上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監督: トマス・グティエレス・アレア
脚本: トマス・グティエレス・アレア エドムンド・デスノエス
キャスト:セルヒオ・コリエリ デイジー・グラナドス
1968 キューバ

■Story

キューバ革命後間もないハバナの街が舞台。資産家達の多くは、アメリカへと亡命していった。妻や両親もアメリカに亡命する中、ブルジョワ階級のセルヒオは一人ハバナに残る。煩わしい家族から開放され、念願の小説を書こうとするが、なぜか落ち着かない日々を過ごしてしまう。そんなある日、セルヒオは女優志望の美しい娘エレーナと出会うが…

■Review

キューバ映画2本立て~2本目はコチラ。
ガエル君イチオシということもあって以前から気になっていた映画だったのですが、前回の上映は見逃してしまったので、今回地元での再上映が決まってラッキーでした。

監督は、名作と名高い『苺とチョコレート』のトマス・グティエレス・アレア(と言っても私自身はこの作品は未見なのですが…)。ちょうどキューバ危機(1962年)頃のハバナが舞台になっていて、その当時の混迷した街の様子や空気感が感じられる作品です。

主人公のセルヒオは、アメリカに亡命していく友人達も、ハバナの街の住人達も、更には自分自身に対しても、どこか一歩引いて冷めた目線で観察しているのが面白い。彼は、ある日偶然街で出会った(平たく言えばナンパした)美しく若い女性エレーナに惹かれ、彼女をヨーロッパ風の教養を身につけた女性に育てようとするのですが、次第に彼女が非常に情緒的に不安定で脆い女性であることが分かり、失望していきます。セルヒオ曰く、彼女の不安定さは「低開発」の象徴だと。

毎度のことながら事前学習無しで鑑賞したのですが、この作品に関しては、当時のキューバ情勢について多少なりとも知ってから鑑賞された方がいいかもしれません。私の場合は、帰ってからあれこれ調べるハメになったので…。

ちなみに、作品の冒頭で挙げられていた出来事は「ピッグス湾事件」と言って、CIAの支援を背景に元キューバ人亡命者の軍隊がキューバに上陸し、カストロ率いる革命軍と戦った事件。結果的にはカストロ率いる革命軍の勝利に終わりました。主に中南米の革命やゲリラ活動には背後にアメリカやCIAが関わっていることも多いのですが、ここでもCIAが関わっていたのね…。

ところで、ロバート・デ・ニーロ監督作の『グッド・シェパード』は、このピッグス湾事件を背景にした作品なんだそうで(主役のCIA諜報員はマット・デイモン)。実はあまり興味がなかったけれど、ちょっぴり観てみたくなってしまった~。

モノクロ映像の中の乾いた空気感や、セルヒオの語り口も面白いですが、貴重なドキュメンタリー映像を交えながら当時の情勢を垣間見れる点も、個人的には興味深かったです。終盤の、いわゆる「キューバ危機」に至る場面で、カストロの演説シーンが見られたのには、ちょっと感動してしまった。

☆公式サイトはコチラ



Nyaggyさん、おお~キューバ映画2本立てとは、渋い!
アメリカとキューバの関係、わたしも実のところ、かなりうといのですが、
キューバの独特の風土や音楽には、とてもひかれるものがありますよ!
“音楽のキューバ”を見せてくれた「ブエナビスタ・ソシアルクラブ」も良かったけれど、
「永遠のハバナ」みたいな“日常のキューバ”もぜひ見てみたいなぁ~。
ええっ?「低開発の記憶 - メモリアス 」は、ガッ、ガエル君おススメの一本ですか?
まぁ!それは別の意味でも(笑)かなり気になる! 
【2007/09/16 16:52】 URL | Carolita #-[ 編集]
Caroli-taさん、こんばんは~♪
『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』いいですよね~。
私も大好きです。おじいちゃん達がカッコイイのなんのって!

こちらの『低開発の記憶 - メモリアス - 』は、ガエル君が
「人生でもっとも影響を受けた一本」として挙げている
作品なんです。実は、私もそれを聞いて興味を持ったので(笑)
モノクロ時代の、骨太な作品という感じです。
もし機会があったらば、ぜひご覧になってくださいまし~。
【2007/09/16 20:33】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
「低開発の記憶」のご感想、ありがとうございます。
配給元、Action Inc.のvagabundaです。
「永遠のハバナ」も観て下さっていてうれしい限り。
時代背景が分かりづらいか、とパンフには、
頑張って解説書いたのですが、とほほほ。

9/28(金)から神戸アートビレッジセンター、
10/9(火)から京都みなみ会館で、
1週間限定上映です。

お近くの方、ぜひ、よろしくお願いいたします。
【2007/09/25 11:51】 URL | vagabunda #.6rV7KDE[ 編集]
vagabundaさん、こんにちは。
わざわざコメントいただき、ありがとうございます。
す、すみません、パンフは購入してないんです~…。
時々ブログを覗かせていただいております。
スペイン・ラテンアメリカ映画祭が開幕中で、ウラヤマシイです。
ぜひとも、今後は中部圏でも開催してくれると、小躍りちゃうくらいウレシイのですが。
【2007/09/25 13:06】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。