上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

offside

監督: ジャファル・パナヒ
2006 イラン

■Story

イランではサッカーは国民的な人気スポーツだけれど、女性が男性の競技をスタジアムで観戦することは法律で禁止されている。ところが、2006年W杯への出場をかけた大事な一戦を控えて、家でじっとしていられない少女達は、男装してスタジアムに潜り込もうと企てるが…

■Review

2006年サッカーW杯予選時のテヘランが舞台。
法律で禁止されているにも関わらず、男装までしてスタジアムに試合を見に行こうとする女の子達のお話です。

女性は男性競技をスタジアムで観戦できないとか、日本人の感覚では「ありえない!!」と思うことがたくさんあって考えさせられたりもするけれど、小難しい作品ではありません。何よりも、登場する女の子達がパワフルでくじけない所が良いのです~。

ストーリーのほとんどが、スタジアムのすぐ外側の限られた空間で進行していきます。この部分は、実際のW杯予選(イラン対バーレーン戦)の試合の最中に撮影されたそう。試合の映像は全くと言っていいほどないんですが、観客の派手な歓声や少女達の様子から、スタジアムの興奮がビシバシ!伝わってきます。若い警備兵が少女達のために、実況中継してくれるくだりは、自分でも思わず頭の中で想像しちゃいます。

「どうして女性はスタジアムで観戦しちゃダメなの?」
しごく当然な少女達の疑問に対して、警備兵達がもっともらしく理由を並べ立てるけれど、彼女達も観ている私達も、納得なんてできやしない。女性であるが故に味わう理不尽さに、最初はただ腹立たしく思うばかりだったけれど、彼女達の明るさとたくましさには妙に感心してしまうんだよね~。捕まっているのにも関わらず、試合を見せてとあれこれ手を変えて交渉したり、全然悪びれている様子もないんだもの。

むしろ、彼女達に応対する警備兵達が、次第に気の毒に思えてきてしまったり。イランは徴兵制があるので、彼らにしても好んでその仕事をしている訳ではなくて、上からの命令に従っているだけ。彼らには彼らの立場や事情があって、それも理解できるんですよね。少女達のためにラジオのアンテナを直したり、飲み物を買いに行ったりする姿は、ただ人のいいオジサンにしか見えなかった。

イランの文化に触れる事ができたり、キャラは生き生きしてて良かったのだけれど、全体としてはちょっと単調というか、中盤あたりで間延びしたように感じたのは残念。終盤、護送中のバスの中に舞台が変わってからの方がテンポも良く、盛り上がりますね。イラン勝利のニュースがかけ巡った後、国旗を掲げて人々が口々に叫んだり、通りに出て歓びを表現している様子は、お祭りみたいで楽しい!

政治批判ともとれる内容を含んでいるため、この作品は本国イランでは、公開されていないそうです。ちなみに、前作も、前前作も未公開だそう…。そんな映画を遠く離れた日本で見られるのは、なんだか不思議な感じ。

☆公式サイトはコチラ

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。