上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シムソンズ 通常版

監督: 佐藤祐市
脚本: 大野敏哉
キャスト: 加藤ローサ 藤井美菜 高橋真唯 星井七瀬 大泉洋 田中圭
2006 日本

■Story

北海道の常呂町に住む、平凡な女子高生和子(加藤ローサ)は将来の夢もなく刺激のない毎日を過ごしていた。そんなある日、カーリングの選手で和子の憧れの人でもある真人(田中圭)の地元での凱旋試合が開かれ、競技場の外で偶然真人に出会った和子は、真人の誘いでカーリングの女子チームを作ることになるのだが…

■Review

基本的に、青春物は大好き。
『フラガール』も『ウォーターボーイズ』も、とっても面白かった。
でも、何故か?この映画には最後までノレませんでした。
世間的には、かなり評判いいみたいなんですけどね…。

ストーリー自体は、割とありがちです。女子高生がふとしたきっかけでカーリングを始めることになって、仲間を集めて、危機があって、また再集結してがんばって…という。でも、それ自体は別にいいんですよ。たとえベタであっても。中には、いくつか「いいな」と思えるエピソードもあったんですが、ただ、それ以上グッと胸に迫るものが無かったんですよね。

キャスティングも、どうも微妙な感じでした(加藤ローサの顔が苦手という理由も…)。
でも、母親役の森下愛子さんと、大泉洋は良かったです!
「したっけ」って言葉、かわいいなぁ~。

監督の佐藤祐市さんは、ドラマ版『ウォーターボーイズ』などの演出を手がけられた方なんですね。ドラマ版ボーイズは好きだったんだけどな。

という訳で、残念ながら個人的にはイマイチだったのですが、カーリングという競技自体には興味が沸いて、素直に「観たい!」と思わせてくれたので、その点は良かったなと。前回のオリンピックでカーリングが一躍話題になった時は見逃してたんですが、次回は是非見てみたいです。

☆公式サイトはコチラ

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。