上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・ミス・サンシャイン

監督: ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス
キャスト: グレッグ・キニア トニ・コレット スティーヴ・カレル アラン・アーキン ポール・ダノ アビゲイル・ブレスリン
2006 アメリカ

■Story

ミスコンで優勝することを夢見る少女オリーブ(アビゲイル・ブレスリン)。そんな彼女が"リトル・ミス・サンシャイン"美少女コンテストの全国大会に、繰上げ出場できることに!オリーブは、彼女の家族…独自の成功論をふりかざす父親(グレッグ・キニア)、一家を支える母親(トニ・コレット)、ヘロイン中毒の祖父(アラン・アーキン)、ゲイで自殺未遂を図ったフランク(スティーヴ・カレル)に、沈黙を続ける長男ドウェーン(ポール・ダノ)…らと一緒に、美少女コンテストに出場するため、一家総出でオンボロ車でカリフォルニアを目指すのだが…!?

■Review

2007年初劇場鑑賞作品です。『麦の穂をゆらす風』も観たかったのですが、気分的にのんびりしたかったので、こちらを選択。

で、かなり面白かったです!もう一回見たいなぁ…。
家族の繋がりを主眼に置いていて、あったかい気持ちにさせてくれるんですが、それでいて痛快。観終わってからも、後からジワジワきそうな感じですね。

え~と、美少女コンテストって見たことないけど、あんな感じなんでしょうか??
だとしたら、ちょっとコワイ(笑)会場から逃げ出したドウェーンとフランクの気持ちが分かるなぁ。でもああいうのって、本人よりもむしろ、周りの親達が変に盛りがっちゃうんだろうなぁという気がします(もちろん本人達も真剣なんでしょうけど)。日本でも、テレビの子役のオーディションとかって親達の入れ込み方が半端じゃないと聞くので、そういう意味ではどこも一緒なんでしょうね。

家族全員キャラがたってて、それぞれに愛しいです。
勝ち組理論を振りかざす父親でさえも、最初はうっとおしく思ったけれど、だんだんと愛しくなってきます。気丈で家族思いの母親に、豪快なお爺ちゃん、不幸続きの叔父フランク、人とのコミュニケーションが上手くとれない長男ドウェーンに、前向きで素直な妹オリーブ…。
でも、実はドウェーンも、本当は妹思いな所が素敵!
ドウェーンと、叔父フランクのやりとりもいいですね。

※以下、かなりのネタバレを含むので伏せてあります。

まさか途中でお爺ちゃんが亡くなってしまうとは思わなくて、父親と医者が話していても「実は後から息を吹き返すとか、人違いだったなんてオチじゃないの??」なんて考えてたので、悲しむヒマがありませんでした。最初はただのエロ爺さんかと思ったけど、時々すごくいい事言うんですよね…。

最後のダンスの振り付けは、ある程度予想がついてたけど、やっぱりか~という感じ(笑)
うん、それでこそエロ爺さん!潔くていいです。


母親役のトニ・コレットがGG賞にノミネートされましたが、私のイチオシは何と言っても息子役のポール・ダノ。ニーチェに傾倒して沈黙の誓いを立てている少年役で、前半は全くセリフがないのですが、メモ書きの文字と表情、ジェスチャーだけでとても存在感があるんですよね。髪型とか、大きな鼻とか、ビジュアル的なことも含めて、かなりハマってしまいました。

先日観た『キング 罪の王』でも兄役を演じてましたが、こちらは全く異なる優等生タイプ。
個人的に、これから先の出演作もチェックしたい俳優さんです。

☆公式サイトはコチラ



明けましておめでとうございます!
おお~!Nyaggyさんもご覧になったのですね~。いいなぁ!
この映画、他のブログ友さんもお正月に行かれたそうですっ。
やっぱりお正月はみんな和みたいのかな・・・っ。

面白かったんですね~っ。そうですか、ニーチェの息子。
予告を見て、すごく気になる存在だったんですよ!
あと、グレッグ・キニアはどうでしたか? いつもはヘナチョコ二枚目が多いですが、開き直ってる感じが結構好きなんです。

昨年はNyaggyさんとお友達になれて、とても楽しい一年になりました。お互いに家事に仕事にブログに忙しいですが、ボチボチ励みましょう!
これからもラテン・ウオッチャーNyaggyさんの熱い記事を楽しみにしていますっ。本年もよろしくお願い致します!
【2007/01/06 20:41】 URL | Carolita #-[ 編集]
Caroli-taさん、あけましておめでとうございます。

