上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOAL! STEP1 イングランド・プレミアリーグの誓い スタンダード・エディション

監督: ダニー・キャノン
キャスト: クノ・ベッカー スティーヴン・ディレイン アンナ・フリエル アレッサンドロ・ニヴォラ マーセル・ユーレス ショーン・パートウィー
2005 アメリカ イギリス

■Story

幼い頃に、家族とともにメキシコからアメリカのロサンゼルスに渡ったサンティアゴ(クノ・ベッカー)は、家計を支えるために仕事をしながらも、大好きなサッカーが唯一の心の支えだった。そんなある日、偶然スカウト(スティーヴン・ディレイン)の目にとまった彼は、父親の反対を押し切り、単身イギリスへと渡る。そこで、ニューカッスルのトライアルを受けることになるが…

■Review

ようやく見れました~。
今ちょうど第2作目が公開中ですね。

一言で言ってしまえば、王道のサクセスストーリー。
お金も将来の展望も無かった、一人のメキシコ人青年が、イングランドに渡ってプロになり、夢を掴むまでのお話です。とってもありがちなお話ではあるんだけれど、意外と楽しめました!ちゃんと丁寧に作られていて、FIFA公認の映画としてはなかなかの出来なんじゃないでしょうか。

やっぱり、一番の見所は試合のシーン!!
クノ・ベッカーら俳優陣が演じるシーンと、実際のプロの試合をうま~く編集して使っていて、迫力があって良いです。ちゃんとスタジアムの興奮も伝わってきて、一緒に試合を観ているような気分になれます。

試合じゃないけど、ベッカム、ジダン、ラウルのちょっとしたサービスショットもあって、ファンには嬉しいかも。2作目はレアル・マドリードが舞台になるので、その伏線といった感じですね。

LAからイギリスに向かったサンティアゴ(クノ・ベッカー)が、パブで朝食をとっている時に、"Football"ではなく"Soccer"と言ってしまい、周りのサポーターが機嫌を損ねるシーンがあります。映画『フーリガン』にも同じようなやりとりが出てきたけれど、イギリスではいわゆる日本語のサッカーを"Soccer"というのはタブー。アメリカでは"Football"と言えばアメフトを指すけど、ヨーロッパではもちろん"Football"=サッカー。ドイツ語でも、フランス語でも、スペイン語でも。
他にも、スカウトマンが「この街ではサッカーは宗教だ」という話をしたりとか、キチンとそういう小ネタもおさえてるな~って感じでした。

劇場に観にいくかどうかは別として、2作目ではレアル・マドリードが舞台になるので、リーガファンとしてはぜひとも観たいです。撮影当時のスター選手達はほとんどチームを去っているはずなので、観る時には懐かしの映像になっちゃいそうだけれど。レアルのホームスタジアム・ベルナベウは昔観戦に行った事もあるので、個人的に思い入れもあるんですよね。

更に先の話で、第3作目では2006年のワールドカップが舞台らしいんですが、サンティは一体どこの国の代表で出るの…?不法入国してたんだからアメリカ国籍はとれないだろうし、生まれのメキシコか、それともスペインに帰化するのか。いずれにしても、優勝は無理っぽい。

それはさておき、こちらの1作目は、純粋にサッカーを話題にした映画としては、なかなか楽しめると思います。



Nyaggyさん、こんばんは。
感想よりも、聞き捨てならないことが…。
「レアルのホームスタジアム・ベルナベウは昔観戦に行った事もある」って!!
なんですと!
ウラヤマシイ…。
ひょっとして、ラウルとか、ジダンとか、フィーゴとか、とかとか
生で見ちゃったんですか!
すみません。ちょっと興奮を…。
映画もサッカーファンは観ないとね。
【2007/07/06 21:04】 URL | kowa.shu #-[ 編集]
kowa.shuさん、こんにちは。
あ、そこに反応されましたか(笑)?
私が観にいったのは2002年で、まだレアルが「銀河系軍団」になる前。
ジダンはいなかったんですが、ラウルとフィーゴは見れましたよ!
ちなみに、バルサのダービーマッチも見ました。
(こちらはオリンピックスタジアムの方でしたけど。)
バルサは低迷期だった頃ですね…。
なので、チケットは簡単に窓口で買えて良かったんですが。

スタジアムの雰囲気は、たまらないですよね!!
またスペインに行きたいけど、なかなか…。
Jリーグでも生で見るのは楽しいけれど、海外のあの独特の
盛り上がり方は、歴史の違いを感じます。
【2007/07/08 15:54】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。