上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション

監督: ケン・ローチ
キャスト:キリアン・マーフィー ポードリック・ディレーニー リーアム・カニンガム オーラ・フィッツジェラルド メアリー・オリオーダン メアリー・マーフィ
2006 アイルランド=イギリス=ドイツ=イタリア=スペイン

■Story

舞台は1920年のアイルランド。英国からの独立を目指して、若者を中心に義勇軍が結成される。医者を志していたダミアン(キリアン・マーフィー)も、ある出来事きっかけに義勇軍に身を投じ英国と闘うことを決意する。激しい抗争の末に、ようやく英国との条約締結にこぎつけるのだが…

■Review

年明けから仕事が忙しくてちょっとバテ気味だったのですが、ようやく劇場に足を運んで参りました。全部で50席くらいしかない(しかも前2列は座椅子)というミニシアターで観たのですが、大変な盛況で、通路にパイプ椅子を出して、あげくに立ち見まで出てビックリ。かなりせまい空間に人口密度がやたら高くて、異様に熱気のこもった中での鑑賞となりました。

戦争が題材の映画としては、惨いシーンの映像はさほど多くありません。むしろ、アイルランドの豊かな自然、色濃い緑の風景が強い印象を残しています。でも、その美しさの裏にあるのは、なんともやりきれない気持ちばかり…。途中何度も心臓をガッシリ掴まれた様な気分になりました。

戦争なんてどれも悲惨には違いないけれど、内戦というのはひときわ痛いような気がします。文字通り、昨日までの隣人に銃を向けなければならないような状況は、想像を絶しますよね…。

血のつながった兄弟でありながら、お互いの信念を貫いたばかりに違う道を歩むことになったテディとダミアン。この作品の中では、どちらかの立場に肩入れすることなく描いている所に好感が持てました。

『プルートで朝食を』でファンになったキリアン・マーフィは、こちらでも熱演。
目線で複雑な心情を表すのが、とても上手な役者さんだと思います。

決して明るい気分にはなりませんが、重厚で、哀しくて、美しい作品です。
お時間のある方は、ぜひご覧になることをオススメします。

☆公式サイトはコチラ 



こんばんは♪
たとえ50名しか入らないミニシアターであれ、満員の方がこの映画を見てくださった事は本当に嬉しいですね。
戦争って自分の方に正義があると信じて戦っているわけですが、傍から見るとどっちもどっち。
正しい戦いなんて無いと思います。
内戦は国を荒廃させるだけだと思うのですが・・・。
内容は重いですが、訴えるものは強かったです。
そしてあまり知らなかった歴史をも教えてもらいました。
【2007/01/16 22:30】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんにちは。
コメントありがとうございます♪
今までこの劇場でここまで混みあった経験がなかったので、ビックリでした・・・。もっと拡大放映してもよかったんじゃないかなーと思います。本当にズッシリと重い内容ですが、多くの人に見てもらいたい上質の作品ですよね。
アイルランドの歴史について、更に勉強してみたくなりました。ニール・ジョーダン監督の『マイケル・コリンズ』も機会があれば是非観たいなぁと思います。
【2007/01/17 12:51】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggyさん、こんばんは。
お久しぶりですね。
コメントこそできませんでしたが、ちょくちょくかつひっそり覗いておりました(笑)

立ち見まで出ましたか!
わたしが見た劇場はわりと大きなスクリーンで上映していましたが、
こういう作品はやはり学校の黒板程度のスクリーンで見たいものです。

ま、劇場の話は置いといて、実に味わい深い作品でしたね。
アイルランドの爽やかな風景とは裏腹な内戦という惨状。
最終的に仲間が二分されてしまいましたが、
どちらが正しいとも言えず、見ている側も哀しさ・もどかしさが残りましたね。
【2007/01/22 23:14】 URL | swallow tail #-[ 編集]
スワロさん、こんにちは。
コメントありがとうございます♪
コッソリ覗いてくださるだけでも、嬉しいですよ~。
私もちょくちょ覗かせていただいてます!

おっしゃる通り、重厚で味わい深い作品ですよね。
決して明るい気持ちにはなりませんが、嫌な気分になることもありませんでした。ただ哀しくて、ひどくやるせなかったです・・・。
【2007/01/23 12:38】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


映画館にて「麦の穂をゆらす風」2006年カンヌ国際映画祭パルムドール賞に輝くケン・ローチ監督作品。20世紀初頭のアイルランド独立戦争とその後の内戦を描く。ハーリングというスポーツを楽しんだだけで咎められ、英語名を名乗らなかっただけで殺されるというアイルランドの ミチの雑記帳【2007/01/16 22:27】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。