上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

queen


監督: スティーブン・フリアーズ
脚本: ピーター・モーガン
キャスト: ヘレン・ミレン マイケル・シーン ジェイムズ・クロムウェル シルヴィア・シムズ アレックス・ジェニングス ヘレン・マックロリー ロジャー・アラム ティム・マクマラン
2006 イギリス フランス イタリア

■Story

1997年8月31日、ダイアナ元皇太子妃がパパラッチとのカーチェイスの末に、自動車事故で急逝した。民間人となったダイアナに対して、王室はあくまで私人として扱う姿勢だったが、国民に絶大的な人気を誇ったダイアナの死を無視する事は、国民を無視することにつながってしまう。次第に王室に対する国民の不満が高まっていき…

■Review

初日に観にいったところ、かなりの盛況でした。
何気にご年配の方が多かったような。

ダイアナ妃が亡くなった事故当時の王室関係者の様子を、おそらくはいくらかの事実とかなりの推測を交えながら、エリザベス女王の視点を中心に描かれた作品です。まだエリザベス女王やブレア首相が現役でいる時代にこんな映画が作られるなんて、それだけですごい。

ダイアナ元妃が亡くなった時のことは、実はあまり覚えていません。
関連ニュースを熱心に見ることもなかったし、イギリス王室の確執についてもほとんど知りませんでした。なので、宮殿の前の溢れんばかりの花や、王室を批判するマスコミや市民の発言など、私自身は初めて目にするような事も多くて、興味深かったです。

ヘレン・ミレンが演じる女王は、信念と威厳を持った君主でありつつも、普通の一人の人間(孫達のよき祖母)として、とても魅力的に描かれています。いくつか印象的な場面があるけれど、ドライブの途中で美しい大きな鹿と出会うシーンは、とりわけ美しい。「神から任命され、人生を国民のために捧げた女王」でも、美しいものを美しいと感じる心は私達と同じだと言いたかったのかな。

女王と対面するときの作法など、王室のしきたりもいくつか描かれていて、面白いです。
でも一方では、運転手やお供を付けずに、女王が自分一人で車を運転して出かけちゃうなんて、意外に自由に過ごしているんだな~と、ちょっと意外でした。

ヘレン・ミレンは品良く美しく、それでいてチャーミング。
好人物なブレア首相を演じたマイケル・シーンもいいけれど(この頃のブレアの人気っぷりには少々驚いた)、個人的には、皇太后役のシルヴィア・シムズが迫力があってよかったな。

☆公式サイトはコチラ



Nyaggyさーん、こんばんはっ♪
さすが、早っ! わぉ~もうご覧になったんですね!
実は明日のレディースデーあたり、元気があって仕事が早く終わりそうだったら観にいこうかなぁ~と思っていたら、このレビュー!
そうですよね~、本当に日本では考えられないことですよね。
だから日本の皇室の神秘性は守られてきたはずなのでしょうが、
最近はそうでもないようで・・・。
自分とは全く縁のない世界なだけに、とても「クィーン」は興味があります。
やっぱり見にいこうかなぁ。。。ダイアナ妃、大好きだったんですよ・・・。
【2007/04/24 22:47】 URL | Carolita #-[ 編集]
Caroli-taさん、こんにちは。
元々Caroさんの所で紹介されていて、気になってたので、
早めに行ってきちゃいました!
ダイアナ妃がお好きだったんですね~。
私は個人的に思い入れがなかったので、結構アッサリと見てたのですが、当時のことに思い入れのある方が見たら、もっとのめりこめると思います。この作品は女王視点なので、ダイアナ妃側から見た場合とは、違う印象でしょうね。
ぜひぜひ観にいってくださいまし~。
レビュー楽しみにしてます♪
【2007/04/25 12:56】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
こんにちは♪
ダイアナの死の真相を明かすような作品かと思ったら、そういう女性週刊誌的な事は一切無かったですね。
女王サイドからという珍しい視点が良かったです。
50年も国を統治してきたことはそれだけでも尊敬に値しますよね。
そして一方では普通のおばあちゃまのようにキュートだし(笑)
ブレアさんのお家の散らかり具合も楽しかったです。
【2007/04/26 10:16】 URL | ミチ #0eCMEFRs[ 編集]
ミチさん、こんにちは♪
私も見る前は、もっとサスペンス調なのかと思ってたんですけど、全然違いましたね。
一口に50年といっても、長いですよね。
まだそれだけ生きてもいない私には、計り知れない重みがあります。
ブレア首相のお家、すごく庶民的でしたねぇ。
奥様が結構強そうだったし…(笑)
これでまた高感度があがったりして。
【2007/04/26 12:35】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggyさん、こんにちは。
話題作、スワロも見てまいりました。

エリザベス女王がとても魅力的に描かれていましたね。
女王としての気品もさることながら、
一人の人間としてわたしたちと変わらない、という点で
鹿を逃がそうとするシーンなど感動的に描かれていたと思います。

・・・実は、スワロもダイアナ VS 王室 ってあまり詳しく知らなかったんですよ。
でも、この作品で少し王室の苦悩を知ることができたかな。
【2007/05/02 09:23】 URL | swallow tail #-[ 編集]
スワロさん、こんにちは!
鹿のシーンとか、そのほかもろもろ、人間的な魅力にあふれた女性として描かれていましたね。どうしてもこの作品をみた後だと、女王に対する高感度はあがっちゃう。

私も、ほとんどといっていいほど事前知識がなかったので、
なんだか新鮮でした。
普段はワイドショー的なことにはあまり興味がないんですけど、
この作品に触れることで、ちょっとはイギリス王室にも
興味がでてきましたね。
【2007/05/02 12:48】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


CAST:ヘレン・ミレン、マイケル・シーン 他アカデミー最優秀主演女優賞、ゴールデングローブ賞最優秀主演女優賞 他受賞STORY:1997年、8月。ダイアナ元妃がパリで交通事故により死亡し、イギリス国民はみな悲しみに暮れていた。王室の対応へ国民の視線が注がれる中、エ Sweet* Days【2007/04/24 14:11】
映画館にて「クィーン」1997年8月31日に交通事故で他界したダイアナ元妃をめぐって、揺れ動く英国王室の内実を描いたドラマ。ダイアナ元妃が交通事故で亡くなったというニュースが世界を駆け巡ったのは10年前の夏休み最後の日。ダイアナ元妃は世界的アイドルであり、その一 ミチの雑記帳【2007/04/26 10:14】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。