上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DEATH NOTE デスノート the Last name

監督:金子修介
キャスト: 藤原竜也 松山ケンイチ 戸田恵梨香 片瀬那奈 マギー 上原さくら 藤村俊二 鹿賀丈史
2006 日本

■Story

デスノート2部作の後編。
キラ対策捜査本部に参加を果たした月(藤原竜也)。ついに宿敵L(松山ケンイチ)との全面対決が始まる。一方、第2のキラと名乗る人物が現れ、世間を騒がしていた…。

■Review

先日ようやく前編を鑑賞して、ソッコーで後編を観に劇場に行って参りました♪
前編はノートの使い方やキャラの紹介的な要素が多かったのに比べ、後編は月対Lの直接対決など見所が多く、主要キャラについてはもうちょっと掘り下げて描かれているので、こちらの方がより楽しめました。

衝撃のラスト!…ってことはなかったですが、全体として上手くまとめてるなぁと思いました。少年誌の漫画が原作(しかも死神とか非現実的な設定で)の映画化作品としては、なかなかの出来なのでは。ちなみに、一緒に見に行った夫は原作未読なんですが、それでも十分楽しめたみたいです。

Lの甘党っぷりが、相変わらず素敵です。
後編は和菓子が多くて、ういろう(?)をくわえてる姿とかかわいかった(笑)。
藤原竜也の月はイメージとしては違うんですが、やっぱり演技は上手いですね…。

※以下、ネタバレなので一応伏せます。

最終的な結末は原作通りですけど、そこまでの過程とか役回りなんかはかなり違いますね。一番決定的なのは、(ニア・メロ編が飛ばされたことによって)Lが月に勝利した!という形になっていること。Lファンな私としては、個人的には嬉しかったです。

あと主な変更点で気になったのは、夜神父が「月がキラである」という事実を知った、という点。…これって、父親としては本当はすごく重いことだと思うんですよね。原作では、夜神父は月を信じたまま逝ったことになっているので…。パパ的にはちょっとかわいそうでした。


関係ないけど、キラ対策室で使ってた電話、Amadanaアマダナでしたね。ああいう部屋にはそぐわないというか、意外な感じがしましたけど、やっぱりかわいい♪あ~、欲しいぞっと。

☆公式サイトはコチラ



こんにちは♪
後編はなかなか見応えがありましたよね~。
そうそう、原作では月のパパは真実を知らなかったので幸せだったかも。
わが息子がキラだったなんて信じられなかったろうな~。
あのときの月の狂気に満ちた様子も良かったですね。
でも、なんといっても功労者は松山ケンイチくんでしょう~。
【2006/11/07 20:09】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんばんは。
松山ケンイチのLは、ほんとアタリでした。
Lが原作とは全然違うイメージだったら、ここまで成功してないんじゃないかな~と思います。映画の興行がよければドラマ化の案があるって噂も耳にしたんですが(信憑性は??)、もし万一そうなったら、少なくともL役は彼に続投して欲しいです。
【2006/11/07 20:40】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


CAST:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香 他STORY:死神リュークのデスノートを手にし、密かに犯罪者などを死に追いやっていた夜神月(藤原竜也)。世間ではそれが「キラ」がやった事として騒然となっていた。そんなある日、アイドルあまねミサ(戸田恵梨香)の **Sweet* Days【2006/11/07 13:39】
映画館にて「DEATH NOTE デスノート the Last name」大人気コミックの映画化第2作。第一作のラストから続くような始まり方、そしてデスノートにまつわる決まり事を“How to use it”として説明してくれるのでとても親切な導入部分だった。人物紹介、ノートの使い方の説明に ミチの雑記帳【2006/11/07 20:07】
映画deathnoteデスノート感想です。 発言者:→宵里、→春女、です。 kasumidokiの日記【2008/02/11 18:10】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。