上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラダを着た悪魔 (特別編)

監督:デビッド・フランケル
衣装:パトリシア・フィールド
キャスト: アン・ハサウェイ メリル・ストリープ スタンリー・トゥッチ エミリー・ブラント サイモン・ベイカー エイドリアン・グレニアー
2006 アメリカ

■Story

大学を卒業し、ジャーナリストを目指してニューヨークにやってきたアンディ(アン・ハサウェイ)。おしゃれに全く興味のない彼女が偶然手に入れた仕事は、有名ファッション誌「ランウェイ」の編集長ミランダ(メリル・ストリープ)のアシスタントだった。一見世界中の女の子の憧れの仕事、でも実は悪魔のような編集長ミランダに無理難題な雑用ばかりを押し付けられる、超ハードなポストだった…

■Review

ようやく、ようやく…!クリスマス前に滑り込みで観て来ました。
他の方のレビューを拝見していたら皆さん割に評価が高かったんですが、納得。
なかなかに楽しい2時間でした♪

非常にテンポよく、爽快な作品です。
特にオープニングなんて、気持ちよかった。

メリル・ストリープが、さすがの貫禄です。
演技が上手いのは十二分に分かってるんですが、コメディでも案外ハマりますね。
一番印象に残っているシーンは、パリのホテルの部屋でノーメイクにバスローブ姿の彼女が、アンディ相手に私生活を語るともなしに語るところ。ここは、グッときましたね。

雑誌でパトリシア・フィールドのインタビュー記事を読んだんですが、本当は素足にパンプスがベストなのに、メリル・ストリープは自分の足を大画面で映すほうが観客に悪い、と頑としてストッキングを履くことだけは譲らなかったそうです。
その話はちょっと笑えるけど、今回のメリルはカッコよかった!

ヒロイン役のアン・ハサウェイは確かにキュートだけど、『ブロークバック・マウンテン』の時の方がさりげなくカッコよくて好きでした。キャラクターとしても、アンディよりもむしろ、先輩役のエミリーの方が出番が少ない割にはキャラがたってるような気がしちゃったなぁ。

ミランダはちょっとやりすぎな所もあるけれど、彼女の言うことには一理ある。
でも、アンディの言い分もエミリーの気持ちも分かる。
社会に出て働いた経験のある女性なら、誰かの立場で何かしら共感できる部分があるはず。とりあえず自分への反省点としては「仕方ない」という言葉はむやみに使うもんじゃないな、と改めて思いました。

作品中の男性では、スタンリー・トゥッチ演じるナイジェルが一番光ってましたが、個人的には、アンディのちょっと冴えない彼・ネイトが結構好きだったりします。
先に鑑賞していた友人に「アンタはアンディの彼氏が絶対に気に入ると思う!」と断言されたんですが…確かに(笑)。なんかセリフとか行動が、いちいちかわいいいんですよね~、この人。ちょっとダサくて(失礼)、濃い顔で、職業がシェフという辺りも私のツボです。ネイトの作るチーズトーストがすっごくおいしそうで、食べたかった~!めっちゃカロリー高そうですけど。

☆この作品の公式サイトはコチラ



こんにちは♪
メリークリスマスです~♪♪
TBありがとうございました。
>アンディのちょっと冴えない彼・ネイトが結構好きだったりします
こういう意見は初めて拝見したかも~(笑)
アンディの成長物語なのですが、やっぱりミランダの存在感が大きかったと思います。
そしてエミリーもキャラ立ちしていると感じました。
彼女があの世界で歯を食いしばって頑張っている姿は感動的ですらありましたよね。
【2006/12/24 23:05】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんばんは!
TB&コメントありがとうございます。
本当にどこを見ても、アンディの彼氏は人気ないですねぇ(苦笑)。
それも分かるような気はするんですが。
エミリーはキャラがたってて良かったですね。
アンディは普通にいい子だと思いますが、むしろ、思わずエミリーを応援したくなっちゃいました。
【2006/12/24 23:30】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
おお~、ご覧になれたんですね!
T/Bに気がつくのが遅れてしまって、 Nyaggyさんにメリー・クリスマスが言えなかったっ(汗)

そうですか、ネイトがお気に入りでしたか! 
お料理のできる男性ってステキですよね~っ♪
ハイジの白パンみたいに、映画の料理って、ムチャクチャ美味しそうに見えませんかぁ(笑)
メリルのストッキングの話は、面白いですねぇ~。
わたしはナイジェルに、コーディネートして欲しいです!
「ふんっ。4号着れるようになったら、いらっしゃい」って、言われたい(爆)
ああっ!そりゃ永遠に無理やねっ。
【2006/12/26 22:04】 URL | Carolita #-[ 編集]
Caroli-taさん、こんばんは♪
いやぁ、本気でネイトは世間で不評みたいですね…。
そうそう、映画のお料理っておいしそうに見えますよね!
例えストーリーは忘れても、料理がおいしそうだった!ってことだけ覚えてるパターン、よくあります(私だけ?)。
十分スレンダーに見えるアンディが太い太い言われる業界って、すごいですよね。私の場合、全体的に小スケールなので、とりあえずはかなりの丈つめが必須…!
【2006/12/26 23:31】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
家庭のことまで無茶な用件つきつけられるのはアンディが気の毒でしたけど
仕事上でのミランダの言動は確かに納得できますよね。
セリフとかすごく共感できました。
社会に出て働くってことは厳しいんですもの。

これはもう楽しくて元気になれるお気に入りの作品となりました。
【2006/12/30 23:35】 URL | ジュン #6ZS2/17k[ 編集]
ジュンさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。
公私混同過ぎる所はいただけないですけど、仕事でのポリシーというか、一本筋が通っている所が好感持てました。一つの仕事をつきつめてプロでいるということは、大変なことですものね。
ビジュアル的にもとにかく楽しめて、元気になれる作品ですよね♪
【2006/12/31 21:02】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


CAST:アン・ハサウェイ、メリル・ストリープ 他STORY:大学を卒業してジャーナリストを夢見るアンディ(アン・ハサウェイ)は、超一流ファッション誌、「ランウェイ」の面接を受ける。ファッションに全く興味のないアンディだが採用され、業界でも有名な手厳しいミラ Sweet* Days【2006/12/24 22:40】
映画館にて「プラダを着た悪魔」ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説の映画化。アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを目指してNYにやってきた。オシャレに関心のない彼女は畑違いの一流ファッション誌“RUNWAY”の面接を受けて、なぜか採用になって ミチの雑記帳【2006/12/24 23:02】
先日からのFC2のトラブルでは、あんなにたくさんの皆さまが励ましのお言葉をかけて下さって、しょんぼりしていた気分も一気に晴れました。本当に本当に感激です。 ありがとうございました!記事は消えてしまって Caroli-ta Cafe【2006/12/26 22:07】
【THE DEVIL WEARS PRADA】2006年/アメリカ 監督:デヴィッド・フランケル   出演:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ入院中暇な時間が多かったので懸賞のハガキ書 BLACK&WHITE【2007/01/06 22:05】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。