上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

independencia

9月16日はメキシコの独立記念日です。
前日15日の夜にはメキシコシティのソカロ(広場)には大勢の人々が集まって、"Viva!Mexico!"(メキシコ万歳!)と口々に叫びます。私はその様子をテレビで見ただけで実際にはその場に行った事がないのですが、それでも圧巻でした。国旗や食べ物などを売る露店がたくさん出て賑わい、花火が打ち上げられたり、マリアッチのコンサートがあったりと一大イベント。翌朝には軍事パレードなどが行われるそうです。(※写真はカルデロン大統領のグリート(叫び)。)

メキシコ万歳と叫びながら一丸となれる彼らの愛国心は少々恐くもあるのだけれど、反面ちょっと羨ましくも感じます。現代の日本人が愛国心を発揮するのは、オリンピックとかスポーツ競技の時だけですよね。他国に植民地化された経験のない日本人には、「独立」という言葉の持つ意味を本当には理解できないような気がする。

ところで今、東京と大阪で「スペイン・ラテンアメリカ映画祭」なんていう素敵なイベントが開催されてますね。特別ゲストとして、ディエゴ・ルナも舞台挨拶のために来日したそうで…いいなっ(笑)。いずれもっと規模が大きくなって、名古屋でも開催してくれることを切実に希望します~。

それでも、ガエル君やディエゴやサルマ・ハエックといった俳優達、イニャリトゥやキュアロンら監督達の活躍によって、昔よりもメキシコ映画を日本で広く見られるようになった(と思われる)のは嬉しい限り。とりあえず、この映画祭でも上映予定の『サルバドールの朝』(スペイン)と『パンズ・ラビリンス』(メキシコ)は見に行く予定です♪



Viva!Mexico!
9月初め頃には独立記念日を意識していたけど、昨日はすっかり忘れていました。思い出させてくれてありがとう! 学生時代にメキシコに行った時に、独立記念日にちょうどメキシコシティにいたので、ソカロにも行ったし軍事パレードも見たよ~。ソカロではソンブレロを買って浮かれてかぶってました。1995年だったのでソンブレロに1995って書いてあったけど、5の部分は思いっきり上書きされていて、使い回しでした。
『サルバドールの朝』は公開日が決まったね! この前『厨房で逢いましょう』を観に行ったんだけど、その時にチラシをもらいました。楽しみだ!
【2007/09/17 12:45】 URL | えりりん #-[ 編集]
えりりん、コメントありがとう♪
メキシコシティで独立記念日体験したんだ!いいな~。
ソンブレロの使い回しは、いかにもメキシコっぽい(笑)
2010年がちょうど独立200周年だから、かなり大規模なイベントになりそうだね。ものすごく行きたいけれど、たぶん無理だろうな~。

実は『厨房で逢いましょう』も気になってるけど、どうだった?
同時期に公開中の『オフサイド・ガールズ』を見に行く予定なので
たぶん行けそうにはないのだけれど。
【2007/09/17 18:43】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
Nyaggyさぁ~ん、キューバの次は、メキシコですね!
むふふっ、わたしすっかりココで世界旅行させて頂いてます~(笑)

9月16日は、メキシコの独立記念日だったんですね!
知りませんでしたっ。 Nyaggyさん、そうそうですよね、
独立記念日の本当の意味は、ホント、日本人にはきっと理解はできないと
わたしも思いますよ。
愛国心という言葉にはやたらと敏感になりすぎて、
すぐに押し付けだ!とか反発して騒ぐのもどうなんでしょーっ。
だけど、無関心なフリをしていても、外国に行けば日本人だということを
思い知らされたりするんですよね~(笑)

地球の裏側の映画がこんなに手軽に見られるようになったなんて、
本当にうれしいですよね!
おっと、もうそんな季節なのですねっ、『パンズ・ラビリンス』は、観にいく予定です~。
【2007/09/21 00:00】 URL | Carolita #-[ 編集]
Caroli-taさん、こんにちはっ♪
マイナーな話題ばかりで、すみません^^;

今は愛国心っていう言葉自体、いいイメージがないですよね。
私も好きな言葉ではないけれど、何もかも大げさに取り上げるのも
確かにどうかと思いますよねぇ。
そうそう、海外に行くといつも、日本人であるということをしみじみと
感じてしまいます。良くも悪くも。

ほんっと早いもので、もう秋ですね~。
ハリウッドを騒がせた『パンズ・ラビリンス』楽しみです♪
【2007/09/21 12:40】 URL | Nyaggy #-[ 編集]
『厨房で逢いましょう』は、最初のほうは描写が生々しく感じて
あんまりだなと思ったけど、最終的には面白かったよ。
食欲がからんでくるから、余計に生々しく感じたのかな。
内容としては、人間ってみんな自分勝手だなーって思いました。
欲望というか衝動を抑えられない人たちがたくさん登場していて。
料理については、特には、食べたくて仕方がない、
などという気持ちにはならなかったよ。
【2007/09/21 20:47】 URL | えりりん #-[ 編集]
えりりん、返事が遅くなってごめん。
『厨房で逢いましょう』のHP見たら、エロチック・キュイジーヌって
書いてあって、どんなんだろう~って思った。
料理とエロスっていうテーマは興味あるので、ちょっと見てみたいな。
料理自体は、そんなものなんだね~。
懲りすぎた料理よりも、シンプルなご飯の方が食べたくなるかもね。
【2007/09/23 20:53】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。