Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルサ、優勝…!!
決勝点がメッシのゴールだったことも嬉しい。
意外なことに、バルサのクラブ史上初のタイトルなんだそう。

これで今年バルサは、全部で6つのタイトルを手にしたということに…6冠!!!
うおぉ。そんなの聞いたことないよー。名実ともに、世界最強クラブなんだなぁ…。
完璧すぎて、逆に怖いくらい。でも!嬉しい!!

今年はいっぱい叫んだ気がするけど、最後にもう一回だけ。
おめでとう!!!


<追記 12.24>
FIFA年間最優秀選手受賞もメッシが受賞!
世界ベストイレブンにも、バルサの選手が4人も。メッシ、シャビ、イニエスタ、アウベス。
まさに記録づくしです。

帰省に友人の結婚式、来客などが続いて、バタバタしてました。
映画もあんまり観にいけてない…ので、先月のソウル旅のことをちょっぴりメモ。

seoulアックジョン


heroes2.jpg

ようやく、シーズン2を鑑賞しました。
面白くなくはない、けど、シーズン1に比べると盛り上がりに欠ける感が…。
前は続けて何話も見て止められなかったんだけど、今回はそうでもなかったなぁ。例の脚本家ストライキの影響で、当初の予定の半分くらい(11話)で終了したので、仕方ないのかもしれませんが。


身の周りで辛い知らせが続いたり、風邪をひいたりで、グラグラしてました。
秋って、好きなんだけどな。まだちょっと浮上しきれてない感じです。

さて。リオ・デ・ジャネイロで南米発のオリンピック開催ですね!嬉しい~!!
かなりタイミング外しちゃいましたが、改めて、おめでとうと言いたい。
東京落選は、日本人としてはガッカリなニュースだけど(個人的にはマドリードの落選も残念)、南米大陸初のオリンピックは楽しみです。オープニングセレモニーとか面白そう!

それにしても、ブラジルは2014年のサッカーW杯に続けてオリンピック開催だなんて、景気のいい話ですね。純粋にスポーツの一大イベントとしてはどちらも楽しみだけど、経済効果が○兆円…とかいう話には、正直ちょっとうんざりした気分。表には見えない部分で、必ずどこかにひずみや歪みがあるはずと勘繰ってしまう。というのも、1968年のメキシコオリンピックを前にした、トラテロルコ事件の衝撃が未だに私の中に残っているから。

私がトラテロルコの虐殺を知ったきっかけは、メキシコで見た"Rojo Amanecer"(ロッホ・アマネセール、直訳すると「赤い夜明け」)という映画でした。


もう、何にも言えない。
素晴らし過ぎるシーズンを、最後に歓喜でしめくくれて良かった。
選手も監督も、みんなお疲れさま…!ありがとう!!
そして、おめでとう!!!!! 

(何もないといいつつ、やっぱりちょっとだけわめいてみる↓)


うわーい!
リーガ優勝おめでとうー!!!
先日の国王杯に続いて、2冠だね

レアルの敗戦を受けての結果なので、タイミング的には微妙なんですが。
そりゃあ、できればカンプノウで優勝決めて欲しかったなー、とは思うけど…何はともあれ、嬉しい!3季ぶりの優勝だもん。それにしても、レアルはクラシコのショックをかなり引きずってるなぁ。

残すはCLのみ。このタイトルが獲れれば、もう凄いことに。でも、マルケスもアウベスもアビダルも出場できないのは、痛い。イニエスタとアンリも危ないとかで、不安要素が多すぎる~。マンU相手に去年の雪辱を晴らして欲しい!…ところだけど、バルサらしい試合を魅せてくれれば、それだけで満足かも。決勝戦は地上波でもやるらしいので、楽しみ♪

蒼天航路 (1) (講談社漫画文庫)



「蒼天航路」読破しました!
主役の曹操がカッコイイのは当たり前なんですが、他の将軍や軍師ら、曹操陣営の人物がそれぞれ魅力的に描かれてて良いですね。特に、夏侯惇がめっさ渋いです…!護衛の許褚、軍師・荀の人物像もユーモアがあって好き。戦や政治の才能に長けているだけでなく、詩や唄など芸術への造詣も深い曹操は、『レッドクリフ』の中とは違って、器の大きな魅力的な人物になってます。ちなみに曹操陣営以外でのイチオシは、やっぱり関羽。最後はなんだかすごいことに…。

それにしても、この作品はかなり独特な視点で描かれているんじゃ?(一般的な三国志の方をちゃんと読んでないので、よく分かってないとこも多いんですが。)特に、孔明なんてかなりの色モノキャラで、ちょっとびっくり。戦いの描写だけじゃなくて、精神論というか哲学的なことが非情に重要視されている深い作品で、それも意外でした。正直、全部が全部理解できた訳じゃないんですが、面白かったです。一気に読んじゃった。

さて、次こそ吉川栄治の小説を読むか~。
こっちは時間がかかりそうなので、ぼちぼちと。まず、実家の父に借りに行かねば。


Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 And life goes on, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。