上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリー・アントワネット (通常版)

監督・脚本: ソフィア・コッポラ
キャスト:キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツマン マリアンヌ・フェイスフル リップ・トーン ジェイミー・ドーナン オーロール・クレマン アーシア・アルジェント ジュディ・ディヴィス スティーヴ・クーガン 
2006 アメリカ フランス

■Story

政略結婚により、たった14歳でオーストリアからフランス王宮へ嫁ぐことになったマリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)。だが、故国と違う儀礼的なフランス王宮の生活になじめずにいた。夫のルイ・オーギュスト(ジェイソン・シュワルツマン)との生活もうまくいかず、聞こえてくるのは陰口ばかり…。虚しさを晴らすように次第にギャンブルやパーティに熱中していくマリー。そしてある日の仮面舞踏会で、彼女はスウェーデン陸軍のフェルゼン伯爵(ジェイミー・ドーナン)と運命的な出会いを果たす。

■Review

レディースデイだったこともありますが、観客のほとんどが若い女性でした。
オジサン一人とかだと、さぞや行きにくいんじゃ…。

まさに、マカロン色の映画♪
色とりどりのドレスに、靴に、ヘアスタイル、スイーツ…しかも舞台はヴェルサイユ宮殿!
見ているだけで、すご~~く楽しかったです。基本パステルカラーなんだけど、全体的に色味をおさえた、スモーキーな感じがまた◎

特にストーリーらしいストーリーはなく、歴史的背景や人物の相関関係などの説明もほとんどなく、あくまで一人の女性としてのマリー・アントワネットを、ソフィ・コッポラ流に描いた作品。

とにかく、キルスティンがかわいいんですよ~。
元々中性的な顔立ちでスレンダーな体型に、あのクラシカルなドレスが妙に似合ってました。彼女ってあまり色気はなくて、どこかイノセントな少女っぽい雰囲気ですよね。さすがに14歳には見えませんが、マリー・アントワネットの天真爛漫さ、普通の少女の部分を表現するには、彼女はなかなかハマってたんじゃないかと思います。

少なくとも、スパイダーマンの恋人よりは、何倍もかわいい!
私の場合、始終「あ~、キルスティンかわいいなぁ」と思いながら観ていたので、なんかそれだけで楽しめてしまった感もあります。

ルイ16世役のジェイソン・シュワルツマンも、とぼけた感じでよかったです。
頼りないんだけど、どこか憎めない。

ヴィジュアル以外の見所といえばやっぱり、フランス宮廷のおかしなしきたりでしょうか?
結婚初夜、ベッドに入るまで皆に見守られてる(見張られてる)なんて…!
出産の時、回りにあんなに大勢人がいるなんて…!!(そりゃあ王家の一大事だけど)
他にも、どこか変なしきたりがたくさん。

ただ難を言えば、終盤の展開はちょっと微妙でした。
バルコニーで民衆に頭を垂れるシーンや、王妃としての自覚を持ち始めるあたりは、それまでのポップな流れから外れて唐突な感じがしてしまうんですよね…。

作品としては賛否両論あるようですが、私はこういうのもアリなんじゃないかと思います。
個人的にはとっても楽しめたし、かなりテンションあがりました!

☆公式サイトはコチラ




Nyaggyさん、きゃー同じタイミングっ♪
実はわたしもおとといのレディースデーに観にいってきましたよ!
そうそう、パステルカラーなんだけどスモーキーな色調がステキだったですよね!
映像はとても楽しめました。
着替えのシーンは本当に寒そうだったし(笑)
あれって、ちょっとしたイジワル?それとも純粋なしきたり?
フェルゼン伯爵は、ちょびっと目チカラがありましたねっ。
うんうん、わたしもこれはこれでアリだと思いましたよ!
だけど、博多ではあまりお客さん入ってないんですって。
といっても、レディースデーの劇場は、オール女性で満席でした(笑)

【2007/02/03 01:04】 URL | Carolita #-[ 編集]
Caroli-taさん、こんばんは♪
わぉ!Caroさんもご覧になったんですね!
フェルゼン伯爵は、なかなかの色男ですよね~。
彼はモデル出身なんですってね。
もしかしたら、これからブレイクするかも?
個人的には楽しめたけれど、見る人によっては確かにツマラナイ作品だろうなと思います。特に男性にはちょっとツライような気がしますが、どうなんでしょう??
Caroさんのレビュー楽しみにしてますねっ♪
【2007/02/03 19:56】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
こんにちは♪
私も大いに楽しめたクチでございます~。
こういう人は少数派なんでしょうか(汗)
自分も高貴な生まれとはいえ、全くしきたりの違う他所の国に嫁ぐというのは戸惑うことばかりだったでしょうね。
そんなマリーの所在のなさや心細さなども初期のマリーからは感じられました。
キルスティンが意外と似合っていてビックリです(笑)
【2007/02/07 08:23】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんばんは♪
えぇっ、少数派なんですかね。
でも確かに、人によってかなり評価が分かれそうな…。
フランス王宮での生活になじめないマリーを見て、王族に生まれなければ普通に幸せな生活を送っていたのかなぁ…なんて、ちょっと思ってしまいましたけれど。
この作品ではキルスティンは割に高評価なようで、安心いたしました。
【2007/02/07 20:26】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


監督:ソフィア・コッポラCAST:キルスティン・ダンスト、ジェイソン・シュワルツマン 他STORY:オーストリア皇女、マリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)はフランスとの同盟のため14歳でフランス王太子、ルイ・オーギュスト(ジェイソン・シュワルツマン Sweet* Days【2007/02/03 20:48】
映画館にて「マリー・アントワネット」ソフィア・コッポラ監督が描く世界一有名な王妃マリー・アントワネットの物語。映画全体がピンク色であふれかえるほどのガーリームービーに仕上がっている。これはもう池田理代子の『ベルサイユのばら』と共に青春を送った私にはたまら ミチの雑記帳【2007/02/07 08:20】
久々に出かけた水曜レディース・デー。会社から一番近い 「 ソラリアシネマ 」 での鑑賞となりました。 『 マリー・アントワネット 』 ( 2006年/アメリカ 原題:MARIE ANTOINETTE )【監督・脚本】 ソフィア・ Caroli-ta Cafe【2007/02/12 22:24】
ジェイソン・シュワルツマンジェイソン・シュワルツマン(Jason Schwartzman, 1980年6月26日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身の俳優である。母親は女優のタリア・シャイア。フランシス・フォード・コッポラは叔父に、ソフィア・コッポラとニコラス・ 映画俳優(米)【2007/02/14 11:36】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。