上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAXI NY〈特別編〉

監督:ティム・ストーリー
製作:リュック・ベッソン
キャスト:クイーン・ラティファ ジミー・ファロン ジゼル・ブンチェン ジェニファー・エスポジート アン・マーグレット
2004 アメリカ フランス

■Story

凄腕のタクシードライバー・ベル(クイーン・ラティファ)が、ひょんなことからドジな刑事ウォッシュバーン(ジミー・ファロン)を乗せたために、大事件に巻き込まれてしまう。その頃NYでは、ヴァネッサ(ジゼル・ブンチェン)率いる4人組の美女強盗団が活躍していた。ベルとウォッシュバーンは最初は反目しあっていたが、次第にウォッシュバーンのやる気に押されて、ベルも協力して美女強盗団と対決する事に…『TAXI』(リュック・ベッソン監督、フランス)のハリウッド版リメイク。

■Review

随分日数が空いてしまいました…。GWはずっと家にいた割に、家の片づけをしたり、来客があったりで結局映画も見に行けず…「プロデューサーズ」観たかったのに~。。。その代わり昔の映画をいくつかWOWOWで鑑賞したので、順にレビューしますね。

これ、製作はリュック・ベッソンだったんですね。ハリウッド版リメイクということで、全く期待はしていなかったのですが、正直イマイチでした…。

映画はそれほど好きではないけど車好きな夫と一緒に、フランス版の『TAXI』は3部作とも鑑賞しました。オリジナル版がそれほど素晴らしい作品という訳ではないけれど、逆にあのB級っぽいバカバカしさが割と好きだったので、ハリウッド版になったことでそのB級っぽさというか、いい意味でのくだけた感じが抜けてしまったのが残念です。ニンジャ~!!とか、あの感じが好きだったのにな。

ハリウッド版はこじんまりとキレイにまとまってはいるけど、終始ベタな展開で面白みに欠けるような感じがします。でも、この辺はいい悪いではなくて、どちらかと言えば好みの問題かもですね。個人的にはフランス版の方が好きです。

あと、見所のカーアクション自体も、フランス版(特に1作目と2作目。3作目はビミョー)のようなスピード感が感じられなかったのもイマイチ。NYだから…??でも、わざわざハリウッドでリメイクするからには、その辺も含めて何かしら新鮮な驚きがないと、リメイクの意味がないんじゃないかと思うんですが。

クイーン・ラティファの役どころもあんまり生きてないような気がました。
やっぱり『シカゴ』の方が断然カッコイイ!本作ではどちらかと言えば、かわいらしい印象ですね。

意外に一番良かったのは、美女軍団かも…。ジゼルはカッコよかったです。

☆公式サイトはコチラ



こんにちは!
同じくWOWOWで観ました!笑
フランス版の方が好きですね~
リメイクする必要なかったような…
【2006/05/10 03:48】 URL | KING MONKEY #-[ 編集]
こんにちは!
ご覧になってましたか~。同意見で嬉しい限りです。
最近リメイク物が多いのは、ネタ切れなんですかね?
【2006/05/10 12:40】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。