上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イン・ハー・シューズ

監督: カーティス・ハンソン
脚本: スザンナ・グラント
キャスト:キャメロン・ディアス トニ・コレット シャーリー・マクレーン マーク・フォイアスタイン
2005 アメリカ

■Story

30歳を目前にしたマギー(キャメロン・ディアス)はゴージャスなルックスが売り物だけれど、仕事は何をやっても長続きせず、自分の居場所が見つけられないでいる。一番の親友である姉のローズ(トニ・コレット)とも、ある出来事をきっかけに対立するハメになってしまう。行き場所を失ったマギーは、まだ会ったことのない祖母を訪ねてフロリダに向かうのだが…

■Review

なかなか評判のよかった作品なので、楽しみにしていました。
設定自体は割とありがちなのかもしれないし、ちょっとばかりご都合主義?と思う部分もあるけれど、目線が暖かくていいですね。

キャメロン・ディアスって、やっぱりかわいい!
作品中ではトニ・コレットとは年の離れた姉妹という設定だけれど、実は同い年の二人…。
アップになると「キャメロンも年とったなぁ」と思うけれど、笑った時の表情なんてもう、抜群に魅力的。

ローズも見た目にコンプレックスを抱えてるけれど、マギーはそれこそコンプレックスだらけだったんじゃないかと思います。マギーの場合、容姿が武器=まずは見た目で評価されてしまうので、彼女自身をキチンと見て評価してくれるっていうことがあまりなかったんじゃないかと。

だから、老人ホームで出会った教授の言葉は、きっとうれしかったに違いない。
「Aプラスだよ。君は頭がいいね。」…だなんて、とっても素敵なセリフだなぁ。そして、その後の晴れやかなマギーの笑顔が微笑ましい。他人から認められることで、ちょっとずつ変化していく彼女の姿は自然と応援したくなります。

『彼女を見ればわかること』でもキャメロン・ディアスは姉妹の妹を演じていて、美人だけれど盲目というハンディキャップを背負っているという役柄。一方の姉は仕事人間、妹を愛おしく思いつつもどこか憎らしくもあり…という設定がすごく似ているので、ちょっと思い出してしまいました。この時のキャメロンの演技もなかなかで、特に最後のセリフが気に入っています。

なんだかキャメロンの事ばっかり書いてますが(笑)、どちらかと言えば地味な役のトニ・コレットもハマっていて良かったし、お祖母ちゃん役のシャーリー・マクレーンは抜群にキュート!

結婚式のシーンも、いくつか小さな見所が詰まっててイイですね~。
そもそもジャマイカ料理店での式っていう設定がかわいくって、素敵すぎ!
観終わった後には、優しくてハッピーな気持ちになれます。

☆公式サイトはコチラ



Nyaggyさん、こんばんは。
自分はこの映画、お気に入りです。
ニヤリとさせてくれたり、ジーンとさせてくれたり、
最期は爽やかな気分にさせてくれる映画、そうありませんよね。
女優さんも、みんな魅力的。
でもシャーリー・マクレーンがやっぱり抜群に良かったです。
なんでジャマイカなのか?
ちょっと意味不明でしたが、出席してみたいな。
【2007/04/10 00:04】 URL | kowa.shu #-[ 編集]
kowa.shuさん、こんにちは。
そうそう。最後は爽やか~ですよね。
後味が良くて、幸せな気持ちにさせてくれます。
実は、途中で何度も涙腺ゆるみました。
シャーリー・マクレーンは、年をとっても素敵ですね。
おばあちゃん役だけど、どこかかわいいし。
ジャマイカンってあまりローズのイメージじゃないけど、個人的にはツボでした。出席というよりも、私は次にお式を挙げるとしたら、あんな感じがいいな~って妄想してました(笑)
【2007/04/10 13:07】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
私は去年Blogで年間ベスト10みたいなことはやらなかったのですが
この作品はランキングをつけるとしたらかなり上位に持ってきたいくらい
お気に入りの作品となりました。
コンプレックスのない人間なんていないんですよね。
老人ホームでの生活でマギーが変わっていく様子がとてもよかった。
ぶつかりあっていた姉妹が分かり合えた時 胸がいっぱいになってしまいました。

今2つの記事にTB送ったんですけどうまくいってないみたいなので
またあとでおじゃましてみますね(*^^)v
【2007/04/15 21:27】 URL | ジュン #6ZS2/17k[ 編集]
ジュンさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
TBはたまにうまくいかないことがあるみたいなんです~。
ス、スミマセン(^_^;)

とってもいい作品ですよね!
マギーにも、ローズにも、それぞれ共感できる部分があったと思います。マギーが老人ホームで人と触れ合うことで変わっていく様子が、いいですよね~。ローズが妹をかなり大事に思っていたのにも、ジーンときました(両親のケンカのこととかで…)。
【2007/04/16 13:21】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
こんにちは。
ジュンさんのところからお邪魔しました♪

思いがけず素敵な作品でした!
相手を思いやる事、許す事。
少しずつ周りとコミュニケーションを取れるようになっていく
ふたりの明るい明日が感じられるラストが良かったです☆
TB,させて下さいね。
【2007/05/16 19:37】 URL | kira #klq26XPE[ 編集]
kiraさん、こんにちは。
コメントありがとうございます♪
ジュンさんの所からお越しいただいたなんて、嬉しいです。

ほんと、暖かくて素敵な作品ですよね。
有名キャストを使っているのに、派手すぎない所もいいなぁ、と。
私も、あのラストの爽やかな明るさがお気に入りです。
【2007/05/17 12:48】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


原題 IN HER SHOES 製作年度 2005年 アメリカ監督 カーティス・ハンソン原作 ジェニファー・ウェイナー 出演 キャメロン・ディアス/トニ・コレット/シャーリー・マクレーン/マーク・フォイアスタイン/ブルック・スミス抜群の容姿を持ちながら、難読症のマギー(キャメロン・ to Heart【2007/05/18 21:24】
原題 IN HER SHOES 製作年度 2005年 アメリカ監督 カーティス・ハンソン原作 ジェニファー・ウェイナー 出演 キャメロン・ディアス/トニ・コレット/シャーリー・マクレーン/マーク・フォイアスタイン/ブルック・スミス抜群の容姿を持ちながら、難読症のマギー(キャメロン・ to Heart【2007/05/18 21:26】
キャメロン・ディアスキャメロン・ディアス(''Cameron Diaz''、本名 ''Cameron "Michelle" Diaz''、1972年8月30日-)は女優。アメリカ合衆国|アメリカ、カリフォルニア州出身。父親はキューバ人。A型。16歳のときからモデルとして活躍し、日本 るなのブログ【2007/06/10 19:18】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。