上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

loveinthe


ラテンアメリカ文学界の巨匠、ガルシア・マルケスの長編小説『コレラの時代の愛』が、映画化されるそうです。こちらは、19世紀末、内戦中のコロンビアを舞台にした恋愛もの。夫を不慮の事故で亡くした72歳の女性が、50年来もずっと彼女を愛し続けた男性から突然愛を告げられる…というお話だそうです。原作は未読なので詳しくは分かりませんが、老人が主人公なのかしら?それとも回顧録かなー。どちらにしても、なかなか面白そう。

彼の作品は今までにもたくさん映画化されていますが、どれも未見なので、こちらが日本公開になったらば是非見てみたい。

しかも、主演がハビエル・バルデム!だなんて、楽しみ~。
『海を飛ぶ夢』の半身不随の男性役で、すっかり彼のファンになってしまいました。
監督はマイク・ニューエル(『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』『ハイ・フィデリティ』など)。
てことは、やっぱりハリウッド製作で言語は英語かぁ…ま、仕方ない。
とりあえず、日本でもちゃんと公開してくれることを期待します。

☆公式サイトは→コチラ(英語版)




Nyaggyさん、こんばんはっ♪
お風邪の具合はいかがですか?また急に寒くなりましたから、
お大事になさってくださいねっ。

ご紹介くださった作品、初めタイトルを聞いて、なんてコワいんだろうっと
ひとりで怖気づいていましたよ~っ。
だけど、Nyaggyさんの記事を拝見して興味深々ですっ。
(ハハハ、実はホラーものだと思っておりましたっ(汗))
さすがラテン通。ハビエル・バルデムが主演なのも気になりますよね。

と思っていたら、先週から全米公開中でBOXOFFICEチャート、
10位にランクインされているではないですか! 
慌てて書き込みにきちゃいましたよ(笑)

時代物、弱いもので。。。っ(笑) ぜひ観たいです!
【2007/11/20 23:12】 URL | Carolita #-[ 編集]
Caroli-taさん、こんばんは~。
お察しの通りといいますか、一度は治った風邪が
ぶり返してしまいました。
そんな訳で映画も全然見に行けてないんですよね。。。
今年の風邪は長引くらしいので、お互い気をつけましょう~。

あ、確かにタイトルは微妙にコワイですよねっ。
でも、全米チャート10位なんて、健闘してますね。
嬉しいニュースをありがとうございます♪
評判になれば日本公開の可能性も高くなるので、この調子で
がんばってもらいたいものです。

時代物好きとしては、時代設定に惹かれちゃいますよね。
舞台が南米コロンビアなので、ヨーロッパ系とは一味違う
感じなのかな~、と想像してますが。
【2007/11/21 20:43】 URL | Nyaggy #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。