上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボビー BOBBY 

監督・脚本: エミリオ・エステヴェス
キャスト:アンソニー・ホプキンス ハリー・ベラフォンテ シャロン・ストーン デミ・ムーア イライジャ・ウッド リンジー・ローハン ヘレン・ハント ウィリアム・H・メイシー クリスチャン・スレーター ローレンス・フィッシュバーン マーティン・シーン フレディ・ロドリゲス ジェイコブ・ヴァルガス ヘザー・グラハム アシュトン・カッチャー メアリー・エリザベス・ウィンステッド スヴェトラーナ・メトキナ ジョシュア・ジャクソン ニック・キャノン ブライアン・ジェラーティ シア・ラブーフ エミリオ・エステヴェス
2006 アメリカ

■Story

1968年6月5日、アメリカ国民の大きな希望だったロバート・フランシス・ケネディ上院議員が、遊説先のLAのアンバサダーホテルで凶弾に倒れた。それは、キング牧師暗殺の2ヵ月後、彼がカリフォルニアでの民主党予備選の勝利を祝うスピーチをした直夜のことだった。
その当日の舞台となったホテルに集った人達を中心に描く、アンサンブルドラマ。

■Review

実はノーチェックだったこの作品。
何気に観にいったのですが…とてもとても良かった!!
とりあえず、もう一回観たくてウズウズしてるのですが…(行けるかな~)。

長引くベトナム戦争に疲弊し、社会が荒廃していた1968年のアメリカ。
ジョン・F・ケネディの弟であるRFK(通称ボビー)の事は、話に聞いたことはあったけれど、詳しくは知りませんでした。この作品は、RFK暗殺の裏側を描いたサスペンスではなくて、暗殺の舞台となったアンバサダーホテルに集った人達の目を通して描いた、人間ドラマです。

シャロン・ストーンとデミ・ムーアの美容室でのやりとりは迫力があって見ごたえ十分だし、アンソニー・ホプキンスとハリー・ベラフォンテら老人達の軽妙なやりとりは、渋くて小気味いい。イライジャ&リンジー・ローハンのカップルは、初々しくて微笑ましい。

いくつも好きなシーンがあるけれど、中でも一番印象に残っているのは、レストランの厨房での副料理長とメキシコ人達とのやりとり。ローレンス・フィッシュバーン演じる黒人の副料理長が、メキシコ人であるために差別されることへの不満をぶちまける青年をたしなめるシーンです(後のフレディとのやりとりも好きだけど)。メキシカンに思い入れがある私にとって、この辺のことは見ていて痛かったのですが、同じくマイノリティーである副料理長の話がすごく素敵なんです。

ちなみに、メキシコ人のホセ(ヴァルガス)がチラっと言ってた「カリフォルニアを取り返す」というのは、米墨戦争のこと(1846~1848年)。戦争に敗れたメキシコは、その代償として国土の約1/3をアメリカに割譲しました。もうずっとずっと昔の話なんだけれど、私がメキシコにいた10年前でさえ、未だにホセみたいな事を言う人がいたんですよね…。でも、(副料理長が言っていたように)怒りや不満を抱えてるだけじゃ、前に進めないんだよね。

登場人物の多くは、対立したり、すれ違ったり、迷ったり、不安を抱えている。
彼らを通して、背景にあるベトナム戦争や人種差別の問題が語られ、当時のアメリカ人にとって、ボビーが大きな希望であったことが分かります。しかも、ボビーを演じる役者はいないんです。彼の顔が画面にちゃんと写るのは、実際のテレビ映像だけ。でもそれが逆に、彼の存在感を際立たせているようで、上手い演出だなぁと思います。

豪華なキャスト達が作り上げる個々のドラマも見所だけれど、この作品の一番のキモは何と言っても、最後に流れるボビーの演説。監督がこの作品にこめたメッセージも、全てここに表れているんじゃないかと思います。この演説は、カリフォルニアでの勝利宣言をした当日のものではなくて、キング牧師が暗殺された後に彼が行ったものだそうです。

言葉自体は平易で特に飾ったものでもないし、衝撃的な内容でもない。
でも、その言葉一つ一つは自然に心に染みるものでした。
本当に、誰もが同じことを感じられたらいいのにと心から思う。

私は別にケネディ家の信奉者でもないし、例えばボビーが生きていたらその後の世界は変わってた、とは単純には思えない。でも、この時の彼の言葉は、その時代のアメリカ人だけに通用する言葉じゃなくて、現代のどこの国のどんな人にも当てはめることができるもので、心が熱くなってしまいました。

☆公式サイトはコチラ




Nyaggyさん、おはようございます。

たった今、i-Tuneにサイモン&ガーファンクルのCD4枚をインストールし始めたものです。
まず、手始めに「卒業」のサントラからね。
この歌詞がシュールですきなのよね。
“Silence like a cancer grows”なんて具体的!!

