わずクスリとしちゃう場面が多々あって、どこか気が抜けるというか、ハラハラドキドキ…っていう感じではなかったです。登場人物達にみんな生活臭があるのがイイ。主演のベンハミンだって犯人を追いつめる敏腕刑事(?)という設定なのに、ともすると普通のおっちゃんに見えてしまう。

味のある登場人物の中でも、酒浸りのパブロがいい!ちょっと間抜けで、酒浸りのどうしょうもない男なんだけど、ベンハミンは彼を見捨てられないんだよね。半分足手まといのようだった彼が間際にとった行動には、グッときてしまった。それにしても、この人(ギジェルモ・フランチェラ)が『ルドandクルシ』のスカウトマンだなんて、全然気付かなかった~。

☆公式サイトはコチラ

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。