上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチギ ! スタンダード・エディション

監督:井筒和幸
脚本:羽原大介 井筒和幸
キャスト:塩谷瞬 高岡蒼佑 江尻エリカ 楊原京子 尾上寛之 真木よう子 小出恵介 波岡一喜 オダギリジョー 加瀬亮 キムラ緑子 余貴美子 大友康平 前田吟 光石研
2004 日本

■Story

1968年の京都が舞台。高校生の康介(塩谷瞬)はひょんなことから、かねてから敵対している朝鮮高校に親善サッカーの申し込みにいく羽目になる。そこでたまたま目にしたフルートを吹く少女キョンジャ(江尻エリカ)に一目ぼれした康介は、彼女と仲良くなるために必死にギターを手に取り「イムジン河」を練習して・・・

■Review

公開時に映画館で観たかったのですが見逃してしまい、WOWOWにてようやく鑑賞しました。

私は邦画をほとんど観ないので、井筒監督の作品を観るのは(作品名だけならいくつか聞いたことはあるものの)実はこれが始めてです。
テレビではただの口うるさいオジサンに見えますが・・・なかなかやりますね、監督!意外に…というか、かなりよかったです!!

1968年の京都を体験したことはないのに、そうと感じられるような空気が画面の中に漂っていて、全体の雰囲気がとてもいいですね。

青春物が好きなので、個人的にはかなりツボでした。
日本人高校と朝鮮人高校、日本と朝鮮という対立の図式がベースになっているものの、どちらの側でも不器用に必死に生きている若者達が描かれていて、がむしゃらなパワーの感じられる映画です。バカだなぁと思いつつも、なんか愛しい。あの青臭さが好きです。

朝鮮という難しいテーマを取り入れてはいるけれど、私はあくまで青春ものとして捉えました。
ただ、自分は本当に「何も知らない」んだな・・・というのは常に実感としてあるので、その辺はとても痛いです。朝鮮の事だけに限らず、それ以外の過去の良いことも悪いことも、今現在の私達の目や耳に入ってこない外の世界のことも含めて。
外国に行くと、いかに自分が何も知らないのかつくづく思い知らされることがあります。ちゃんとそれを認識して、勉強して、常にアンテナを伸ばしておかないと、ですね。

俳優さん達の演技も良かったです。女優陣は皆本当にキレイですねぇ。
ストーリーや設定自体はありがちなのかもしれませんが、シーンのつなぎとか、カット割りとかもよかったし、うまくまとまってたと思います。歌が挿入される場面もベタなんだけど、胸にグッときました。いい映画だと思います。

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。