どのエピソードも捨てがたく素敵でしたよね。
わたしも美容室のエピソードも大好きだし、厨房ではNyaggyさんが挙げたシーンも素敵でしたよね。
リンジーも久ぶりに好演していました。

フレディ・ロドリゲスはプエルトリコ系と聞きました。
そういえば『レディ・イン・ザ・ウォーター』で半身マッチョを演じたのは彼だったのか・・・
見たいな感じです(苦笑)
TVドラマで活躍中のようですね。
【2007/03/08 08:18】 URL | swallow tail #-[ 編集]
スワロさん、こんにちはっ。
あ~、私も入れちゃおっかな、「卒業」のサントラ。
i-storeにあるかチェックチェック!

美容室のシーン、いいですよね。
デミ・ムーアが、ホント意外に良かった!
リンジーはアイドルっぽいイメージだったのですが、今回の役はなかなか。イライジャも、珍しく普通の青年っぽくて好きでしたね(最近はあえて変わった役ばかり挑戦しているイメージが…)。

フレディは、プエルトリカンでしたか!なるほど~。
『レディ・イン・ザ・ウォーター』はまさにラジーって感じっぽいので(ですよね??)、見なさそう…。これから本格的に映画にも進出するんですかね。ちょっと応援しちゃうな。
【2007/03/08 12:38】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
こんばんは。
素晴らしい作品でしたよねー。
そうそう、ボビー役を俳優にやらせないで、本人の映像だけを映すという手法が効果的でした。

「ラティーノ」という呼び方はこの頃からあったんですねー。
メキシカンじゃなくて、ラティーノだと言っていたのが印象的。

Nyaggyさんはメキシコに住んでいたことがあるんですね。
それはうらやましいですー。
私は南米の地には足を踏み入れたことがありませんー
【2007/03/13 23:23】 URL | かえる #LkZag.iM[ 編集]
かえるさん、こんにちは♪
実は批判する記事もいくつか見かけたんですが、私は素晴らしい作品だと思いました。ボビーに配役をあてないという手法は、なかなか効果的でしたよね。

私も、「ラティーノ」っていう部分が気になりました~。
ホセは、ちょっとカッコつけてそう言いたかったのかな?という気がしたんですが、がんばれ、ラティーノ!って思わず心の中でつぶやいてました。

10年以上前なんですが、1年ほどメキシコに留学してました。
そのときは、近隣のキューバやグアテマラあたりも回りましたが、南米のペルーにもいつか行ってみたいですね。
かえるさんはヨーロッパを色々旅されているようで、羨ましい限りです!
【2007/03/14 13:06】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
こんばんは♪
こんなに政治色の強い作品はなるべく注意して冷静に見るように心がけていますが、最後のボビーの言葉は何十年経っても色あせることなくすべての人や国に当てはまるスピーチだと思いました。
もともと群像劇が好きなのですが、パーティ以降の怒涛の流れは見事でした。
【2007/06/09 01:35】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんばんは。
確かに政治色の強い作品ではありますね。
日本人なので大して感じませんが、アメリカ人だったら
もっと色々思うところがあるかも…。
でもでも、本当にボビーの言葉は胸を打つものでしたよね~。
実は(私にしては非常に珍しく)ボビーの演説のセリフを確認する
ために、パンフレットを購入しましたんですが、
やっぱり彼自身の言葉で語られた方が、感動が増しますね。
もう一度じっくり映像で観てみたいです。
【2007/06/09 22:29】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


原題:BOBBY製作国:アメリカ製作年度:2006年上映時間:120分監督:エミリオ・エステヴェス脚本:エミリオ・エステヴェス出演:フレディ・ロドリゲス/ハリー・ベラフォンテ/ジョイ・ブライアント/ニック・キャ スワロが映画を見た【2007/03/08 08:05】
ボビーの素晴らしいスピーチ。そして、人々はそれぞれこうやって生きているんだということを感じさせる群像劇。1968年6月5日未明に、ボビーの愛称で親しまれた次期大統領候補ロバート・F・ケネディ上院議員がL.A.アンバサダー・ホテルで銃弾に倒れるまでの運命の夜。それは かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY【2007/03/13 23:17】
映画館にて「ボビー」1968年6月15日のロバート・F・ケネディ暗殺事件当夜、アンバサダーホテルに集った22人に焦点を当てた群像劇。いわゆる“グランド・ホテル形式”のドラマ。日本人としてはケネディといえばJFKの方が先に思い浮かぶのだけど、その弟のロバート・F・ケネデ ミチの雑記帳【2007/06/09 01:32】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。