上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パニック・フライト スペシャル・エディション

監督: ウェス・クレイヴン
脚本: カール・エルスワース
キャスト: レイチェル・マクアダムス、キリアン・マーフィ、ブライアン・コックス
2005 アメリカ

■Story

一流ホテルのマネージャーとして働くリサ(レイチェル・マクアダムス)は、勤務地のマイアミに戻るためのフライトを待つ間、一人の青年(キリアン・マーフィ)と知り合う。が、気のいい青年だと思っていた彼は、実は国家要人暗殺を狙う、テロリストだった。彼はリサに、言うとおりにしないと父親を殺すと脅迫する…

■Review

何気なくTVを付けたら、最近お気に入りのキリアン・マーフィの顔が見えて、そのままなんとな~く最後まで見入ってしまいました。

タイトルから「ハイジャックものか、墜落パニックもの?」と想像したんですが、違いました。キリアン・マーフィ扮するテロリストと、ヒロインとのかけひきがメインなんですね。でも、前半は飛行機内での攻防で確かにスリルがあるけれど、後半はほとんど強引なアクションものなんだもの~(苦笑)。なので、飛行機を降りた辺りから、正直ちょっとテンション下がりました…。

キリアン・マーフィは容姿が独特なので、初登場時から何気に怪しいです(笑)。
レイチェルと普通に話してても、なんか裏があるんじゃ?って勘ぐってしまう。なので「俺はテロリストだー!」と自分の正体を暴露した時は、やっぱりか!という感じでした。

キリアン好きなんですが、普通の(現代の)ビジネスマン役とかは難しそうだな…という気がします。彼にしかできない役もあるだろうけど、似合わない役も多そう。
ちなみに今回の悪役っぷりは、ハマってました。

ヒロイン役のレイチェル・マクアダムスはすごくキレイなんだけれど、お人形みたいで個人的には苦手な顔。でも、そのキレイな顔に似合わず、アクションも頑張ってましたね。

飛行機という密室内でのスリルという意味では、見る側を飽きさせません。
ただ、割と想定内の行動が多いので、できればもうちょっと凝った頭脳戦を見せてくれるとより面白かったんじゃないかと。

85分と短くテンポの良い作品なので、気軽にご覧になる分にはいいかと思います。
私はこちらを観終わった後、キリアンの他の作品が見たくなりました~。




Nyaggyさん、キリアン・マーフィがお気に入りなんですね!!
とっても優しく親切だった男性がとんでもない悪者だった!
面白かったです~~
特に飛行機の中での緊迫感はたまらないものが。
ただ・・・私も降りてからはちょっと物足りなかったです。
普通のアクションシーンになってしまったんですものね。
キリアン・マーフィの作品、私は今までなじみがないんですよ。
これから注目して観てみます!
【2007/04/15 21:15】 URL | ジュン #6ZS2/17k[ 編集]
ジュンさん
そうなんです!最近キリアンがお気に入りなんですよ~。
『プルートで朝食を』と『麦の穂をゆらす風』を続けて見たもので。
独特な容姿と、妙な色気のある人だと思います。
そうそう!飛行機の中はいいんですけど、降りてからはちょっと、アラ?…って感じじゃないですか?(笑)でも、最後まで飽きずに見れたので、全体としてはなかなか面白い作品だと思います。
【2007/04/16 13:26】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。