いやぁ、ポール・ダノ最高でしたよ~。
グレッグ・ニキアも良かったです。
少々うっとおしくてヘタレなパパ役なんですが、これがまた似合ってましたね(←褒めてます)。

私こそ、Caroli-taさんとこうやってブログを通じてお友達になることができて、すごく嬉しいです♪ありがとうございました~。
ボチボチとがんばっていきますので、今年もよろしくお願いしますね。
【2007/01/07 20:44】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
こんばんは♪
今年一本目にこの作品を選ばれるなんて、なんだか新年からハッピーになったでしょうね!
6人家族がみんなキャラ立ちしていました。
しかも黄色いミニバスまでもがしっかりと存在感をアピール!
お兄ちゃんの変化が良かったですね~。
「大嫌いだ!」って筆談していたのに、心の底では家族を思っていたんですね。
『キング罪の王』は来月あたり公開されるのでまたチェックしてみますね!
【2007/01/16 22:21】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんにちは。
そうなんです。新年1本目で、気持ちのいいスタートでした♪
お兄ちゃんが、意外に家族思いだったのが良かったです。
でも前半の筆談部分も、面白かったですよね。
『キング 罪の王』は、これからなんですね。
ぜひぜひご覧になって下さい♪
【2007/01/17 12:45】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggy さぁ~ん、見てきましたよー!
ああ、もう一回観たいです。。。 なんでしょーっ、後からジワジワあったかくなりますねっ。 とにかくあの黄色いバスが良かった!

わたしは、ドウェーンのエピソードが一番ショックでした。
よく考えると、皆が抱えているものはかなり深刻な問題なんだけど、
それをあそこまで希望を見出す方向へまとめ上げたなぁと、
拍手したくなりましたよ!

あっ、Nyaggy さん気がつきました?
美少女コンテストで廊下に立つオリーヴの後ろを2人の少女が走っていく後姿があったんですけど、ひとりはあのジョン・ベネちゃんそっくりの白い衣装に髪形だったんですよね~!
ちょっとゾッとしちゃいましたよっ。
また見直したら、他にもいろいろ気がつくかもですねっ。


【2007/02/12 22:22】 URL | Carolita #-[ 編集]
Caroさん、こんばんは♪
私も、ぜひとももう一回見たいです~!
他にも見たいものが色々あるのでガマン(笑)しましたけど、そのまま続けてみても良かったくらいの勢いでした。

ドウェーンはかわいそうですよね。
せっかくがんばってたのに、突然知らされたアレはキツイなぁ、と…。最後に全てが上手く行く訳ではなくて、でも明るさを残している所がいいですね。

さすが、Caroさん!
ジョン・ベネちゃんには気づきませんでした…。
次に見たら、チェックしときますね。でも、ちょっとコワイ…!
【2007/02/13 22:19】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
あなたは、今のブログに満足していますか?

今の、ブログやホームページに1つアフィリエイトを追加してください!!  
収入は飛躍的に上がります!!

方法は簡単ですし、ノーリスク(むしろ社会に貢献できる)

1、下のURLよりホームページに入る。
2、中央上部のAコネクトバナーをクリックする。
3、パートナーサイトの詳細をクリックする。
4、無料登録する。
5、自分のページにもAコネクトのバナーを貼る。
                  以上です。
http://genndama10.web.fc2.com/index.htm

☆登録は簡単無料で実績もある会社
☆リアルタイムでクリック数なども分かる
☆紹介料800円しかも翌日振込みができる

こんな良い方法はないのではないでしょうか。
あなたもすぐに実行してください。

突然すみませんでした。では失礼します。
【2007/03/22 22:13】 URL | みこぴ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


映画館にて「リトル・ミス・サンシャイン」サンダンス映画祭などで絶賛を受けた家族再生のロードムービー。アリゾナに住むフーヴァー家は六人家族。“9ステップ成功論”を唱え、「人生の勝ち組になれ!」が口癖なのに、自分は全く勝ち組になれそうもないパパ(グレッグ・キ ミチの雑記帳【2007/01/16 22:17】
どうしても観ておきたかった、この一本。博多でのレイトショーは今週だけだったので、がんばって仕事帰りに行ってきました!それにしても、平日のレイトはガラガラですね~っ。今週は忙しかったけれど、これでスト Caroli-ta Cafe【2007/02/12 22:22】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。